「お大事に」ではなくて「また来てね」のちょっと変わった動物病院 | 北欧ノルウェー暮らし with ダックス

北欧ノルウェー暮らし with ダックス

ノルウェーに移住して10年を超え、目新しく感じるものがなくなり、
ノルウェー情報など数少なくテーマごっちゃ混ぜのブログです

さて、素敵なお家訪問をさせていただいただけではなく

 

私のリクエストを聞いていただいて

 

こちらの動物病院にお邪魔することができました

 

 

 

 

こちらのブログを書かれている獣医さん

 

 

おんぷちゃんを安楽死させてからしばらく後

 

私がコメントを差し上げた内容について

 

記事を書いてくだったという「馴れ初め」があるのですが

 

東洋医学などを取り入れておられて

 

一度、機会があればジジを見ていただきたいと思っていました

 

実はジジの東京のおばちゃん、おじちゃんのお住まいから近かったので

 

なんとお二人に高級車で連れて行ってもらったのです

 

田舎者の私の感覚では10km=車で10分なのですが

 

東京ではそうはないのでびっくりでした…

 

予約制なので他のわんちゃんに会うことはなかったのですが

 

クリニックに入るとジジさんワンワンが止まらない(ブルブルはなし)

 

診察室では私たちはソファーに座り(診察室にソファーってなかなかないよね)

 

ジジが気温が高くないのにハァハァすること

 

段差が飛べない

 

背骨が盛り上がってきた

 

などをお伝えします

 

そしてジジは

 

 

お触りされ中

 

東洋医学の診察をお願いしたのですが

 

お話しいただいたことは

 

特に左の後ろ足が弱っているけれど、あんよの反射はある

 

後ろ足が弱っているので前傾姿勢になって咳が出やすくなる、肩周りが凝る

 

ハァハァは陰虚の状態:熱をあげられるけれど、冷却する能力が低下している(人で言うと更年期のほてりのような状態)

 

なので冷やすような食材を使うと良い(馬肉、きゅうり、スイカなど)

 

(多分、お聞きしたことを全部覚えていないえーん

 

そして、6月キャンペーンの漢方アロママッサージをしていただくことにしました

 

 

 

ジジ、マッサージ中、全くリラックスする様子はなかったのですが

 

最後の方はかなり落ち着いていました

 

ジジは「火」(五行)のアロマをチョイスされましたが

 

私が嗅いでも良い香り

 

五行って何?と言う方はこちら ↓

 

 

そして、肝心のジジのあんよですが

 

一度の施術でも良くなった気がします

 

家に戻ってから玄関の段差(1段)を飛ぶようになっています

 

もし、毎週くらいの頻度で施術していただけたら

 

かなり良くなるんじゃないかと思うのですが

 

それは距離がね…

 

東海地方で信頼できるところはないかなぁキョロキョロ

 

さて、道が事故渋滞していたため予約時間から10分以上遅れてしまったのですが

 

充分に時間をとってくださり、おまけに保険も効いて

 

ジジもおやつをいただき

 

 

あー来てよかった

 

と、もう1日目で満足し切ったのでした(ジジはどうか知らんけど)

 

クリックありがとうございます

にほんブログ村 にほんブログ村へ