お江戸に上って(下って)きました。 | Jill Craft のブログ

Jill Craft のブログ

作業の様子やこだわりの道具、製法などについて書いてます。多少マニアックなのは許して下さい。


テーマ:
東京へ行く事を上京するといいますよね。
でも、江戸へ下るですよね?


という事で
江戸に下ってます!


目的は何かというと
{36C5EDC3-3C71-42BE-9F9F-046FA20D60BC}
エルメスの手しごと展です。何年も前から一度行きたいと思っておりまして
{F5A28BAD-B93D-4D0E-A741-B14D2787BDFE}
朝イチの飛行機に乗ってやってきました!


もちろん目的は鞍職人
{9397CD1A-051F-40C2-B820-1328A8164D45}
かぶりつきで見てました。そして長年の謎が解けました。
ヨーロッパ目打ちは貫通させるのではなくピッチと角度を印するだけのモノ!
約2年前の「不思議に思うこと…」というブログで書いた事を確かめたかったんです。
{097630B1-C98B-434D-B84C-41B7CAE7D963}
目打ちで軽く印を付けたら菱錐で一つずつ刺しては縫うという作業でした。
{570EBC49-F003-4657-8B88-8EA91E893CC0}
実際に鞍を製作してくれまして
{C0202328-03DA-4444-B9BD-4DAA1D448056}
なんという美しい仕上げ……



実はこの後実際に職人さんの道具を使って3目だけ縫わせてもらえました!!なんというラッキー!ですが…あまりの緊張に手が震えてまともに縫えなかったし、記憶が曖昧という…。

ですがたまたま立った目の前に菱錐が無造作に置かれておりまして
{34959A38-CBF0-415D-9EEE-480CA9C6F436}
ガン見です。
{6D206717-D34E-4CDB-914E-12FC99267852}
V-Branchard の菱錐のようですが明らかに持ち手が削られてます。
{79730B9B-CC24-4C64-8546-938A036F4CD6}
この後職人さんに質問できたのですが、やはり自分で削って手に合うようにカスタムしてるそうです。もちろん錐先も使用目的によって太さを変えたりするそうです。もうこの錐は20年以上使ってるそうで


なのに
{61E33091-2328-446D-9795-18C58E9EFE23}
割と扱いが雑でした…。この辺フランス人。何種類かの菱錐、丸錐を用途別に分けるようです。


色々手元に転がってた道具の写真撮ってきましたのでご参考に
{9347453D-AED7-4794-B2C2-B6E55F711D40}
カッターナイフ使ってました
{029E736D-B40E-4BE4-AC89-BFFBCF9CF828}
ゴム糊の容器はコレでした
{51A19B41-42EC-4756-B06B-ABF20BE7F08B}
例の糸ね
{3D67626A-2924-47C7-9F54-DCA1334F9D2F}
ハンマーは骨董市で買ったそうです
{9CDDD0A5-548B-43C2-B7CF-783D7586383A}
置き方雑…


とにかく勉強になりとても刺激を受けました。まあ…絶対エルメス崇拝者ではないですが、取り入れてるべきテクニックは勉強できました。
{187998A4-B9C4-4FCB-B14C-64812BDE343A}
まあ、影響は受けやすいタイプですけどねー。


さあ、このブログ書いてるの成田空港です。そう、日帰りの強行日程です。
{1F168D94-BD7B-41AB-B9A2-5EA5602FF1A9}
ネコ達も待ってるそうなので

飛行機乗りまーす。


↑面白かったらポチッとお願いします。

お問い合わせはコチラ




Jill Craft 革工房さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ