神戸相続・家族信託相談所

神戸相続・家族信託相談所

神戸市・明石市・芦屋市・三木市・西宮市・加古川市で主に遺言相続手続き、家族信託、成年後見・任意後見の活用支援をしている行政書士・社会福祉士事務所、終活サポーター協会代表です。初回面会相談無料。https://office-baba.com/ TEL :078-647-7103


テーマ:

こんばんは!

 

今日は法定相続情報証明の申請を行いました。

私が法務局に行くと、その前に司法書士さんが申請していました。

随分と制度に馴染んできたように思います。

 

一般の方々への浸透も、進んでいくでしょう。

 

さて、現在手掛けている相続案件は、調べているうちに前回の相続登記が未了なことが判明しました。

少し前に書いた記事にとおり、戸籍集めや相続人確定が大変になるケースです。

 

いわゆる数次相続ですので、権利関係が複雑になります。

1つの不動産が何人の共有になるか・・・。

 

専門家としてはやりがいがありますが、やはりきちんと都度、手続を完了しておいたほうがいいと思います。


テーマ:

おはようございます!

 

オリンピック、日本勢はメダルラッシュです。

本日で終わりますが、見応えがありました。

メダルを取るだけが目的ではないでしょうが、やはり観客の一人としてはメダルを期待してしまいます。

 

さて、ニュースなど報道で相続登記が未登記の土地が問題になっています。

登記を促すために、昨年からは相続情報証明制度も始まっています。

 

実際に相続手続を行っていますと、土地の登記が明治時代から変更されていない、戸籍を何代も遡っていかなければならない事案がけっこうあります。

いざ土地を活用しようと思った際に、権利関係や手続が複雑で大変です。

 

不動産の名義変更は義務ではありませんが、後々のために行っておいたほうが無難です。


テーマ:

おはようございます!

女子フィギュアスケート、日本勢はメダルには届きませんでしたが、素晴らしい演技を見せてくれました。

オリンピックも、間もなく終了します。

寂しくなりますね。

 

さて、相続放棄は一般に相続開始後、3カ月以内に行わなければいけないと思われています。

しかし、血縁であっても疎遠であれば、亡くなった事実を知らないケースがありますし、財産や債務の存在を知らないケースもあります。

 

実際にありますが、自分が知らない間に身内が亡くなって、借金を背負っているケースです。

突然身に覚えのない取り立てが来ると、驚愕するものです。

 

上記のようなケースでも、亡くなった事実や債務の存在を知らない場合は、相続開始後3カ月を経過しても放棄できる場合があります。

 

それを知らずに債権者に支払ってしまっているケースもありますので、まずは身近な専門家に相談することです。


テーマ:

かなり久しぶりの投稿です。

ブログから随分遠ざかっていましたが、ぼちぼち再開しようと思っています。

 

先日あった遺言書作成のご依頼ですが、遺言自体は簡単、分割しやすい財産内容でした。

が、作成者ご本人の想い、家族に伝えたい事柄が多く、出来上がった遺言書は付言のほうが長くなりました。

 

周囲に想いを伝えるために、遺言書を作ったといった感じです。

 

公証人も、「こんなに熱い遺言書は作り甲斐があります」とのことでした。

 

相続が開始し、ご家族に内容を見せた際に、感動する姿が浮かびます。

 

 

 

 


テーマ:

こんばんは!

日本ハムの大谷選手の契約更改が2億7千万だそうです。

プロ野球選手は、やはり夢があります。

 

さて、名古屋高裁で、障害者施設で長年暮らしてきた入居者が亡くなった後の遺産について、施設を特別縁故者と認定されたようです。

 

入居期間が35年と長く、近親者と同等の関係と看做されたようです。

 

障害者施設の入居者の中には長年暮らしておられる方が多いので、今後の相続に影響を及ぼす可能性があります。

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス