こんばんは。


2019年になったと思ったらあっというまに7月。


半分が終わってしまいました。


そして、今月はハンドメイドインジャパンフェス。





あとは、今月で、てんかんの外科手術から7年。
 

あっというまに7年。


頭だからいろいろ覚悟した上で手術しました。


検査入院ではっきり分かって、薬飲んでもなかなかおさまらないのに薬物治療してるならと思い海馬切除する手術をしました。


発作が消え怠さがなくなって薬もだいぶ減りました。


術後うつが悪化しましたが、その中でやってたことがそのまま今になりました。


誰にも会いたくない、病院以外出掛けたくない、電話に出れない中でやってたこと。


原発事故で人間の体に入る農作物を作れない時期でもあった。


今は、うつ状態はよくなってますが、高次脳機能障害のことでメンタルやられてます。


なかなか理解しづらしい障害ではありますが………


田舎の人たちは、発達障害、知的障害、うつ病以外の病名、障害を知らない人たちの方が多い。


いつも井戸端会議に出てくると、突然どこかおかしくなった人はすべてうつ病のような話になる。


統合失調症、双極性障害、適応障害、高次脳機能障害などいろいろあるし、一人一人違う。


1から説明したとしても次の日には忘れてる。


というか何事もなかったかのように頭から消す。


だから聞かれて答えても会話にならない。


どこに行っても目に見えない障害の人を悪く言う人たちもいますが、本当にここの市民の会話は聞いてると本当に何なの?って思います。


重度で自分自身の障害を分かってない人もいるかと思いますが、すべての人がそうだ思ってる。


自分が周りと同じように生きれないって分かってる人たちもたくさんいるのに。


時代遅れの市だとしか思えない。


だから、知らない人たちがたくさんの県外のイベントに出店するわけです。


自分の視野を広げるためでもあるし、同じ病気と闘ってる方に会うためでもあります。


ハンドメイドインジャパンフェスには今の精神科の先生が来てくれる。


緊張はしますが、ストレス発散にもなってます。