週末は伊豆へ

テーマ:


日々、実験なり。-あたみ

と言いつつ、画像は熱海。

帰りの移動中に二人してどうしようもなく眠くなり

駐車場で休憩中の図。


行きは嵐のような天気で、予期せぬところが混む混む。

その途中にベビーカーを貸してくれる元同僚の家へ行こうとしたら

住所を微妙に間違えたうえに、ナビがあまりにもマヌケなため

もんのすごく遠回りすることに。

そのあと昼ごはんを食べている時に

「・・・旅行、これからが本番なんだよね?」

という気がしたほどでした。


でもま、一番の目的である「宿でゆっくり」は満喫。

前に一度行ったことがあるホテルは

長期滞在型&マンション風のつくりで

部屋がすごーく広い!

大浴場に行ってもいいけど

全室オーシャンビューのお風呂つきだから

カップルでのんびりしたい人にはうれしいのだ。


しかも!

温泉は大浴場だけという触れ込みのはずなんだけど

私たちの体感では、部屋のお風呂のお湯のほうが心地いい。

だって何も塗らなくてもツルツルになるんだもの。

温泉って、直後はツルツルになっても

時間がたつとカサカサになったりすることが多いのに

ここのお湯は時間がたってもツルツル、すべすべ。

でも温泉じゃないんだって。不思議。


二日目は、一転して暑いくらいのお天気に。

特に予定はないものの、ドライブしがてら、どこかに寄れたら・・と思ったら

甘かった。

またもや、こんなところで?という場所で

なんだかよく分からない渋滞にハマり

しかもナビのマヌケさが大活躍してくれたため

気づけば、どう考えてもレンタカーを返す時間に間に合わないだろうという状況。

(結局、翌朝返した)

車のナビについての知識は全くないんだけど

T社の純正ってこんななの・・・?


ほとんど移動に費やした旅で

カラダ的にはちょっとツラかったけど

ずっと運転しどおしの世帯主はもっとぐったりだったようで

「次に行くときは電車だな」と。

そうね。

私はもともと電車派なので、それに異論はないっすよ。

ずっと車を持たない家で育ったしね。


車って便利だなと思う反面、「ここちょっと寄りたい」ってところに

気軽に寄れない不便さがあるから、いまだになじめん。

来た道を戻るのにグルグル周ったり、駐車場探したり。

イライラする運転手をなだめたり、スピードにコワくなったり。

免許は持ってるけど、もう交通標識すら忘れた身としては

この旅でなおさら運転する気がなくなりました。


それでも、二人での旅は当分できないだろうから

なんだかんだでいい思い出になりそう。


日々、実験なり。-おまかせ丼


唯一食べた伊豆らしきもの、海鮮たっぷりのおまかせ丼。

あと干物もたっぷり買って帰りました。

AD

日々、実験なり。-おおみか


今日はちょこっと茨城まで旅を。

いばらぎ、じゃなくて、いばらきです。

ってことを数年前に知りました。


何をしに行ったかというと

このまえテレビでテリー伊藤さんが

「これがおいしいんだよ!」

って言ってたプリンを食べにです。


135年も続く味噌蔵が経営するカフェレストランで

デザートに出されているもので、その名も「みそプリン」。

普段はね、そういう「テレビでやってた」系には

どうも腰が重いほうなんだけど

テリーさんばかりか、他の出演者も本当においしそうに食べていたので

すごーく気になってしまって。


今はネット販売は休止しているようで

そうなると電話で注文かーと思ったとたん

直接行っちゃおうかな?という考えが浮かびました。

乱暴な言い方で言えば、同じ沿線だしね。


ということで、本日決行。

はじめは一人旅もいいかしら、なんて思ったけど

距離と初めての場所ってことと、最近の体調を考えて母親と一緒に。


いやー、こういう遠出はひさびさで楽しかった。

前は、その絵を見るためだけに三重に行ったり静岡に行ったり

埋没林見るために富山に行ったりしたなあ・・・。

人から見ると「それだけ?」ってことだし

今回も、もちろん通販で買ったほうが送料合わせてもお得ってことは

重々承知なんだけど。

でも、こういうムダムダがたまらなく好きです。


熱中時代で北野先生も言ってたしね。

「くだらないかどうかってことは、やってみないとわからないんだなー」

って。

(無駄なこと、だったかも。正確には忘れちゃった)


無理やり意義を見出すとしたら

その目的のために色々調べたりとか

そこに行き着くまでに見た風景とかお店とか人とか

そういうのが、仕事や自分をつくる大きな素になってるってことですかね。


でも、それは後から気づいたことで

実際はそういうことやってる自分っていうのが

単に好きみたいです。


あ、ついでに偕楽園で梅も見てきました。

20日から梅まつりらしいんだけど

先日急にあったかくなったせいか

もうかなり咲いてたなー。


日々、実験なり。-紅白


AD

妊婦、広島へ行く

テーマ:


日々、実験なり。-大鳥居


週末まで広島に行ってました。

小学校の修学旅行で行ったっきりなので

まさに四半世紀ぶり。


行程は修学旅行と同じ、原爆ドーム、平和記念資料館、宮島。

母親が一度は観ておきたいというもので。


そして前から本場で食べてみたかった広島焼き。

皮が薄くて卵たっぷり、野菜もたっぷり。

お好み焼きは、大阪のより広島のほうが好きなのです。


本当は10月頃に行く予定だったんだけど

安定期に入ってからのほうがいいだろうってことで

ズルズルと引き延ばし、かなり寒い時期になっての旅になってしまったけど

思いのほか車窓からの紅葉がきれいで満喫しましたよ。

疲れたら休む、いつもみたいにガンガン歩かない、を鉄則にしたので

かなりのーんびりムードでしたが

それでも予定外の倉敷にも行ったし、昔住んでた大阪にも行けたし

かなり大満足。


ってことで、そうそう。

ワタクシ妊婦になりました。

ただいま5ヶ月に入ったところです。


つわりもほぼなく、食欲旺盛。

基本的に元気だけど、風邪ひいたり頭が痛くても薬が飲めないのには参った。

肩がこっても思いっきり伸びとかできないから、ちょくちょく休みを入れないと

身体がガッチガチになってしまうし。

そんな感じで、仕事関係の方々には迷惑かけ放題でかなり甘えております。


まだ胎動もないし、男女の区別も分からないけど

健診に行くとしっかり動いてるのでココにいるんだなーと不思議な感じ。

前の職場の子に「うれしいですか?」と聞かれたとき

そういえば「楽しみー」という気持ちはあっても「うれしい」という気持ちはまだない

ということに気づいた。

きっと、産まれたときに「うれしい」と思うのかもしれないね。


そう、人づきあいの面倒さやら、体型が崩れたりとか、お金の面とか

そもそも痛いだろーとか不安なことは山ほどあるんだけど

「楽しみ」という気持ちが勝ってしまって、さほど気にはならない。

ここ数年、友達とかいつも読んでるブログの知り合いとか

同世代で育児や出産を楽しんでる人が多いからだと思う。

若いときだったらもっと不安だったかもしれないから

このタイミングで良かったなあと思います。


さあて、あと5ヶ月。

次はどこへ行こうかな、何をやっておこうかなと考えると

それも楽しみ。

AD

食のルーツ

テーマ:

週末に、父親の実家である山形へ。

30年ぶりくらいのお墓参りと、叔父叔母が陶芸で生計をたてているので

その工房を見学に。


父方の祖父母は、父親が小さいときに亡くなってしまったので

当然私もその人となりを知らない。

親戚たちとは、結婚式のときに10何年ぶりというくらい不義理しているし

自分のおじいちゃんおばあちゃんの眠っているところを

もういっぺんくらい訪ねておこうと思い、今回の旅となりました。


とはいえ、旅の中心は食。


今回食べた山形の名物。

・芋煮

・玉こんにゃく

・そば

・牛めし(弁当)


川原でバーベキュー代わりに催されるほど定番の芋煮は、

実家にいたころうんざりするほど食べた味。



久々に食べたけど、家で食べたのとほとんど一緒!

母親すごい。

それを800円出して味わう、というのは何だか変な感じですね。


玉こんにゃくは、丸いこんにゃくを醤油ベースのタレで煮込んだもの。

なかなかに濃い味がまんべんなくしみこんで

地味だけど美味しいのです。

蔵王のお釜周辺は夏でも寒いので、芯からあったまります。


いとこにごちそうしてもらった「そばの食べ放題」。

そばは2枚以上でいくらでも頼み放題、薬味取り放題。

ついでに納豆もちやきな粉もちも取り放題。



これで1200円なーり。

そんなに空腹でないときに入ったので、いっぱい食べられなかったけど

そばというと少量で高いイメージなので、これには大感激ー。


牛めしは、すき焼きの残りをクツクツ煮込んで濃ーくして

ご飯の上に敷き詰めたような感じです。

激混みの新幹線内で食べた(それでも食べた)ので写真はありません。


これって・・・みんな父親の大好物。

彼は相当な偏食家ですが、その食のルーツが改めて分かりました。


あ、あと小なすの漬物も大好物でして

これは私も小さいときから大好き。

親戚の家で出された(催促したとも言う)一皿を

ほとんど一人で全部たいらげました。


最後に蔵王のお釜。

こんなゴツゴツの山道を歩くこと数分・・・



たどりついたところには、こんな湖が!



写真だとよく分からないけど、すんごくデッカイです。

噴火で出来た大穴に、雨水がたまって出来るものらしい。

色はまさにエメラルドグリーン。


昔見たときには、ビュウビュウ風が吹いて震えるくらい寒いし

もやがかかってほとんど見えなかったけど

今回はばっちり。

年間を通してもこんなにキレイに見えるのは、そうないらしい。ラッキー。

世帯主(夫)は「日ごろの行いがいいからな」と申しておりましたので

ありったけの無表情で「そうだねーそうに違いないねー」と答えておきました。

何があるんだか、ないんだか。



小学校6年生のときに行った臨海学校の場所に

突如行くことになりました。

どうやら、大阪の最南端のようです。



ほんとは林間学校の場所も行きたかったんですが

それは最北端のようで、車なしじゃ(あっても)キツイで~

ということで、断念。



小学校を卒業してすぐに大阪を離れたため、

地名を聞いてもまったくピンとこないし

何があるんだか、それとも何もなかったりするのか

分かりませんが、とりあえず行ってきます。



帰ってきたら、作文、じゃなかったブログでレポート書きます。



長崎の風景

テーマ:

何かを検索していて、たまたま見つけたページに

気分がそわそわしました。


次代に残そう 長崎百景



よくある、地域の紹介ページかと思いきや

写真と一緒に載せられているイラストが素晴らしくて。



風景と、子ども。

原田泰治とか、谷内六郎みたいな

ほっこりと優しい絵が描かれています。

全て前田秀信さんという方が描かれているようで、

調べてみたら、この方は童画家兼イラストレーターなのですね。



写真だけでもいいけれど

こうやって見せられると、町のイメージが何倍にもふくらむなあ。

その町のことを全然知らないのに、

なぜか行ったことがあるような感覚に

おそわれるのでした。


神戸・大阪ぶらりとな

テーマ:

さて、旅行から戻りました。

戻ったものの、体調崩して迷惑かけまくりです・・。

東京より寒かったのが敗因でした。

いろいろありすぎなので、備忘録風に。


■ニッポンのおじさんは、今でも働き者だ。

■2年前、山(北野)から海(ハーバーランドあたり)まで歩き続けていたことが判明。

■友人のダンナは会社でカニが横切るのを目撃。

■海と空が見える町で暮らしたい。

■神戸の接客、すこぶる感じ良し。

■ジャージ率。

■男の子はルパン三世。

■女の子、意外にカジュアル。画一化?

■ケーキと肉と胃腸薬。

■着倒れ・食い倒れ。

■キャラものを見るのは好きだが購入する気はないらしい。

■大阪、何でもあり。いや、抑制があるからカオスになるのか。

■大阪はやっぱりカフェは・・うーん。

■やっぱり今でも、子供の頃ダイエーで食べたたこ焼きがナンバー1。

■梅田の地下は相変わらず迷子度高し。


うまい、うまい旅でした。

あ、あと

■トクー!最高。


ロマンはありませんが

テーマ:

東京も、暑かったんですね。



ふと、隣の県の温泉に行ってきました。

つるつる美肌になれるというところで、

実際つるんつるん。

翌朝も、心なしか肌のキメがととのっていたようでございます。



ところで、今日の暑さといったら!

そんなに歩いてないのに、暑さで体力奪われたような1日でした。

しかし、涼しくなったら涼しくなったで

さみしいとか言うくせに、

暑ければまた文句言うという。

人間ってワガママね。



帰りは疲れてたんで、ロマンスカーで一直線。

母親となんで、ロマンス皆無ですが。

ロマンスカーってなんでロマンスカーって名前なんだろう。

新婚旅行から?

熱海には行かないのに?



癒しがほしいほど疲れてたわけでもないですが、

いいリフレッシュになりました。

月曜日からまた、えいえいおうってことで。




旅に出て何を思う

テーマ:

2012年のオリンピック開催地が、

ロンドンに決まりましたね。

はああ、そうかー。

分かっちゃいたけど、なんとなく。



スペインに旅行したのは3月の終わりだから

もうあれから3ヶ月以上がたつ。

最初に観光したのがマドリッドで、

いたるところで工事中だったために

ガイドさんがこんなことを言っていた。

「いまマドリッドでは、『オリンピックを絶対ここでやるんだ!』って

すごくはりきってるんですよ。

さかんに行われている工事もそうですし、

禁煙の場所が増えたり、ゴミも道に捨ててはいけないように・・って。」



その工事の様子といったら、

日本に比べると「これはいつ終わるんだろう・・」という

のんきな仕事ぶりなんだけど、そうかそんな想いがあったのか、と思った。

スペインを愛してやまないガイドさんは

「オリンピックを開催することになったら、きっとここの人たちは

一所懸命いろいろやると思いますよー。

・・・でもパリには負けちゃいそうですけどねー」

と笑っていましたが。



結局マドリッドはオリンピック開催地にはならなかったけど

他の国のことを、こういう目で見るのは初めてかも。

自分の国ではないから、何が変わるというわけでもないんだけど

あそこにいた人たちは、今日のニュースを見て

何を思うのかな、と思うし、

そう思ってる自分もとても不思議。



なんだか、旅から数ヶ月たって、

旅の新しい意味をもう1つもらったような感じです。





いざ、憧れの地へ。

テーマ:
明日からスペインに行ってきます。
一番の目的は、サグラダ・ファミリアを見たいから。
10年来の憧れの地であります。


なんか、いろいろ書こうと思ってたのに
時間なくなっちゃったので、詳しくは帰ってきてからでも。


そんなわけで、しばらくブログはお休み。
エイプリルフールに帰ってきます。
いや、ほんとにね。