長男のこと

テーマ:

一応、子育てジャンルにも登録したことだし

息子の紹介など改めてしてみようかと。


長男ヘム、この5月に6歳になりました。

幼稚園の年長です。

今まで1歳とか、3歳とか、節目ごとに感慨深いものはあったんだけど

6歳になったときが一番「えええーーー?」って思いました。


なんだろ、6歳っていうと小学生のイメージだからかな。

もう幼児じゃないんだ。5歳には戻れないのね・・・と。

これまでそう思ったことはなかったので、そんな風に感じてしまう自分にびっくり。


でも大きくなったとはいえ、まだ6歳。

今でも一日中「ねえ、これ見て」「ねえ、これやって」「ねえ、一緒に遊んで」攻撃がやむことはありません。

火を使う調理中とか、次男のオムツ替えの最中とか、次男が高いところに上ってしまった時とかも

まったく状況を気にしないで話しかけるので「こーいーつーはーーー!」と思うことも多々あります。

思うだけでなく実際怒ることもよくあり、1日が終わるとぐったりです。


しかし昨日はちょっと面白かった。


ベランダで次男もいっしょに水遊びをしたのですが

ヘムはパンツまで濡れてしまったので全部の服を替えました。

たまたま、乾いた洗濯物の中にパンツとズボンがあったので

それを穿いてねと伝えて、私は次男の世話をしていました。


そしてお風呂に入るとき。

「さっきトイレに入ったとき気づいたんだけどさー」と言って見せてくれたのは

新しいパンツの上に、さっきまで穿いていたパンツを重ね穿きした姿・・・。

どうしてそうなったのか? 前のパンツは濡れてて気持ち悪くないのか?

この暑いのによく3枚(ズボンと合わせて)も穿いてられたね?とか色々言いたいことはあるけれど

とりあえず言いたいのは

トイレで気づいたなら脱げ!ってこと。


いやあ・・・人生にはまだまだ予想できないことがいっぱいありますね。


そんな長男の趣味は、お絵かきと戦隊ごっこです。

以後、お見知りおきを。



AD