「アセット」という言葉を聞いて、

あなたは、何を思い浮かべますか?

 

私は、ファイナンシャルプランナーという立場もあり、

「アセット」と聞いて、最初に思いついたのは、

「資産」でした。

 

 

経済的、金銭的な価値のある資産、というイメージです。

 

アセットアロケーションという、

「どの資産に、どの程度あなたの資産を配分するか?」

が、資産運用や資産形成のカギになってきます。

 

あなたの、

・考え方

・性格

・金銭的な目標

などを踏まえて、ひとりひとり、最適なアセットアロケーションは

変わってきます。

 

私自身は、不動産を使った資産形成、アセットアロケーションに

不動産の組み入れ比率が高めではありますが、

この組合せをどのようにしていくか、をあなたと一緒に考える存在こそが、

中立的な立場のファイナンシャルプランナーの使命でもあると

考えています。

 

メルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/keserasera/registp.php?pid=4

 

さて、この「アセット」、広く使われる意味合いとしては

「資産」ということで間違っていないのですが、

先日、あるお医者さんの記事を読んだときのこと。

 

お医者さんのカルテに「アセット」という記入欄がある

という内容だったのですが、その意味は「資産」ではなく、

「強みや長所」だということ。

 

たしかに、「アセット」という言葉を調べると、

「利点」「長所」などのように価値あるものとか資質の

ような意味もあることを知りました。

 

おそらく、お医者さんの場合は、患者さんの強み、長所を

知って、それを治療に活かしていく、という意味合いでの

アセットなのだと思います。

 

これを読んで知った時、「なるほど~」とうなづくとともに、

ファイナンシャルプランナーも似ているな、と感じました。

 

先程伝えた「アセットアロケーション」をどう組むかにも

通ずるな、というイメージです。

 

つまり、

あなたの性格や考え方の中で、資産運用と向き合う時に

「強み」と感じる部分をしっかりとヒアリングしながら、

最適なアセットアロケーションを考える。

 

そこで決めたアセットアロケーションに沿うように資産運用を

継続して行うことで、長い目で見た時に、結果として、

資産という「アセット」も殖やしていくことができる。

あなたにとって望ましい「アセット」が形成できる。

 

そう考えていくと、資産運用をしてお金を殖やしたい。

 

この想いや気持ちが出発点なのは、大多数の人が

同じですが、スタートする前に、

 

あなたの目指す「アセット」とあなた自身の中にある「アセット」

 

つまり、

目標とする資産形成という意味での「アセット」

その目標に向かうにあたって、あなたに備わっている

考え方や性格の中で資産運用に強みとして発揮できる

部分という意味での「アセット」

 

この両方を、しっかり見つめ、見つけられるように一緒に

考えることこそ、大切だな、と感じました。

 

ファイナンシャルプランナーは、お金の専門家、と

言われますが、アメリカでは、「医者」「弁護士」

とならんで、良いファイナンシャルプランナーとの

出会いが大切な3要素だと言われています。

 

ファイナンシャルプランナーは、その点から考えると、

「お金の専門医・かかりつけ医」のようなイメージとして

捉えられているのかな、と私は考えています。

 

私もファイナンシャルプランナーのひとりとして、

出会ってよかったと感じて頂ける存在であり続けるために、

資産と強み、両方の「アセット」にしっかりとコミットできることを

心がけていこうと考える機会となりました。

 

あなたの「アセット」は、何ですか?

 

FP大家の資産形成チャンネル

 

 

ケセラセラ横浜