コンサル下ちゃんの人事気象台 人事の「力仕事」の達人

コンサル下ちゃんの人事気象台

          人事の「力仕事」の達人


「人事評価×習慣化×社員教育」を重視した人事戦略を推進!

3つのどれでも「0ゼロ」では会社は何も変わらない!


やり方次第で明日は変わる!!


人事採用~退職に関する事業再構築を考えている経営者の皆さんへ

中小企業が導入しやすい人事制度を提案します!


詳細はホームページへ http://www.mpe-kobe.jp



$コンサル下ちゃんの人事気象台 人事の「力仕事」の達人


$コンサル下ちゃんの人事気象台 人事の「力仕事」の達人







  • 20Sep
    • 機能する会話 出来ているかなぁ・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3130

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日も気温は30度近くありましたね。湿度は低かったのでまだ良かったです。今日はと言うと、雨の1日になりそうです。気温も平年よりは低いとも言われています。体調管理には十分気をつけましょう~さて、あなたと部下の関係は、次のような状態になっていませんか?・権威や肩書を根拠に、一方的に指示や命令をする・部下のためを思ってしたアドバイスが、部下のモチベーションを下げる・指示だけしかしない上司と、納得も理解もしていないのに、とりあえず「はい」と応じる部下・プライベートな質問をしても、「YES・NO」の答えだけで会話が終わってしまい、話が広がらない・信頼関係構築のために雑談しているつもりの上司と、それを無駄話、迷惑ととらえる部下こうした、うわべだけ取り繕った「機能しない会話」では、形式上は会話として成立していますが、その本質は「単語」をやり取りしているだけなのです。会話が機能しない要因を分析すると、主に、次の3つが挙げられます。① 「相手の興味・関心」に関心がない② 共通点を見つけていない③ できていることを「承認」していないいかがですか?よって「機能する会話」のベースとして大切なのが、部下への「承認」なんです「承認=褒める」ではありません。また、承認と賛同はまったくの別物です。承認は、難しいことではありません。感情を込める必要も、部下を称賛する必要もありません。ただ、部下をよく観察して「できているところ」を見つけてシンプルに「これはできているよ」と指摘するだけなのです。部下を承認することができれば、「この上司は、ちゃんと見てくれている。わかってくれている」という安心感が生まれ、それが信頼関係につながっていきます。人は自分のことを深く知ってくれている人に、自然と付いていきたくなるものなのですよね~そして、承認には「結果承認」「行動承認」「存在承認」「第三者からの承認」という4つの種類があるんです。明日またお話しします・・・

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 19Sep
    • 説得と納得 コミュニケーションのズレ・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3129

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。まだまだ残暑が厳しいですね。9月半ば超えてますが真夏日近い気温が続いてます。体調管理には十分気をつけましょう~ふと振り返って「枝葉末節」という言葉が浮かんで、他の言葉を探していくと「玩物喪志」という四字熟語を見つけました。無用なものを過度に愛玩して、本来の志を見失ってしまう意で、枝葉末節なことにこだわり、真に学ぶべきことや学問の本質を見失うこと。また、自分の好みで、珍しいものなどを過度に愛好して正しい心を失うことと書いてありました。自分自身に当てはめて、いろんな状況や時代の流れは速く動いていて、ついつい目先の良いことに目が移ってしまう際に、本質を見失うことは決してしてはいけないんだと改めて考えさせられました。新聞拾い読みです。働き方改革という言葉あちらこちらでささやかれています。そのような中、ヤマト運輸は、従来ある社内の短時間勤務制度を拡充し、1週間の労働日数を選択できるようにしたと・・・・対象は、育児や介護をしている社員や50歳以上の社員。在籍1年以上でフルタイムで働いていれば正社員か契約社員かは問わないらしい。このような制度の運用でどのように変化していくか今後の動向が気になる・・・・さて話は変わって、職場では、一人ひとりが責任を持って仕事に取り組むべきですが、個人で解決できないこともたくさんありますよね。そんな時、周囲に働きかけたり、巻き込んだりすることができれば、一人では困難に思えたことでも乗り越えることができます。そこで、相手に働きかけるとき、説明や説得という行動をとることが多いですが、それだけではうまく行かない場合があります。それは相手が納得していないからです説得はこちらからのアクションであり、納得は相手の気持ちが関わってくるため、そこでコミュニケーションのズレが生じる場合があります。そのような時は、こちらが誠意と熱意を持って働きかけることで、そこまで一生懸命に取り組んでいるのならわかった、私も手伝うよと相手の心を動かし、納得して次の行動を起こしてもらうことができます。自分の思いを形にして、相手に伝える努力をしてみましょう。

      5
      テーマ:
  • 18Sep
    • 雑談を磨くには感情質問を使うといいみたい・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3128

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。天気の変化にはついていけないですね~日が差したりしてたかと思いきや雨が降り出したりと・・・・女心と秋の空ともいいますか。変化があり過ぎですよね。今日は天気は良さそうですが気温が高めだと・・・・小まめな水分補給忘れずにしないといけませんね。新たな週のスタートです。今週来週は連休があるので今月実質8日しか稼働する日がないので、しっかりと計画をたて行動していかなければなりません。生産性向上を意識して1週間頑張りましょう~さて、ビジネスでもプライベートでも避けられないのが雑談ですよね~「話題が尽きてしまった」と焦る場面も少なくはないはずだと・・・・雑談が苦手な人には、「情報」のことしか質問しない、という残念な共通点があるそうです。ある本に書いてました。ここで言う情報とは、5W1H(なぜやるのか、誰がやるのか、何をするのか、いつやるのか、どこでやるのか、どうやってやるのか)のこと。5W1Hを聞く質問は「情報質問」といい、会話序盤の糸口探しをはじめビジネスの問題解決に有効な手段なのです。しかし雑談はビジネスとはまったくの別物。雑談で価値を持つのは、両者が楽しいと思えたかどうか、に尽きます。そして楽しく雑談するには「感情」を話してもらうことが欠かせません。実は「感情」を話しているときこそ、人は楽しいと感じることができるのですつまり、雑談で重視すべきなのは情報質問よりも、感情を聞く「感情質問」。「どこで買ったんですか?」「いくらしたのですか?」ではなく「どの辺が気に入っているんですか?」と聞いたほうが断然雑談が盛り上がると・・・・話題が尽きるとは、ある程度情報交換が済んだということ。ひととおり情報のことを話したのにまた新たに情報の話題を探そうとするから、ネタがなくなって苦戦するのです。会話の中盤からは「感情質問」を使うほうがリターンも大きいので賢明と言えるでしょう。

      2
      テーマ:
  • 17Sep
    • 思いやりを忘れ我先には問題ですよね・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3127

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。今日は敬老の日です。9月の第3月曜日になってはや16年。少しづつ定着しているのでしょうか。15日と思われている人もまだまだいるのかな?いや~昨日は暑くなかったですか?30度超えてましたね。今日もそれに近いくらいだと・・・・・天気はいいみたいなので、気分転換に1日を過ごすのもいいかもしれませんね。さて話は変わって、馴染みの人との仕事なら気兼ねなくできますし、お互い阿吽の呼吸で進められるので、ミスやトラブルも起こりにくいものですよね。しかし初めて仕事をするときは勝手がわからず、些細な事でトラブルになったりしませんか。初めての人と仕事をするときは、いきなりビジネスライクに仕事を始めるのではなく、まずは距離を縮めるためのコミュニケーション手段を考えた方がいいと思うのです。私も仕事がら外部の講師にお願いしてセミナーや研修を行うときがありますが、初めて仕事をさせていただくときは、必ずその講師が別の仕事でセミナーを行っている内容を見に行かせてもらったり、打合せをして話し方などを聞かせていただいたりしながら相手のとの距離感をつかんだりします。もちろんまず私のことを知ってもらうためにいろいろな話しをまずさせていただきます。相手との距離感を縮めることが大事で、それが出来たらそのあとの仕事もスムーズに運ぶような気がします。今の時代、ますます競争が激しくなっていますよね。会社同士あるいは社内同士もあるのでは。そこで改めて考えてほしいのが、他人に感謝し、思いやる素直な気持ちを持つことであると・・・・仕事は1人ではできないという当たり前のことから入っていきましょう。ついつい仕事を覚えテキパキと仕事をこなして、それなりに自信も出てくるのが30歳前後なのか・・・・・そこで錯覚を起こす人がでてくるのである。いわゆる「自分が仕上げたのだ」と・・・・・・我れ先にと言う考えを持つと、一歩間違えれば蹴落としあったりするのではないだろうか。それでよい会社になるのであろうか。そうではないと思うのです。相手を思いやりことによって信頼関係ができ、感謝することも忘れず、自分たちの能力を出し合う、これこそが魅力ある会社ではないだろうか。

      1
      テーマ:
  • 16Sep
    • 風が吹けば桶屋が儲かる・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3126

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。本当に鬱陶しい天気が続きますよね~中途半端な・・・・・スカッとした秋晴れはいつになるのだろうか?秋雨前線の影響が今日も。それに気温が上がるって?真夏日のところもあるみたいです。くれぐれも体調管理には気をつけましょう・・・こんなことわざが・・・・風が吹けば桶屋が儲かる。ある出来事が、めぐりめぐって思わぬ結果をもたらすことの例えですよね~可能性が低い出来事を期待する人や机上の空論を言っている人に対して使われたり、因果関係をムリやりこじつけている人に対して使ったりしますよね。苦し紛れに会議で報告する人がいたらこのことわざを使ったり・・・・・そんな人居ませんか?さて、中堅社員と呼ばれる社員の方。上司にいつまでも小言を言われてませんか?時代は複雑な時代でありますよね。複雑で多様な要素が絡むなか、どれとどれとを組み合わせればよいのかを瞬時に理解できる能力、見分ける判断力といった鋭さ・キレが必要になってきますよね。それを磨くためには、まず、常に頭の中で自分の仕事のシミュレーションをすることが大切である。次はどうなるのか?どう動くのか?もしも問題が起きればどう対処すればいいか。この仕事を断ったらどうなるのか。この仕事が成功した後はさらにどう動けばいいのか、といった具合にいろんなパターンをシミュレーションする。それを常に頭の中で行うように心がければよいのである。真剣な心がけで日ごろから仕事に取り組んでいれば、自ずとシミュレーションを考え抜くはずだし、そのような人の仕事は自ずと鋭くなるという。意識して一度やってみてもいいかも・・・・・・

      1
      テーマ:
  • 15Sep
    • 信頼を築くためにしなければならないことって・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3125

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。ここ最近天気は秋雨前線の影響でぐずついた天気が続いてます。気温も徐々に下がってきています。このような季節の変わり目が体調を崩すことになったりするので体調管理には気をつけて~まずは新聞拾い読みです。厚労省は、主要企業の今年夏のボーナスの平均妥当額が前年比4万5581円増の87万731円で、調査を始めた1970年以降で最高額だったと発表した。業績の良い企業でボーナスを引き上げる動きが広がったとみられる。この調査結果は、大手企業のもので、中小企業はというと、ある信用金庫の結果が今夏6月に統計したもので拾うと262,570円ですから、単純に3.3倍くらい違うということですよね。う~ん厳しいです。中小企業にももう少し還元してほしいです・・・・さて、今日は上司と部下の関係を良くするためには・・・・・ということを考えてみましょう!重要なキーワードとは、やはり『信頼』ではないだろうか。              では信頼を得られるにはどうすればよいのでしょうか?それは当たり前のことを当たり前に積み重ねていくことでしょう。なかなか口で言うのは簡単ですが実行に移すという意味では難しいですけどね・・・・では簡単な方法で現状をチェックしてみましょう1.人として、ビジネスパーソンとしてマナーは身についてますか?2.ルールを守ってますか?3.明るく元気な挨拶を誰にでもしていますか?4.隠し事、ウソ、偽りなく、誠実ですか?5.約束を守っていますか?(納期や時間なども含めて)6.差別や偏見を持たず、誰にでも公平・平等ですか?7.不平・不満・愚痴・陰口を言ってませんか?8.向上心があり、努力していますか?9.自慢せず、謙虚ですか?10.他人を認め、感謝や褒めることを口に出して伝えていますか?いかがですか?書かれてあることって当たり前のことですよね。当たり前のことを当たり前のようにできるよう工夫してみましょう。何かが見えてくるかも・・・・・・

      テーマ:
  • 14Sep
    • 少人数で効率をアップさせる・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3124

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。天気が鬱陶しいです。秋雨前線の影響なんでしょうね。断続的に雨が降ったりしてます。今日もスカッとした秋晴れは望めそうもないですね。気温は下がってきてますから体調管理には十分気をつけましょう。新聞拾い読みです。こんな記事に目が留まりました。会社の飲み会どう考える・・・・職場の飲み会は積極的に行うべきか、それとも規制するべきか。働き方が大きく変化している中、改めて考えてみるのもいいかもしれませんね。上司と部下がお酒を酌み交わすことで、話が弾む・・・・かつて職場の飲み会は、重要なコミュニケーション手段とされていましたよね~今は、社員や働き方が多様化するなか、多くの企業が飲み会と仕事の関係を見つめ直しているのかもしれませんね。みなさんの会社は飲み会あり?なし?どちらでしょう・・・・さて、『働きアリの法則』(2:6:2の法則)と呼ばれる組織論があります。みなさんもご存知だと思います。アリは働き者というイメージがありますが、実は数%のアリは、働かずにフラフラ遊んでいるそうです。100匹の働きアリを観察すると、そのうちの20匹(20%)が良く働き、60匹(60%)が普通に働き、そして残りの20匹(20%)が全く働かない状態になっているそうです。仮に、働かないアリ20匹をそこから取り除くと、残った80匹のうち、16匹(20%)が良く働き、48匹(60%)が普通に働き、16匹(20%)が全く働かない状態へ再編成され、常に「2:6:2」の比率になるそうです。そこでサボることを防ぐために、少人数制に分けることが有効になるという。少人数の中で1人がサボると大変なことになりますよね。だからサボらなくなる。少人数であれば意思の疎通が図りやすくなるため、何かを決断するときのスピードは早くなるというメリットもあるということです。

      2
      テーマ:
  • 13Sep
    • 改めて仕事の任せ方を考えてみましょう・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3123

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日の天気は移り変わりの激しい秋の空でした。今日も不安定な天気が続きそうです。今日はこんな言葉からスタートです。「百聞は一見にしかず」これは、たくさん聞くよりも、実際に見るほうがよいという意味で、次に「百見は一考にしかず」は、たくさん見るよりも、自分で考えたことがよいということ。そして、「百考は一行にしかず」は、考えるだけでなく、行動するべきだと・・・・最後に「百行は一果にしかず」は、行動するだけでなく、成果をださないと意味がないという意味だそうです。つまり、「聞いて、見て、考え、行動し、最後に成果を出す」ということです。今取り組んでいることに対して上記の言葉をあてはめてみてもいいかもしれませんね。さて、上手な仕事の任せ方について考えてみましょう。「自分がやったほうが早い」はある程度仕事に慣れた人が陥りやすい罠でもありますよね~ステップアップを目指すには、仕事を人に任せるスキルを覚える必要があります。「任せる」「振る」「丸投げする」とは違う・・・・仕事を任せるとは、判断や意思決定といった裁量権を相手に渡すことこれは考えて判断できることができて相手は仕事を面白いと感じてくれる。しかし責任は任せる側にあるので見極めが必要である。仕事を振るとは、自分の手足が増えたようなものである。判断が必要な場面や意思決定、仕事の進め方といった要の部分は自分で行わなければなりません。最後に仕事を丸投げするとは、言葉の通り頼む側が責任を放棄することである。一番やってはいけないことです。そういう意味では、任せることができる部下を育成することが必要なんですね~

      2
      テーマ:
  • 12Sep
    • 柔軟かつ臨機応変に対応する・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3122

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。気温は少しづつ下がり風も秋を感じさせてくれるようになった気がします。しかしまだまだ湿度が高いような気がしますね。人手不足はここでも・・・・総務省は、手紙やはがきなど郵便物の土曜日の配達をとりやめ、平日のみにする検討に入ったとのこと。人手不足で配達員の負担が増えているためだと。年内にも一定の方向性を出す方針らしい。それは郵便法で、全国どこでも週6日、1日1回の郵便物の戸別配達を原則としているため、土曜の配達を取りやめるには法改正が必要となるためだ。利用者である我々にとってはサービスの低下につながることから反発する声も出てくるのではないだろうか・・・・さてよく聞く言葉だと思います。「風林火山」戦いにおける四つの心構えを述べた語。風のように素早く動いたり、林のように静かに構えたり、火のような激しい勢いで侵略したり、山のようにどっしりと構えて動かない意。転じて、物事の対処の仕方にもいう。時機や情勢などに応じた動き方であると・・・これをビジネスの現場でもよく使われてますよね~例えば、何かトラブルを起こしてしまったときなどは「風」のように素早く対応をするであるとか、また社内で派閥争いなどが起こったときなどは「林」のように事態を静観するとか・・・・あるいは企画を通したいと思ったのであれば、ネタを出し惜しみせず「火」のように一気呵成に上司にプレゼンすることや、何か譲れない点があるのであれば、「山」のように動かず死守するのがいいのでは・・・・仕事にはトラブルはつきものですよね。それにトラブルは人間関係の悪化とワンセットなところもあります。仕事上起こってしまったものは仕方ないですが、その後のフォローですよね~そのフォローを怠ってしまったりして疎遠になってしまう・・・・・疎遠な関係になってトラブルが重なるといったこともあるのではないだろうか。仕事はいつも「風林火山」の考えで、柔軟かつ臨機応変に対応するのがよいのではないだろうか。

      テーマ:
  • 10Sep
    • 相手を説得し、自分の主張を受け入れてもらえるように・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №312

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日と一昨日は貴重な勉強会に参加してまいりました。気づきがたくさんありました。早速自分の身の丈に合ったところは取り入れていこうと思いました。いろんな方々とご縁をいただいたことは感謝ですね~この週末は天気が悪く大雨警報が発令中という、今日は昼までは大雨に気をつかないと・・・・新たな週のスタートです。天気は悪いが自分の気持ちは晴れやかにスタートしましょう!まずは元気な挨拶で。さて、話は変わって、ここ最近顧問先の中で出てくるワードとして論理的思考力があります。論理的思考力とは、立場や前提条件、優先順位、知識、価値観の異なる相手に対して自分の主張を伝えるための「道具」であり、答えのないビジネスや研究の世界での「会話ルール」だと・・・。この会話のルールにのっとらないと、相手を説得し、自分の主張を受け入れてもらえないわけです。そして、自分の主張がロジカルでなく相手に受け入れてもらえない原因はと言うと次の2つ1つ目は網羅性の不足による、「他には考えるべきことはないの?」、「そのアイデアは悪くないけどベストなの?」という疑問、そして2つ目は論理の飛躍による、「本当にそれで結果が出るの?」、「話のつながりが分からない」といった疑問そのため論理的思考力とは、「もれなく、だぶりなく、主張間に飛躍のない考え方」と定義されます。論理的思考力のルールに則れば、相手が納得しやすいだけでなく、自分の気付いていない方法が思いついたり、うまく結果が出なくても、何が悪かったのか改善しやすいというメリットがあります。今週は、もし論理的思考力が苦手な人はこの1週間“もれなく、だぶりなく、主張間に飛躍のない考え方”を実践してみますか・・・

      1
      テーマ:
  • 09Sep
    • 職場の風通しを良くするためにはまず協調ですね・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3119

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日は雨、湿度も高かったように思えます。私の天敵です。気温は30度を下回りました。暦の上では白露・・・・秋の気配を感じるころと言われています。1日1日秋へ向かっているのでしょう~う~ん、残念でした。全米オープンテニス男子。錦織選手ジョコビッチ選手に完敗でした。ジョコビッチ選手の術中にはまってしまったようなそんな感じでした。さて話は変わって、協調性のない人について考えてみます。1人で活動する分には、わがままで協調性がなくても、自分の実力だけでなんとかなるので問題ありません。しかし、会社のような全体で一つの事を成して行こうとする場所においては、協調性がない人間は足手まといになってしまうことがあります。特に、日本の社会では協調性はかなり重要視されていますので、協調性が無いなぁと思う人は注意が必要になるでしょうね。では、協調性のない人の特徴を挙げてみると、我慢しないで発言してしまったり、人目を気にしない事が多かったり、自分の話をしたくて会話を断ち切ってしまうなど・・・・ビジネスの場でこのような行動をとるのはかなり致命傷といえます。協調性の無い人がいる会社での課題の1つかもしれませんね。自分に協調性がないと思われているかを確認するためには自分の発言がとっても有効になります。話している言葉の最初に「私が」と付く事が多い場合には、協調性が無いと思われている可能性が高いといえます。また、相手の話を否定するような言葉が多い場合には、協調性がないと思われやすいので、言葉を選んで使用するように・・・・・逆にこのような人がいる会社は、対応策を考えていかなければなりません。協調性のない人と上手くやって行くには、直接会話するよりもメールである程度伝える方が効率的に話す事ができます。もし、自分の意見が受け入れられずに相手が否定してくる場合には、相手の意見をしっかり聞いた上で、ダメな所を冷静に追究してみてください。冷静に議論すればしっかりと相手にも話が通じますし、相手の気持ちもわかります。最もいけない事は、感情的になってしまうことです。明日から実践です。

      1
      テーマ:
  • 08Sep
    • 相手にわかりやすく伝えるを意識しよっと・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3118

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日夜中に雷が発生しました。かなり私の住んでいるところの近くで。警報の発令中です。台風22号も発生しており、無茶苦茶です・・・・環境危機です。気持ちを切り替えて、全米オープンテニス女子やりましたね。大坂なおみ選手が決勝進出です。決勝の相手はセリーナ・ウイリアムズ選手です。明日の早朝からの決勝戦楽しみです。それにつられて錦織選手もジョコビッチ選手を倒してほしいですね。男女とも決勝がみたい・・・・さて話は変わって、ここ最近気になるキーワードとして「伝える」という言葉が浮かんできました。相手に何かを伝えるときに、きちんと伝わっているのか?と・・・・伝えるために大事な事ってなんだろう・・・・・・ますは自分自身がしっかりと理解していなければ相手に伝わることはないですよね。人に何かを伝え、人とコミュニケーションをとるということは、ビジネスにおいても非常に大事なことでもあると思うのです。うまく行くかいかないかによって、オーバーな表現かもしれませんが、業績に左右されることもありえるのではないでしょうか。まずは、「わかりやすく伝える」ということをテーマとして、意識をして行動してみてはどうだろう。そのためには何度も言いますが、自分自身が理解していないとダメ。まったく知らない人に何かを伝えることをイメージ(想定)してみてください。おのずと浅い理解では相手に伝わらないことはわかると思います。だったら理解を深める努力をすればいいのでは・・・・・そうすることによって、人にわかりやすく、正確に話すことができると思うのです。今日1日「伝える」ということを意識して行動してみましょう~来週の会議や打合せがあればそこで試せるよね。

      2
      テーマ:
  • 07Sep
    • 会社の福利厚生って何を指してるんだろうか・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3117

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。ここ最近自然が日本列島を襲い掛かってきてます。台風や地震です。決して事前準備を怠っているわけではないのですが・・・・それ以上に自然の力が増しているということなのでしょうか。1日も早い復旧を望みますね。少し暗い気持ちにはなるのですが、少し明るいニュースとしては、全米オープンテニスでしょう!4大大会初の男女同時ベスト4です。錦織圭選手と大坂なおみ選手です。特に大坂選手はベスト4進出までの試合時間が短い。体力温存できますよね。対照的に錦織選手はチリッチ選手との戦いに4時間8分の死闘を繰り広げました。次の対戦相手は13連敗中のジョコビッチ選手です。今の勢いで倒してほしいですね~夢と希望をもらいたいです。さて「働き方改革」関連法案が可決され、働き方改革が声高に叫ばれている昨今。いろいろな経営者あるいは関係者の方々と話しをする機会が多いなか、以前にも増して、「福利厚生」という条件を耳にすることが増えてきたように思いますね。そもそも、「福利厚生って何を指しているのでしょうか?」一概に福利厚生と言っても、その意味は人によって異なると思うのです。福利厚生を整理すると、次の2つに大別できるのでは・・・・例えば、収入(住宅手当や資格手当のように、収入を増やしてくれるもの)、もう1つは、環境(有給取得率や副業可のように、自分にとって都合のよい働き方や生活をサポートしてくれるもの)なのではないだろうか。いずれにしても、社員にとってプラスになることを会社が実現するために導入していることは、すべてを福利厚生と表現できそうですね。ということは、「社員のことを会社がどれだけ大事に思っているか」「どれだけ社員の要望に合わせてくれているか」のような、”愛情表現”を福利厚生と捉えることができる。社員のことを大事だと思っていない、あえてぞんざいに扱おうとしている会社は少数派であり、世に言う”ブラック企業”のように、社員を消耗品として扱っている会社は少ないと思われる。大事にしていないというよりも、社員に対する愛情表現が苦手で伝わっていない、というケースが多そうだ。みなさんは上手に愛情表現できていますか・・・・

      3
      テーマ:
  • 06Sep
    • 疎かにしてはいけない基本・基礎・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3116

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。一昨日の台風の爪痕が出てましたね。昨日は滋賀で仕事があるので、交通手段が気にはなってました。案の定JR西日本が運転見合わせ神戸~京都までの交通手段が・・・では私鉄でということで阪急電車が動いていたのでそれを利用。ところが大阪~京都へ向かう電車が運転見合わせ・・・・万事休すかと思っていたところ10~15分程度で解除され動いてくれました。京都へ着くとJR京都駅の構内はごった返してましたね~辛うじて琵琶湖線は普通が運行していたのでギリギリ予定時間に間に合いました。みなさんもいろいろあったのではないでしょうか・・・・さて、仕事をしているとやっぱり成功はしたいものです。では成功するためには何が必要なんだろう・・・・それは基本や基礎といった「型」を身につけることが大事なんだと。ある書物に立川談志さんが「型」について書いていた内容があった。型が出来ていない者が芝居をすると、型なしになる。型がしっかりとした奴がオリジナリティを押し出せば、型破りになれる。型をつくるには稽古しかないんだ・・・と。型を一度徹底的に覚えて、覚えたうえでその噺をもう1回自分なりに咀嚼してどう表現していくかが、オリジナリティを出す応用力なのだと・・・・基本・基礎というものがいわゆる「型」で、毎日練習して徹底的に体にしみ込ませるものである。型があってこそ、型を破って自在に動けるようになるのです。型は、身につけた基礎的な技術を使って目の前のことに対応することであり、どんな場面にも応用ができるのです。営業であれば、挨拶や礼儀、トークスキルなどを磨いたうえで、いつも相手に対して新鮮に接することができるのが、型を身につけた人と言えるでしょう。状況や相手に合わせて型を自由に変化させることで成果へとつながっていきます。地道に型をものにし、型破りなことができるようになってみてはどうだろうか。

      4
      テーマ:
  • 05Sep
    • 若者は挑戦することを避けていてはダメだよ・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3115

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日の台風が残した爪痕はひどいものです。大雨や暴風、記録的な高潮をもたらした。瞬間風速58.1メートルですよ。放送局でも地震か?と間違えるほど強い風が吹いてました。今日以降の復旧に時間がかかりそうなところもでています。今日は台風がさり台風一過ですね。天気は回復、そこに残暑が・・・・今年の天候は異常ですね。自然の恐ろしさを感じます。新聞拾い読みです。“みずほ”らしくない人に会いたいをキャッチフレーズに採用活動を展開し、来春入社予定の人材を獲得した。みずほフィナンシャルグループ。第三者に分析・数値化してもらったところ「創造的思考力」の数値が大きく伸びたそうです。「統率力」「状況適応力」の前年を上回ったそうです。しかし一方では、円滑な人間関係の構築に必要な「人当たりの良さ」や銀行員に大切な「組織力」「チームワーク」などは前年を下回ったそうです。保守的な職場とされる銀行は「失敗しないことを優先する守りの文化」が残るとトップが語る。とんがった若者を受け入れる「懐の深さ」が組織に問われると・・・・そうなると気になるのが、今現在の管理職の方々である。多様化する人材をどのように対応し指導育成を行うか。つい最近の研修でも目立ったのが部下とのコミュニケーションである。昔の時代を引き合いに出してしまう管理職や営業から総務へ配置転換し部下が全員女性・・・何を話していいか戸惑うなど。管理職対象の受け入れ研修が必要になってくるのだろう。失敗することはあまり格好のいいことではないですよね・・・・・しかし失敗に向き合って何度でも繰り返し諦めずに続けると成功することができる。新入社員の方々は4月に入社してこの9月が終われば半年が経過するわけで思慮深く慎重な人は、挑戦することのリスクを考えてしまいすぐに安定志向になってしまう。(賛否あるとは思いますが・・・・)まだ若いのだから挑戦することを避けていては、これからの人生新しいことなど生まれないのでは・・・・リスクは自分自身でコントロールできる、一歩一歩着実に踏み固めていけば入社時に掲げた夢や目標も叶うと思うのです。そこで出てきた四字熟語 「百折不撓」(ひゃくせつふとう)です。意味は、何度の失敗にもめげずくじけず挑戦すること、チャレンジすること大事だよ・・・・

      4
      テーマ:
  • 04Sep
    • 知恵を持って有利な状態に変えたい・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3114

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。嵐の前の静けさとはこういうものなのだろうか・・・・今日(4日)の日中に非常に強い勢力を持った台風21号が上陸する見通しだと。先週にやってきた台風20号よりも勢力が強いとも言われている。京阪神の鉄道にも影響が・・・・私の知っている企業も今日は休業するとSNSなどで発信されていた・・・事前準備を大切にしないといけませんね。新聞拾い読みです。経団連が就活指針の廃止を表明したと・・・・経団連が、新卒学生の採用選考に関する指針について、2021年春入社の対象者から、取りやめる考えを示したとのこと。廃止に踏み切れば1953年の「就職協定」に始まった就職活動のルールがなくなることになりかねないとも・・・・・経団連に属さない中小企業は、大企業に先んじて内定を出し、人材を確保するという手法が難しくなるとも言われている。今後の動向を見守るしかないだろう~こんな記事もありましたね。日本企業の2017年度の「内部留保」が6年連続で過去最高を更新したと・・・・世界的な景気回復で企業の利益も過去最高水準だが、設備投資や賃上げに慎重な姿勢が続いているからだそうです。設備投資は今回、リーマンショック直前の07年度の水準を上回ったものの、利益の伸びに比べると、力強さに欠けると専門家が言っている。また賃上げも厚労省のデータである賃金指数においても、17年度の実質賃金指数も前年より0.2%減少しているそうです。孫子の言葉に、「迂直の計」という名言で、「曲がりくねった道を真っ直ぐに変える計略」という意味になります。「一見すると不利なように見えても、知恵をもって有利な状態に変えること」と読み替えるとわかりやすいと思います。自らが不利なように見せて敵を油断させ、敵が気がついた時には有利な態勢を作り上げることこそ、用兵のポイントであり、ビジネスでも活用できる考え方です。逆に、今は有利な態勢にあっても油断をすれば、態勢は簡単にひっくり返ってしまうわけで、有利な状況を保つにも知恵と努力が必要と言えるのでしょうね。

      4
      テーマ:
  • 03Sep
    • 流されないように自分の考えを持つこと大事だね・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3113

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。9月は一昨日からスタートしましたが、実質今日からスタートですね。新学期もスタートです。長期の夏休み明けというのは学生にとっては苦痛?かもしれませんが・・・・アジア大会が昨日終了、閉会式が行われたという記事が載ってました。今回はメダル獲得が金が75個、銀が56個、銅が74個で、金メダルの数が、1966年バンコク大会の78個に次ぐ2番目だと・・・・再来年の東京オリンピックに弾みがつきましたね~今日の天気は良さそうです。また猛暑日のところもあるという・・・・が勢力が強いと言われる台風21号が日本を直撃というニュースは気が気ではない。十分な事前準備をしなければなりません。情報をしっかりと聞いて対応しましょう~さて話は変わって、『ロバと旅人』という話をご存じだろうか。確か、こんな話だったように思う。ある日、父親と息子がロバを連れてテクテク歩いていたら、一人の旅人が言った。「なんて馬鹿なんだろう。一人がロバの背に乗れば楽なのに。」・・・・・それを聞いて父親がロバに乗った。そのうち別の旅人と出会い、すれ違いざまに「なんてかわいそうなことをするんだろう。自分が楽をして小さい子供を歩かせるなんて。」・・・・・なるほどと思い、今度は父親が歩いて息子をロバに乗せた。そうしたら、別の旅人が言った。「二人一緒にロバにまたがれば楽なのに。」・・・・・しばらく歩いていると、またまた別の旅人が言う。「なんとかわいそうなことをする親子だろう。2人も乗っていたらロバは疲れ果ててしまう。」・・・・・そこで父親と息子は、ロバの両足を棒に縛り付け、二人が前後になってそのロバを担いで行ったという話である。自分の考え方、信念がないと、このような話しのようになるということです。自分のなかに確固たるものがなければ、いつも他人の考え方に左右されることになる。もちろん他人の意見も聞くことは大切である。しかしそれは、自分の中で噛み砕き、自分の考えに照らし合わせてこそ活きてくるのだと・・・・・・他人の考えを鵜呑みにするのは単に流されているだけである。自分の考えを常に持って行動したいものである・・・

      2
      テーマ:
  • 02Sep
    • 踊り流しの夜 風情があります・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3112

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日は気温もようやく?30度を下回ったようです。ただ雨も降ったりで湿度が高かったように思います。今日は再び真夏日のところも・・・・・しっかりと体調管理には気をつけましょう~秋の響き 踊り流しの夜 という見出しが載っていました。富山市八尾町に伝わる民謡行事「おわら風の盆」が昨日から始まったと・・・・胡弓や太鼓の音とおわら節の唄が響く中、編み笠を目深にかぶった男女が優雅な舞を披露する。秋の豊作を願い、300年以上続いている行事だと。夜通し踊り流すって凄いことですよね~色鮮やかな浴衣を纏って踊るのを見たい観光客もいっぱいいてるでしょうね。さて、こんな記事がありました。離職率の現状平成29年1年間の平均離職率は14.9%。年齢階級別にみると、男女ともに若年層での離職率が高いと・・・・採用コストも結構かかる。一人当たり30~50万円も・・・それが入れ替わり立ち代わりだと相当な金額になる。中小企業の離職の課題として挙げられているのが、帰属意識を高めることや職場の人間関係や労働環境を整備することだと。帰属意識とは、今の会社に入ってよかったという思いや今後もこの会社で働き続けたいという気持ちです。離職とは対極に位置し、帰属意識が高い状況にあると、離職したいという気持ちが少なくなります。帰属意識に影響する要因は、「仕事の適応感」が一番高い相関関係にあり、次に「評価への不満」、「職場の雰囲気」となります。離職原因は、単に給料が安いからということではなく、様々な要因が複合的に関係し、人や環境によって時間とともに変化するということです。もう1つ、職場の人間関係や労働環境をいかに整備していくかが企業の課題と言えるでしょう。具体的には、過大な精神的ストレスを与えず、休暇も取りやすい雰囲気をつくることだと・・・そして、困ったときには相談にのってくれる上司や同僚がいて、人を育てる雰囲気があるというような良好な人間関係が築けていることが必要となるわけです。採用後の受入態勢と社員の教育の重要性を改めて考えてみないといけないですね~

      5
      テーマ:
  • 01Sep
    • 問題を外から見る視点を持つこと大事だね・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3111

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。今日から9月が始まります。暦の上では二百十日です。今年も残り3分の1になりました。あっという間でしょうか・・・時が経つのが早く感じるのは年のせいでしょうか・・・・朝起きると雷がなっています。不安定な天気みたいですね~秋雨前線の影響かもしれませんね。今日1日は雨とのおつきあいになりそうです。出かける際は傘が必需品です。今、複数の仕事を抱えて時間が足りないと嘆いている人を見かけます。落ち着いているようで実は落ち着いていない冷静が欠けている。そのように見えてしまう。そこで、「急いては事を仕損じる」ということわざを思い出しました。特に、仕事などは、急いでやらなければならない時が、あると思いますが、 そういう時こそ、落ち着いて、よく考えてやったほうが、いいということですよね。急ぐと、たいてい、やる事が、丁寧でなく雑になったり、気の配り方も悪くなり、十分なことができません。 急がず、しっかり考え行動することが、大切ではないかと・・・・・新聞拾い読みです。過去最大の総額102兆円台後半に膨らんだ来年度予算の概算要求額。各省庁は、少子化に対応した子育て支援の施策や働き方改革、相次ぐ災害への対策などで増額を求めたとある。また年末に向け、来年の消費増税に備えた対策がどこまで膨らむかも焦点になるという。平成から新たな時代への移り変わりに対応できる力をつけないと・・・改めて気持ちを引き締める自分がいます。さて、孫子の言葉に「水を絶れば必ず水より遠ざかる。客、水を絶りて来らば、之を水内に迎うる勿かれ。」とあります。これは、困難な問題の中に入ってはダメだ・・・・何か問題が起きると、多くの場合、頭の中が問題でいっぱいになり、それに振り回されてしまう。そのようなときは、いったん問題から離れて、高所大局から見た方が良いといいますね。そうすると、問題の全体像がつかめるし、周囲の状況を見ながら対応策を考えることができるようになる。問題が生じたときこそ、渦中に飛び込まずに、その問題を客観的に見る目を失わないことが大切なということです。

      3
      テーマ:
  • 31Aug
    • 原理原則は大事だよね・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №3110

      みなさんこんにちは。下ちゃんです。夏が過ぎ風あざみ・・・・八月は夢花火 私の心は夏模様。有名な井上陽水さんの少年時代のフレーズです。今日が8月31日夏休みも終わります。季節は秋へと移り変わっていく。楽しかったことを思い出している人もいるし寂しさを感じている人も居てることでしょう~明日から9月気持ちを切り替えていきましょう。その前に8月最後の日やり残しのないようにしっかりやり切りましょう・・・・やりました!20年ぶりに男子400㍍リレー「金」を獲得。ジャカルタで開催されている第18回アジア競技大会陸上で、山縣亮太選手、多田修平選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手がバトンをつないで頂点を取りました。素晴らしい!勇気をもらいました。何事もあきらめず努力をすることを改めて学びました。この気持ちを維持し行動へ結び付けたいです。さて、「孫子」の言葉に次のようなものがあります。「勝兵は先ず勝ちて而る後に戦い。」と。意味合いとしては、勝利の軍は開戦前にまず勝利を得てそれから戦争をしようとするが、敗軍はまず戦争を始めてからあとで勝利を求めるものである。いわゆる勝てる相手と戦うことが「勝利の鉄則である」と孫子は言っています。逆に「勝ち」が明確でない戦はしないということですね。この原則を忘れて、無謀な冒険に出てしまうことがよくあります。ムダなコストの流出を抑え、貴重な人材の喪失をなくすためにも、「勝負」や「賭け」に出る時には、この孫子の言葉「勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求める」を思い出す必要があると思います。まだまだ猛暑が続くようです。熱中症対策、小まめな水分補給を忘れずにしましょう!

      6
      テーマ:

テーマ

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス