もう2月も後半…Jill Craftっぽいラウンドファスナー | Jill Craft のブログ

Jill Craft のブログ

作業の様子やこだわりの道具、製法などについて書いてます。多少マニアックなのは許して下さい。


テーマ:
横浜から帰って来てからというもの、なんだかんだでバタバタしておりました。ジェットコースターのようなアップダウンを何となく乗り越えやっております。

そして気付けばもう2月も後半戦…というか2月って28日しかないのでそりゃ日数も足りない訳ですね。オーダー頂いてるお客様…すこーし遅れておりますが、なんとか追いつけるように頑張ってます。

途中までの記録は相変わらず無いのです。ファスナー貼りとかちゃんと撮っておけば皆様のお役に立つと思うのですが…
最後の手縫いで画像無いことに気付きました。
あっという間に縫いあがり。

え?気になるヤツがあるって?


申し遅れてました。
新入りの「針山ハリー」です。
横浜からやって参りました。


完成!
セミロングタイプのラウンドファスナーです。オールブッテーロ生成り(NTL)にワルデス真鍮ファスナー。0番糸で5mmピッチ。Jill CraftっぽいといえばJill Craftっぽい。

内装
シンプルですが使い勝手良いですよ。


ヌメ革に刻印を綺麗に入れるコツ。
霧吹きで全体的に濡らしてプレス機で刻印。そのままプレス機に挟んだまま水分が乾くまで放置しておきます。そうするとこんなにくっきり刻印が入ります。


で、休んでる場合じゃない!
次の製作に取り掛かり。ある程度まとめて荒裁断まではしているので漉き→トコ処理→トレース→裁断→コバ処理やヘリ漉きなんかの下揃えをして…組み立てです。
ちょっとした事ですが、構造によってはカード1枚分の隙間を開けてカード入れを製作します。ユルユルでもキチキチでもないカード入れ。


全体的なシルエットが見えましたがここでタイムアウト。
縫うのはまた明日ですね。

BASEにて販売中です。現品ですのですぐにお届け可能となっております。

もちろん切れ味は抜群です。
過去の動画ですが
ヌメ革4枚をラクラクと貫通


切ろうと思えばこの通り。

いつもお世話になってるOlde Ru$h さんよりコンチョ入荷
サンプルで真鍮無垢のコンチョに年号を刻印してもらいました。
シンプルでカッコイイ!これならコインコンチョがちょっと派手すぎるなーとお考えの方でもイケるでしょ?
こんな感じになります。
いつも丁寧なお仕事ありがとうございます。
「餅は餅屋」ですね。

そういえば横浜から帰ったらもちろん
猫を吸って1日の疲れを癒しました。




Jill Craft 革工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ