みなさま、こんばんは。FP大家、

ケセラセラ横浜の齋藤岳志です。

 

今日のNHKクローズアップ現代で

不動産投資、サラリーマン大家の

マイナスな話が取り上げられていた

ので、私なりに思うことを書きます。

 

メインテーマは「ランドセット投資」

これは、土地を持っていない人が

土地とそこに賃貸アパートを建てる

ことをセットで、融資を受けて賃貸

事業を始めることを表現しています。

賃料は家賃保証をつけて。

 

内容を見ていて1番思ったのが、

 

「ここにアパート建てても、入居者

 つきにくいって、現地見れば

 肌感覚で分かりそうなのに・・・」

 

ということ。

 

取材を受けて出演されていた方含め、

やらなければ良かったと感じている方は、

購入前に業者さんに何度となく確認は

して、「大丈夫、安心して下さい。」と言われ、

それを信じて進んだ。

その結果、10年目で保証賃料が下げられて

手残りが少なくなり、今後に不安を感じている・・・

 

不動産業界に身を置いている方とそうでない

方の情報格差が、このような結果につながって

しまっているのだな、と感じました。

 

現在、国としてもイデコやNISAなどの制度を

活用して投資することを税制面でも後押しして

推奨はしています。

 

ただ、どういう投資をしたら良いのか含めて、

何からしたら良いかを自分で判断できない方が、

まだまだ多いのでは?と私は感じています。

 

先程のランドセット投資に関しても、

売りたいと思っている業者さんに不安な

思いをぶつけても、回答は不安をかき消す

プラスな回答が届けられるのは当然では

ないか、と思います。

 

不動産投資にせよ、イデコなどの金融資産の

投資にせよ、「相談する相手を間違えては

いけない」ということを、切に考えさせられる

番組でした。

 

不安や迷いが生じた時は、利害関係のない

客観的な第三者からアドバイスをもらったり

相談してみるようにして下さい。

 

私も立場上、不動産関連の相談のお受けして

おりますが、相手の思いやバックグラウンドを

しっかりとお聞きして、長期的に見て、マイナス

にならない、失敗しない歩き方を一緒にサポート

させて頂く立ち位置を、今後も貫いていこうと

再確認できました。

 

ケセラセラ横浜:https://fpoffice-yokohama.com/