先日書かせて頂いた、「不動産投資の座談会」

昨日開催させて頂きました。

 

 

ありがたいことに、お越し頂いた方から満足のお声も

頂くことができ、初の試みとしては良かったと感じています。

 

ただ、参加いただいた方の満足度を、より高めることの

大切さにも、気づく機会となりました。

 

これは、私がテーマにさせて頂いている内容が

「各個人のお金、というデリケートな相談をお受けしている点」

「情報のご提供をメインにしたセミナーとは違うという点」

この2点が、メインだったことで、気が付いたという内容です。

 

それは、「座談会」よりも「個別相談」の方がよいと感じたと

いうことです。

 

 

セミナーであれば、基本スタイルは、一方通行の情報提供に

なるので、全体の中で、少しだけでも、気づきになる部分を

持ち帰って頂けると嬉しいな、という想いでお話しします。

 

座談会スタイルの場合、テーマの設定や、テーマにしたいと

感じることは、各人各様になってきます。

ある人があげたテーマは、別の方にも共有できる部分はあるとは

思いますが、お伝えするときには、どうしても、そのテーマをあげた方に

対してお話してしまいがちになります。

 

そうなると、横で聞いている別の方にとっては、

「ちょっと手持無沙汰だなぁ・・・」

という想いを抱かせてしまいかねない、ということです。

 

つまり、テーマをご自分で提示していない内容の時には、

「で、自分の場合はどうなるの?」的な視点を持ちにくいのでは

ないか、ということです。

 

そのため、話をしている中では、どうしても、そのテーマを

あげてくれた方が中心になり、その方への個別相談的な感じに

なんとなくなってしまっているな、と感じたということです。

 

特に、不動産投資の経験者の方であれば、より一層、

相談したい、聞きたい、テーマにしたいと感じることの個別性が

強くなる、と感じました。

 

なので、開催するなら「座談会」ではなく「個別相談会」にした方が、

より満足度もあがるのではないか、と感じた次第です。

 

個別相談会にすると、ご対応できる人数は少なくなってしまいます。

 

ただ、それでも、時間を割いて、足を運んで頂いた方、お会いするご縁を

持てた方に、より満足度の高いサービスを届けたい、そして、

届けさせて頂くことが、私自身の使命でもあると感じています。

 

5月以降も、月に1~2回くらいは、開催を続けたいと考えていますが、

次回以降は、「座談会」ではなく「個別相談会」という形式にして、

お越し頂けた方の満足度を、よりあげることに努めさせて頂く。

 

そんな気づきを感じることのできた、座談会でした。

 

メルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/keserasera/registp.php?pid=4

 

ケセラセラ横浜