秋が深まる札幌

テーマ:

報恩講が無事終わり、平穏がきたような慈光寺ですが、

寺族が忙しく、私も最近、お寺を空けることが増え、

坊守は、日中はお昼前後、お寺にいますが、なんやかんやで出ることが多く、

前坊守にがんばってもらっています。

 

寺務室業務が変則的で本当にすいません。前坊守が午前中、お寺にいます。

住職はお昼過ぎにお寺に戻ってこられます。

 

お問い合わせの際は、前坊守にご遠慮なく、伝言下さい。

 

11月の寺務室業務も変則的です。

従来まで日曜日、祝日をお休みとしておりましたが、

お寺は通常通り開いておりますので、寺務室業務を行うようにいたしました。

日曜日(祝日も)午後からの業務となりますが、お問い合わせください。

 

入金状況など、ウィークデーでないと分からない場合があるため、

ご回答は後ほどになることをご了承ください。

 

住職の11月の現在の予定をお知らせします。

5日(午後から) 6日:学会出席ため。

9日(午後から)・10日:日高法泉寺報恩講出仕のため。

24日~26日(終日):木辺派本山報恩講出仕、スクーリング講義のため。

 

ウィークデー(月~金)の寺務所不在の時間、とくに午後1時頃から3時頃は、

前坊守、住職、坊守が同時に不在になるときがあります。

ご迷惑をおかけします。住職の携帯電話に転送するようにしておりますが、

運転中などで電話にすぐ出られないときがあることをお伝えしておきます。

 

お寺には朝の午前7時過ぎから9時前頃、

午後6時以降は、比較的電話が繋がりやすいと思われます。

 

いろいろ変更事項がありますが、もう一点、

11月より瑞雲閣の閉館時間が午後4時になります。

連絡は取れるようにしておりますが、上記のとおり、

不在の時間もあることをお知らせいたします。