先日の新聞記事に

「過剰介護の監視強化」が

取り上げられていました。

 

 

 内容をかいつまんでお伝えすると、年配者向けの

「サービス付き高齢者住宅(住宅とデイサービスなどの

公的介護サービスの両方が受けられる)」の利用者に

対して、自社の介護サービスを過剰に受けるように促している。

その結果、介護報酬を過剰に受け取っている可能性がある

という内容でした。

 

 必要な方に対して、適切なサービスを提供するように

ケアプランなどを作成することは大切です。

 

 ただ、今回のケースでは、不必要なサービスまで介護保険

で受けて頂くようにプランニングをして、最終的に自社が受け取る

報酬を増やすことが目的になっているケースが見受けられる

という点です。

 

 つまり、サービスの矛先が、それを必要としている年配の方

よりも、自社の収益向上に向いてしまっていることが問題なのだと

いう点です。

 

 たしかに、事業として運営している以上、収益をあげることは

必要ですし、それを追い求めなければ、事業の継続も成り立ちません。

 

 ただ、仕事、サービスというものは、

「お客様ファースト、クライアントファースト」

を忘れては、長期的な継続、信用・信頼の継続は築けないと

私は考えています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガ登録はこちら:

https://88auto.biz/keserasera/registp.php?pid=4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

恋愛などで良く言われるたとえに、「追えば逃げる」ということがあります。

 

お金にもこれと同じことがあてはまると私は考えています。

 

売上、収益を得ることは、あくまでも結果であって、最初にお金ありきで

仕事をするのは、スタンスの順番が逆なのではないか、ということ。

 

例えば不動産業界で問題視されることの多い、囲い込み。

物件の仲介をする際に、売主様・買主様双方から仲介手数料を

受け取りたいがために、売り物件として掲載されていても、

買いたい希望の会社からの問い合わせがあっても断るようなケース。

これも、売りたいというお客様ファーストではなく、収益と言う自社の

利益ありきのスタンスではないか、と。

 

仕事などに関しても、例えば異業種交流会みたいなところで、

出会った方から仕事が欲しい、というスタンスで臨むと、

期待した結果が得られない。

むしろ、気の合う仲間を見つけよう、的なスタンスで臨むことで

人間関係が先にでき、ゆくゆく結果的に信頼が築かれた後、

仕事につながる可能性もある。

 

今回の過剰介護の恐れがあるとか不動産会社さんの囲い込み

などは、短期的な目先の利益に重きを置いているからこそ、

起きてしまうこと。

 

仕事も人間関係もお金も、「長期の視点」こそが、

必要であるし、お互いにそういう関係であり続けられることこそ

大切だと私は思いますが、あなたはいかがでしょうか?

 

ケセラセラ横浜: