士業連携

テーマ:

長岡市内のお客様に訪問した後、新潟市へ。北陸道から見える入道雲を見て、小学生のとき、プールに向かう通学路で見た空を思い出した。あの時の空のほうがもっと青かったような気がするが、気のせいか。

 

閑話休題。

私は常々、企業支援においては連携が大切だと言っている。それは、ひとりの中小企業診断士ができることには限りがあるからだ。外部環境の変化が激しい昨今ではとりわけそうだ。

今日は夕方から弁護士会館で士業連絡会の会合だった。今秋、12の士業による合同相談会に今年はじめて新潟県中小企業診断士協会が参加する。これまで企業としての相談者は少ないということだが、それはPR方法の工夫で対応可能だろう。ただ、私はそういったことよりも士業が連携してこの事業を実施することが何よりも重要なことだと思っている。士業が連携して企業を支援する。そのためのネットワーク構築に鋭意取り組みたい。