男って、、 | 心と身体と魂と ブラジル愛★炸裂
2018-06-23 07:00:45

男って、、

テーマ:生きたい人生を生きる
最近どうも夫へのイライラが再燃してしまい、

これはきちんとみないといけないタイミングだと思って

改めてEFTで自分の感情解放していった。




そしたら芋づる式に

現在から過去へと

私に関わりのあった男性達への感情につながっちゃって

自分でもびっくりしている。




実感として

この夫へのイライラが

夫そのものへのイライラではなて、

今までの人生で私に関わった男性、父親をはじめ

性的関係があったなしにかかわらず

過去に関係のあった全ての男性に向かっているものだと気づいたのだ。




男って、どうしてこうなんだ?

男ってこういうもの。




男性というものは私がこういう気持ちになるような行動をとると信じ込んでいるわけだけど、

逆に言えば上記のような思い込みがあるから、

何か事あるごとにそいう色眼鏡で見ていた訳で、

その思い込みに沿った行動を見つけては

「やっぱりね」

と思い込みを深めて言ったわけだ。

無意識にね。




言い方を変えればそのイライラの原因は

その思い込みにの方にあって、

むしろ自分が男達にそうさせていたんだ。

そうするのを野放しにしていたのだ。

嫌だと思いながら

それをどうすることもできないと思い込んでいたというかね。



男の前では、

言ったらお父さんの前では、

私は自分の要求を押し通してはいけない、

結局は自分が折れるしかない、

みたいな。



そうつまり今のこのイライラを作り出していたのは自分な。




感情のワークしてれば

こういうことは理屈では答えはわかってるんだけど、

頭でわかるのと感情が納得いくのは違う。



感情のストレスに苛まれている時というのは

IQは低くなり

学習障害状態に陥る。

つまり

思考が堂々巡りして他の考えに至れない。

新しいアイデアも浮かばない。

何かに捕らえられてそちらにエネルギーを取られて同じことを繰り返す。

それは今気づくべき本当の答えがわかるまでつづく。



それが夫へのイライラという問題として私の目の前に現れ、

ずっと現れつづけていたけど

ついに我慢できなくなったのだ。

あまりにもくりかえすから。

でやっとその問題と対峙すべく

しつこいセルフタッピングで

昨日ついにそれがそれが感情レベルで腑に落ちた。



腑に落ちるの腑って内蔵のことね。

以前も言ったように感情は身体にある




なので感情レベルで心の底から

つまり体感覚をもってわかる事を


腑に落ちる


というのだけど、

字の如くそのレベルでわかったのだ。



頭でわかるだけでなくそう感じて違和感のない状態。



私は今まで思っていた以上に自分の意思を通していい。

嫌なものは嫌だと言い切り、

こうしてほしいということをもっとストレートに言って良い。

そうすることで好かれることも嫌われることもない。

何もジャッジされない。




きっと小さな私は

お父さんの言うこと聞かなきゃいけないと思っていたんだね。

いい子でいないと愛されないとかね。





実際お父さんはそんなことでは嫌わないのだ。




小さい私が誤解して、

そうだと信じてしまったことが

大人になった今でも

ひょんなところに影響してたりする。




むしろ私たちはそういう思い込みでできている。




何かうまくいかないと思うこと

そこを見ていくと

そこにはちゃんと原因があって

今欲しいと思っている答え(お宝)が隠されている。



結局はもともと愛しかなかったのにね。



幼すぎて未熟なために

守られようと愛されようと勘違いしたこと、

諦めたこと、



それは本当はただの思い込みだったと気づいた時、

自由になれる。


そしてもう同じところには戻らなくなる。







これが感情の呪縛からの解放。













ラテンアメリカランキング ←ポチッと応援お願いします٩(♡ε♡ )۶
ブラジルランキング ←こちらも是非ポチッと٩(♡ε♡ )۶

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へにほんブログ村  ←是非是非ポチッと٩(♡ε♡ )۶

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へにほんブログ村 ←頼みすぎですか?٩(♡ε♡ )۶

YUKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]