6tleatherworks × Jill Craft 菱錐の魅力とは | Jill Craft のブログ

Jill Craft のブログ

作業の様子やこだわりの道具、製法などについて書いてます。多少マニアックなのは許して下さい。


テーマ:
昨夜は画像を貼り付けて下書き保存したまま寝落ちしてたようですね。
 
今ブログ書こうとしてこの記事を発見しました。下書きしてたことすら記憶にないです。
 
ここからは昨日の話です。
 
はるばる宮古島より
{74D6BC36-BD74-4334-BCBE-1D854BD495B2}
ん〜こういうとこおっしゃれぇ〜!
 
 
んで今回のは先に匂いを嗅ぎます
{7F553586-B9E6-4237-ABC7-AC1D2E496B16}
クンクン・・クンクン・・いい匂い・・。
というのも今回の菱錐は「肥松」で製作してもらいました。
とてもいい香りで、何に例えたらいいのかなぁ・・
うん、いいお仏壇の香りですね。
 
2本入荷。一本は自分用に
{60CA4DBE-73DF-4B76-9266-0F8C49D3E54D}
もう一本は生徒さん用に。
 
3本あればもう十分です。
{364605DC-9C98-412E-863E-225801DA9F2E}
とはいえ集めちゃいますね。収集癖あるので。

Jill Craft の菱錐はこんなサイズです。
{8BEF2B94-3575-43A5-99FE-F76023AF3E85}
ブランチャードのPサイズに38mmの錐先を差し込んだのとほぼ同じ長さで厚みは2/3ぐらいまで薄くしてます。
なぜこの薄さかというと、ボクは男子にしては手が小さい方です。菱錐が分厚いと針と錐の持ち替えがやりにくいのでね。

このわざわざ丸く削り出してほぼ板にするという訳の分からない発注を快く受けてくれたのが6tleatherworksさんです。

んで、この菱錐は針と一緒に持ってこその魅力。
錐を持った状態。菱錐の裏に針があります。
{FCD9379D-59D2-4F8D-8814-7044F4EB8FD9}
ここから持ち替え
{17B0B6BB-C8ED-4332-B1E4-C03F65FC66BE}
針を持ってます。

この針と菱錐の持ち替えをスムーズにすると

こうなります。




{86C2859F-75DF-41E2-92C2-76356CEC315E}
この黒いのはだーれ?ジルちゃんでーす!

Jill Craft 革工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス