みなさま、こんにちは。FP大家、
ケセラセラ横浜の齋藤岳志です。

 

コロナウイルスの影響で
自宅待機、在宅ワークなど
1人で過ごす時間が多い方も
いらっしゃるかと思います。

 

そんな状況でお過ごしの方々を
考える中で、
「1人の時間を楽しむ」
「孤独を楽しむ」
ことができることが、経済面、仕事面などで、
うまくいく秘訣では?と思ったので、そんな
テーマで書かせて頂きます。

 

これは、ひきこもる、とか、社会との接点を
忘れるという意味合いではありません。


「誰かと一緒にいないと楽しめない、不安だ」
とか
「周りにどう見られているかを意識することが多い」
という視点を、いい意味で忘れることが、
特に、経済的な豊かさには必要だ、ということです。

 

もちろん、気心知れた人と食事に行って過ごしたり、
メラビアンの法則にもあるように、仕事上での見た目を
意識することは大切な忘れてはならない視点です。

 

ただ、それが、自分が1人でいることの寂しさを
まぎらわすとか自分を良く魅せたいという思いだけ
からの行動であるならば、本末転倒です。

 

また、お金持ちであるかのように周囲に見られたい
という思いから、分不相応な買い物を行うことは、
自分の資産を増やすことにつながりにくい行動を
取ることになってしまいます。

 

仕事にせよ資産運用などお金の面にせよ、
まずは「自分がどうありたいか」を考えることが
出発点だと私は思います。

 

そして、1人で過ごしていることで、自分らしく
過ごせる、精神的な充足感を得られる時間を
作れることこそが、大切であると思います。

 

お金があれば幸せになれる
ではなく、
自分らしく楽しさを満喫しながら過ごせる
からこそ、
精神的な充足感を得て、前向きな日々を
送ることができるのです。

 

あくまでも、お金、はそんな生活の充足感を
バックアップしてくれるツールであること、
ここを忘れないで下さい!

 

ケセラセラ横浜:https://fpoffice-yokohama.com/

ラジオ:https://fpoffice-yokohama.com/audio/