保育士さんたちからもご登録頂いています!アドラーとモンテッソーリの音声セミナー | アドラー心理学とモンテッソーリで子育てママと保育士さんをサポート!【横浜町田オンラインZOOM/講座研修】

アドラー心理学とモンテッソーリで子育てママと保育士さんをサポート!【横浜町田オンラインZOOM/講座研修】

イヤイヤ期の対応は?癇癪の原因は?子育てや保育で日々子どもと向き合っている方が、子どもとのコミュニケーションが上手くいき、今より更に子育ても保育も楽しくなる!アドラー心理学勇気づけの子育て講座や保育士研修をオンライン(ZOOM)で開催しています。

先日から配信を始めた

 

 

アドラー心理学とモンテッソーリの両方を活かして子育てしたいママたちのためのプログラム

 

 

隙間時間に聞くだけ!

3歳までに知っておきたい

アドラー+モンテッソーリの子育てメソッド

5日間!無料音声セミナー

 

 

嬉しいことに 

保育士さんたちからも続々とご登録を頂いております(*^-^*)

 

 

 

 

今回子育てママ目線で作成した音声セミナーですが 

アドラー✖️モンテッソーリのメソッドは保育士さんたちにも知って欲しい内容がたくさんあるので 

ご興味を持って頂けるのはとても嬉しいです♡

 

 

 

 

何を隠そう私自身が

 

 

 

 

20代の頃に保育士をやっていた時は

 

 

子どもの気持ちに全然寄り添えていない保育士だったんです。

 

 

 

 

image

 

 

 

 

何度も引き離しているのに、それでも懲りずにテーブルの上に登りに行こうとする1歳児さんに 

「ダメって言ってるでしょ!」 

と怖い顔で叱ってみたり

 

 

 

 

お片付けの時間なのに、一人片付けたがらずに駄々をこねている2歳児さんに

「もー!○○君、一人だけわがまま!」

と言ってしまったり

 

 

 

どれも未熟な私でした。

 

 

 

 

 

 

大人の都合とか大人の価値観ばかりが先行して

大人の目線でしか見れていなかった。

 

 

 

 

 

スムーズに子どもたちをちゃんと思い通りに誘導出来ない=ダメな保育士

 

 

という思い込みもあったのかもしれません

 

 

 

 

子どもたちを上手くちゃんと誘導出来る周りの先生たちを凄いなぁって思いながら

 

 

そんな先生たちの視線が気になってしまい

 

 

 

ちゃんと思い通りに子どもたちを誘導しなきゃ!

 

 

って必死になっていた

 

 

 

でも、よく考えたらそれって

 

 

 

子ども目線とはいえない

 

 

 

 

子どもと大人は別々の人格を持った人間です

 

 

 

 

だからそもそも

 

 

 

大人の都合で思い通りに都合よく動いてくれないのは当たり前。

 

 

 

 

みんなと同じ時間に同じ事が出来なくても

 

次の行動への切り替えがなかなかスムーズにいかなくても

 

 

 

 

子どもの視点に立ち

 

 

 

子どもの目で見て、子どもの耳で聞いて、子どもの心で感じられる

 

 

 

そんな保育者になれたらいいですよね 

 

 

 

image

 

 

隙間時間に聞くだけ!

 

アドラー+モンテッソーリの

3歳までに知っておきたい子育てメソッド

5日間無料音声セミナー

 

 

子育てママは勿論ですが、保育士さんたちのご登録も大歓迎♡

 

 

小さいお子さんを子育て中の方向けに作った音声配信ですが 

アドラーとモンテのキーワードでビビッときた方はどなたでもご登録大歓迎です!(*^-^*)

 

 

お子さんの年齢問わず、お気軽にご登録くださいね♡ 

 

 

 

 

 

音声セミナーの詳細

 

STEP アドラー心理学とモンテッソーリ教育

STEP②3歳までに子どもの才能の土台を作るメカニズム

STEP③子どもはなぜ癇癪や愚図り泣きをするのか

STEP④アドラー×モンテ流 子どもが変わる声がけ法

STEP⑤今日から出来る!アドラー×モンテ流子育ての実践

 

   

 

ご登録はこちら→

 

  

より詳しい音声セミナーの詳細はこちらからもご覧いただけます♪