昨日は小千谷商工会議所様で事業承継セミナーの講師をさせていただいた。内容は入門セミナーということで基本的なことを。ただし論点は明確に。まずは中小企業における事業承継のポイントを示したうえで、それについて説明するという流れで話を進めた。事業承継は税金や法律、労務など多岐にわたる対応が求められるが、今回のセミナーでは特に重要なことに絞り込んだ。そのほうがわかりやすく、行動に移しやすいからだ。しかし、ブラッシュアップは不可欠。さらにわかりやすいセミナーとなるように改善していきたい。


講義の後、経営指導員と市・商工課の方とで少し情報交換をした。お二人とも小千谷市内の企業における円滑な事業承継の実現に向けて懸命に取り組んでおられる。話をしながら私も事業承継支援に関わっていく決意をあらたにした。


今回のセミナーとここ最近の相談から感じることとして、事業承継税制に興味を示す社長が多いことがあげられる。抜本的に改正が行われたという情報を得て、顧問税理士に相談しつつもセカンドオピニオン的に相談に来られた方もいた。社長を対象とした"極めてわかりやすい"事業承継税制のセミナーの必要性を感じた次第である。