不動産情報のポータルサイト「ライフルホームズ」が、

2月から始めたサービスが、いいな、と感じています。

 

 

中古マンションの物件情報と言えば、

・売買価格

・立地

・間取り

・広さ

・管理費・修繕積立金の金額

などの、外から見て分かる情報がほとんどです。

 

そのため、管理状態を知りたいと思えば、情報を提供している

不動産会社さんを通して「重要事項調査報告書」を取り寄せて

もらったり、実際にマンションの現地に足を運んでみる

方法しかなかったな、というのが、私の感触です。

 

もちろん、今まで行ってきた上記の方法は、今後も絶対に

続けますし、必要だと感じていますが、1つの参考として、

掲載情報内で、中古マンションの管理評価が見られるという

のは、いいサービスだな、と私は感じました。

 

 

中古マンションをマイホームとして住む

中古マンションを大家業として貸すために購入する

 

どちらであっても、気持ちとしては、自分の所有となる部屋の中

ばかりに目が向きがちです。特にマイホームとして検討される方は。

 

リノベーションなどで生まれ変わった部屋などであれば、さらに

部屋の中だけを見て、住みたいか住みたくないかを判断して

しまいがちかもしれません。

 

もちろん、自分の住む部屋の中は大切ではあるのですが、

マンションに住む・マンションの部屋を所有するということは、

他の部屋の方との共同体に入る、というイメージです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガ登録はこちら

https://88auto.biz/keserasera/registp.php?pid=4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

給排水管や廊下、エントランスなど、みんなで利用する部分の

方が、全体で見れば、大きな割合を占めることになります。

 

つまり、共用部分の維持メンテナンス、管理が適切になされて

いないマンションは、将来的に住みづらくなり、ひいては資産価値の

下落ということにもつながりかねません。

 

だからこそ、「マンションは管理を買え」とはよく言われますし、

マイホームにせよ、大家業にせよ、管理状態の良さがなければ、

購入は見合わせた方が良いと私は常々考えています。

 

そんな中、これから築年数が経過したマンションが増える中、

購入する人が、間違った選択をしないようにする参考の1つとして、

このホームズさんの管理評価を公開する、という取り組みは

すごく良いな、と私は感じています。

 

まだまだ登録されている物件数は少ないですが、より多くの

中古マンションが登録されて、外から見えにくい「管理状態」を

知る、参考の1つになるといいな、と私は考えています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケセラセラ横浜