上智大生殺害24年 形見の指輪 | 報道関係のブログ

報道関係のブログ

宙の会の新着情報や報道関係のニュースを記載していきます。

Yahooニュース



東京・葛飾区で、上智大学4年だった小林順子さんが殺害され、自宅が放火された事件から9日で24年がたった。遺族は、形見として大切にしてきた遺品を、FNNの取材に初めて見せてくれた。1996年9月、葛飾区柴又にあった小林賢二さん宅から火が出て、焼け跡から首に刺し傷のある順子さんの遺体が見つかった。遺品の多くは火災で焼けてしまったが、順子さんが大切にしていた指輪は、アクセサリーの中で、唯一焼けずに残っていたという。順子さんの父・小林賢二さん(74)「彼女の身代わりみたいな、そんな感じもする、こんな形で戻ってきたのかなと」この指輪は、当時交際していた男性からプレゼントされたもの。男性は、順子さんの指のサイズを内緒で友人に調べてもらい、サプライズで贈ったということで、遺族は形見として大切にしてきた。事件から24年、遺族には、大学のレポート用紙など新たに一部の遺品が返還され、犯人逮捕への思いを強くする日々だという。父・賢二さん「(時効がなくなって犯人は)死ぬまで一生追われ続ける。覚悟を決めて、一刻も早く自首なり、出頭なりしてもらいたい」