露地抑制キュウリ・ミニかぼちゃの定植

テーマ:

ここ最近、日本列島各地で集中豪雨の被害がすごいですね・・・・


皆様の地域は大丈夫ですか?


このあたりも今日は雨の予報でしたが結局ほとんど降らず汗


いつになったら降ってくれるんでしょうか?




しかし、今日はお日様も雲に隠れて作物の植付にはもってこいの天気です。


ということでキュウリとミニかぼちゃを定植しようと思います。
気ままにLOHAS LIFE♪
左が『豊産かぼちゃ』 右が『ときわ地這い』です。


このかぼちゃは元々春まき用の品種なので


今の時期から育ててうまくいくかは不明です。





ここに植えます。
気ままにLOHAS LIFE♪


数日前にもみ殻・カキガラ


1年以上積んであるがまだ堆肥化していないバーク

(堆肥化していないものを使うのは通常の農法ではNGですが)


そして廃菌床を投入してありましたが


あまりの晴天続きで砂埃が舞うほど土が乾燥していたため


昨日思いっきり水をまいておきました。
(炭素循環農法ではまかない方がいいんだろうけど)




キュウリは41株を45cm間隔で定植。

気ままにLOHAS LIFE♪


このキュウリの仕立て方ですが、


隣の畝にエンドウを育てたネットを張ったままにしてあるので


主枝を摘心後にうまく子ヅルがたくさん伸びたら


一部のツルはそのネットに誘引して


半地這い・半ネット誘引という変則的な育て方にできないかと^^;








かぼちゃは9株を100cm間隔で定植。
気ままにLOHAS LIFE♪

これもキュウリと同じように仕立てようかな。


そうそう、今回マルチにはこれを使おうかと思います。
気ままにLOHAS LIFE♪

去年の12月から積んである針葉樹のオガコです。


さすがにもうフェノール類は抜けたと思うんですが


未だに糸状菌の菌糸は見当たりません。


先日表面に廃菌床を混ぜ込んでもみたんですが、


それでもまだ菌がまわる様子なし・・・・・・


これが広葉樹のオガコならば、


1ヶ月も積んだあとに廃菌床を混ぜると


表層にビッシリ菌糸がまわって、


オガ同士ひっついて固まるんですけどね。


まぁ、フェノールさえ抜けていれば


マルチに使うくらいは特に問題も起きないだろうと思って


しっかり敷いてやったぞ~。
気ままにLOHAS LIFE♪


このあとウリハムシよけに被覆したほうがいいんですが


持ってはいるけど今までほとんど出番のないニームオイル

(虫が嫌がるニームと言う植物の抽出液です)


定植前に苗に噴霧しておきました。


なので今回はアンドンも不織布のトンネルも無しで様子をみます。

(これでダメなようなら畝を被覆します)





あとは4月末に蒔いて定植時期を完全に逃してたヘチマ。

気ままにLOHAS LIFE♪


いまさらこんな状態の苗を植えて実がなるとも思えません


かぼちゃの奥に少し空きがあったのでとりあえず植えといたよ(;^_^A




キュウリは今回が第3陣の定植になりますが


ちょうど第一陣が今日、明日くらいで収穫終了となる予定で


第2陣の四葉キュウリがまだ数本ですが2、3日前から採れだしました。


今回植えたものが順調に育てば


キュウリは休みなく10月いっぱいくらいまでは収穫が続くかな?


ま、なんのトラブルもなくうまくいけばの話ですけどね^^;



なにも起きませんように・・・・・・・(・Θ・;)




応援してくださる方

押していただけると励みになります^^

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ