みなさま、こんにちは。FP大家、

ケセラセラ横浜の齋藤岳志です。

 

唐突ですが、「アンコンシャスバイアス」って

言葉、みなさんご存じですか?

 

直訳すると「無意識に持っている偏見」

みたいな意味合いになるのですが、今、

これが企業研修などで取り上げられている

ようです。

 

例えば、

 

トラック運転手と保育士の夫婦の場合、

家事や育児は保育士にばかり負荷が

かかるから大変だ!

 

と聞いたとします。

 

この時、みなさんは、この表現のどこに

バイアスがかかりやすいと思いますか?

 

私は、無意識的に

「夫=トラック運転手、妻=保育士」

と捉えてしまいましたが、

「夫=保育士、妻=トラック運転手」

の場合もあるという視点が抜けてしまう

というバイアスがかかっていました。

 

人生経験を重ねる中で、無意識的に

身についてしまったと思われる

「思い込み」って恐いな、と感じました。

 

この話を聞いたときに、これって

資産運用にも通じるのではないか?と

思いました。

 

例えば、不動産投資と聞いた場合・・・

「騙される」

「借金が恐い」

などのネガティブワードを思い浮かべる

方が多いのではないでしょうか?

 

これって、なぜでしょう?

 

昨年スルガ銀行のニュースが取り上げられた

ように、マスコミなどでは、マイナスな情報が

取り上げられることが多いからではないか?

と私は思います。

 

たしかに、改ざんのようなやってはいけない

ことに手を出すのはNGですが、しっかりと学び

準備をして、NGになるようなことはせずに

スタートしている方も報道されないだけで

たくさんいらっしゃいます。

カメのように歩みは遅くても着実にコツコツ成果を

あげているような方には、スポットがあたりにくい

のかもしれないな、と。

 

私は、FP大家という立場です。

 

相談にいらして頂く方は、しっかり学んでスタート

したいという方が多いのですが、アンコンシャス

バイアスの話を聞いて、バイアスのせいで興味は

あるのに一歩を踏み出せないような方の背中を

いい意味で押して差し上げられるような存在で

いたいと感じました。

 

ケセラセラ横浜:https://fpoffice-yokohama.com/