2月16日から、令和2年(2020年)の確定申告の

受付が始まりました。

 

コロナ禍で緊急事態宣言が出ている地域もあり、

税務署が密になることを避けたい施策の1つとして、

提出期限が、1か月延長されて、「4月15日まで」に

なりました。

 

 

この点は、ご存じの方も多いかと思います。

 

この「提出期限の延長」ですが、昨年もありました。

いつまで延長されたか、覚えていますか?

 

令和1年分(2019年分)は、2020年4月16日まで、

でした。

 

ただし、「4月17日以降の提出に関しても可能です

(柔軟に対応します)」という発表もされました。

 

そして、その後、はっきりとした期限は定められないまま

今に至っています。

 

つまり、2019年(令和1年)分の確定申告の期限は、

「仮に今提出しても、期限内で間に合う」

ということになっているのです。

 

令和2年(2020年)分は、2021年4月15日まで

令和1年(2019年)分は、柔軟に応対

 

という状態です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガ登録はこちらから

https://88auto.biz/keserasera/registp.php?pid=4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このねじれているような状態を戻そうということで、

国税庁の発表がありました。

 

大切な部分だけをかいつまんでお伝えすると、

 

「令和2年(2020年)の確定申告を提出した日が

 令和1年(2019年)の申告期限になる」

 

という内容です。

 

「令和1年分は柔軟に対応してもらえるから

令和2年を先に終わらせてしまおう」

 

ということはできない、ということです。

 

もし、令和1年(2019年)の確定申告をまだ提出

されていない方がいらっしゃれば、ちゃんと

順番に提出しないと、期限後申告、などと

扱われかねないので、気を付けて下さい!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケセラセラ横浜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・