オーダー品のオリジナルウォレット | Jill Craft のブログ

Jill Craft のブログ

作業の様子やこだわりの道具、製法などについて書いてます。多少マニアックなのは許して下さい。


テーマ:
オーダー品の完成です。

今回のオーダーは
①二つ折りのウォレット
②だけどトラッカー風で
③オーバーレイ付き
という事です。

で、途中経過は(いつもの)すっかり撮り忘れ

完成
ベースはエルバマット  piomboに栃木レザーを合わせました。
サイズはハーフウォレット

開けると
トラッカータイプとなってます。
マチ付きの小銭入れ
カード入れとシンプルなデザイン
札入れは仕切り付きです。
ミドルウォレットとハーフウォレットとトラッカーウォレットを良いとこ取りした感じですね。

このようにフルオリジナルのウォレットも製作させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

そしてお問い合わせ頂いたフルオリジナルのウォレット。
ですが、まだサンプル段階。
サンプル作りは革ではなく芯材をよく使います。ある程度強度もあるので縫えますし、実際にお札やカードを入れて使い勝手を考える事ができるので。
お時間はかかりますがお客様と何度も意見を重ねてじっくりとオリジナルのウォレットを製作できるのもJill Craftの強みだと思ってます。



ちょいクラフトネタ
いつも台として使ってます。もう何十年と使ってる風合いですが、まだ3年ぐらい。
色々使い道があるのですが、

(音量注意)このようにヘリ返しにも使えます。
綺麗にヘリ返しができました。
下揃えが完了。「段取り八分」ここまで丁寧にするとほぼ完成。
あとは縫うだけ
足踏みミシンでカタカタ縫えば

完成!
Lotta 20 です。外装はイタリアンレザートスカーナ RED。とても発色が綺麗です。
内装は同じくトスカーナ NVY
カードは基本6枚タイプです。(オプションで12枚に増設可能)

Jill Craft 既存タイプの革変更ならフルオリジナルより比較的お値段もリーズナブルになります。


もういっちょオーダー品。
「段取り八分」パーツ確認、下揃え完了。
…と意気揚々と組み立て始めたら、カード入れのパーツを一つ足りてないのが発覚…
ミドルウォレットはカード入れ4段でしたね。
続きはまた明日にしましょう。

少し前から漉き機の調子が微妙に良くない。しかしここは和歌山の片田舎。頼れる人はいないので自分であーでもないこーでもないと調子悪い箇所を探します。やればできる子、とあるパーツを固定してるネジが緩んでました。
きちんと締めてやるとすっかり良い調子に戻りました!

そして、Lottaさんを朝イチで大阪に送迎したついでに
安井商店さんにチケン紙や芯材なんかの大物を仕入れてに行ってきました。なんでも売ってる安井商店さんは何を買うか目的をきちんと決めて行かないと必要の無い物を買い、必要な物を買い忘れるというとこです。

今ブログを書いてる横で
ネコ爆睡中です。

Jill Craft 革工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ