9月から弊社、(株)にいがた事業承継サポート室が支援するお客様のうち2社で社長交代があった。いずれも親族内承継だ。

 

両社とも自社株の後継者への集中が事業承継上の課題だった。これについては税理士と連携して役員退職金の支給などによって対策を講じた。このほか、承継後の経営計画の策定などをお手伝いした。

 

事業承継支援においては、いかに専門家と連携していくか、これがポイントとなる。このことは支援者向けのテキストに必ずといってよいほど書いてあるが、実際に社長交代するまでの支援に携わるとその重要性がよくわかる。

 

まあ、何はともあれ、2人の社長が誕生したことは嬉しいことであり、その支援に関わらせていただいたことに感謝したい。また、M&Aのような大がかりな支援案件ではないが、着実に弊社の、事業承継支援の実績が積み上がっていることも嬉しく思う。

 

経営革新を繰り返して自社を成長させる。これが後継社長に与えられた役割である。かくいう私もこのことを中小企業の社長として肝に銘じ、事業承継支援を通じてたくさんの人を喜ばせたい。