2018年 司法試験合格発表 | 公認会計士有資格者jijiたんが予備試験ルートで司法試験に合格したブログ

公認会計士有資格者jijiたんが予備試験ルートで司法試験に合格したブログ

・大学三年時 公認会計士試験一発合格
・2014年 司法試験予備試験一発合格
・2015年 司法試験不合格
・2016年 司法試験合格
・2016年 ジャパンメンサ合格

為になるけど面白い。そんなブログを目指します。


テーマ:
{E3F3DB81-293C-4E8D-BCB8-34AFB8A25D2D}

こんばんうかるー!

先日、2018年の司法試験の合格発表がありました。

合格者数、合格率、合格年齢、合格後にやっといた方がいいことなど、書きたいことは沢山ありますが、やはりこの時期は今年ダメだった方に記事を書きます。

私自身司法試験の不合格を体験しているので色々書きます。


◾︎たくさん落ち込んでよい

まずは不合格だったことについて沢山落ち込んでください。自分への怒り、不甲斐なさ、悔しさ、やるせなさ、悲しさ、色々な感情が押し寄せてきますが、それは恥じるべきことではないです。

まずはそれらの感情を隠すことなく、受け止めましょう。私自身、不合格発表当日の夜はすごく精神的に不安定でした。夜一人でベッドで泣いていたような気もします(情緒不安定すぎてあまり覚えていない)。

この悔しさは来年の試験への糧になります。必ずリベンジしてやる、必ず合格してやる。そう転換できた時から来年の合格が近づいてきます。


◾︎でも勉強しよう

落ち込むことは落ち込んでいいのですが、いつまでも落ち込んでいてはダメです。前にもブログで書いたことがありますが、発表までの期間ろくに勉強していない(←おそらくほぼ全ての人がこれ)今日の自分は、不合格の実力だった5月の自分より格段に能力が落ちています。

私も5月以降全くと言っていいほど勉強していませんでした。短答の知識は抜け、論文の書き方は忘れ、それはもう酷い状態でした。

だからこそ、すぐに勉強を開始してください。「来年」ではなく、あと「8ヶ月後」の次なる司法試験に向けて。

精神的に不安定であっても、勉強はすぐに再開してください。できることは必ずあります。間違っても、年内はバイトしようとか、旅に出てリフレッシュしようとか考えない方がいいです。発表までの4ヶ月で十分リフレッシュはしたはずです。


◾︎敗因分析

まずやるべきことは敗因分析です。なぜ落ちたのかを把握しなければ、今年の不合格は無意味なものになってしまいます。

再現答案を書いていないのであれば、今すぐ書いてください。忘れててもいいんです、書いてください。試験日から刻一刻と記憶は薄れていっています。一日も早く書いてください。

敗因分析は再現答案と成績通知を見てみないとできません。自分が思っている大きなミスは意外と小さなミスで、自分が思ってもないような科目で点が取れていないことも多々あります。成績通知を待ちましょう。

成績通知が来るまでにできることも沢山あります。まずは短答。短答知識は必ず来年も必要になりますし、点は取れれば取れるだけ有利ですので、短答の勉強はすぐできます。

また、この時期に基礎マスターテキストなどを総復習するのもありです。基礎知識も必ず来年また必要になりますので。


◾︎予備校の戦略に乗らない

この時期、予備校は沢山の講座をリリースし、キャンペーンをうち、イベントをやり、受講生を増やそうとしています。

いずれも受験生のことを考え、内容も有益なものが多いですが、しっかりと「選ぶ」姿勢が大事です。敗因分析ができていない状態で新たな講座を受けたり予備校を変えたりするのは危険です。

成績表をみてみて、どの科目も点数が芳しくない場合は基礎力が無い証拠です。総復習系の講座がいいでしょう。

特定の科目が悪い場合は意外と注意が必要です。その科目の何が悪かったのかを把握しましょう。むやみにその科目だけ重点的にやるのは、他の科目が落ちてきてしまいます。その科目をケアしつつも、バランスよく勉強することが大事です。

予備校の甘い文句に右往左往されることなく、しっかりと敗因分析を行い、計画を立て、必要だと思ったもののみしっかり受講し、血肉としてください。


◾︎メモリーツリー講座

予備校の戦略に乗らない、といいつつも、私の講座の宣伝をしておきます。いますぐ多くの受講生に取ってもらいたいというより、本当に「必要だ」と感じた受講生に取っていただきたいと思います。

メモリーツリー講座は短期間で全範囲を総復習できる講座です。私が受験時代に何百時間もかけて作ったメモリーツリーを入手できます。

メモリーツリー講座の構成は以下のようになっています(1回約1時間)

【憲法】30枚/4回
【行政法】14枚/2回
【民法】45枚/6回
【商法】55枚/7回
(会社法:36枚、商法:6枚、手形小切手法:13枚)
【民事訴訟法】25枚/3回
【刑法】32枚/5回
【刑事訴訟法】22枚/4回
【労働法】20枚/3回


基本7科目全てで30時間程度です。細かい知識はすっとばして、必要な知識の整理、キーワードの確認、論点の結論・理由の確認だけをやっていく講座です。

今回は、敗因分析がおよそ終わるであろう9月末までに7科目セットをお申し込みの方に、メモリーツリー印刷代(通常32,400円)を無料にするキャンペーンになります。
なお、7科目セットには労働法は入りませんのでご注意下さい。

敗因分析をして、
・基礎力が足りない
・各科目の全体像が把握できていない
・答案に書くべきキーワードがパッと出てこない
・しかし基礎講座の受け直しをする時間もない
・手軽に復習ができるツールが欲しい
などの分析結果になった方は、是非ご受講を検討頂ければと思います。

講座の詳細、キャンペーンの詳細は資格スクエアHPをご覧ください。


◾︎おわりに
不合格の悔しさをバネにして、必ず来年合格してください。合格すれば、不合格だったことも1つの思い出になります。またあの試験に挑むのは辛いとは思いますが、あと1年(正確には8ヶ月)頑張ってください。応援しております。



★講座情報など★

司法試験、予備試験、公認会計士試験などに合格した私が、全ての試験勉強に通ずると考える勉強方法を、10時間みっちり教える講座です。勉強方法について悩んでる方、なかなか成績が伸びない方向け。

会計超入門講座(5000円)
スタバ・ドトール・ルノアールの会計資料を比較し、各社の戦略を読み解きます。簿記3級や2級に興味がある方、社会人として少しは会計を知っておきたい方など向け。

司法試験、予備試験などで問われる要件事実の知識を、マトリックスにして10枚でまとめあげたレジュメです。要件事実の勉強を一通りやり、効率的に復習するツールが欲しい方向け。


メモリーツリー講座(1科目19,800円、7科目パック98,000円)
司法試験、予備試験の全科目・全範囲をメモリーツリーにして、ポイントを総ざらいできる講座。基礎期の勉強が終わったが何となく消化不良の方、もう一度各科目の全体像を把握したい方向け。

〜キャンペーン情報〜
2018/9/30までに④メモリーツリー講座7科目パックお申し込みの方に、メモリーツリー印刷代(32,400円相当)無料キャンペーンを実施中です。


(注意)
・上記価格は全て税抜き価格です。
・キャンペーン情報は、当ブログ記事掲載時点のもので、期間終了後も掲載が残っている場合があります。



★おすすめ記事★
 
多くの勉強方法をブログに書いていますので、よかったら見てやってください。
 
 
 
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願い致します。
(1日1回、誰でも押せます)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村

 



jijijikekekeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス