身の丈と今後

テーマ:

いよいよ、自分の会社を閉じる方向へ準備始めた。

たくさんの思いはあるけれど、家族のため、自分のため、

またサラリーマンの道を歩もうと思う。


いろいろこのブログでもたくさんの人に応援してもらった。

本当にありがとうございました。


いつかまたチャンスが巡ってきたらよろしくお願いします。


先日、就職活動を始め、面接先の社長さんと一杯飲んだ。

やっぱり、身の丈を超えていたのではと。


自分でも知らず知らずのうちに身の丈を超えてしまって

いたのでは感じていた。もう少し焦らずコツコツ進めていれば

こんな失敗はなかっただろうし、甘さが露呈してしまったのだろう。


でも、この失敗は絶対に今後に生かしていきたい。自分の人生

だからこそ無駄な物はないと信じたいし、きっと失敗を糧にできる

時がくると信じている。


上海というチャンスが多い都市だけど、そこには本当に厳しい

競争やビジネス環境があったのは事実。もっともっと自分には

修業が必要だな。。そんなことを感じながら再就職活動をはじめて

いる。もちろん上海で働ける口を中心に探っているところ。


既に内々定いただいたところもあるが、もう少しこの世界をみて

みたいな。


次のブログが最後になると思うけど、これまでこっそり、もしくは

ペタやメッセージで応援してくれた方々に感謝を述べたい。

ほんとうにありがとうござました。


就職決まったらこのブログで報告し、上海鷹の起業奮闘記を

最後にします。

近況報告

テーマ:

かなり久しぶりの更新になりました。

3月に事件が発生して、うーーんキャッシュショートして

いる状況で、ちょっと会社運営が厳しくなってきたな。。。


キャンセルした商品の返金がつまってしまって、それが

いまだに返ってこない。。。

ちょっとこれ以上リスク抱えられないし、いま店じまいも

考えています。


所詮いまは個人事業で、リスクはすべて自分に降り注いで

いる状態。資本金をつのって続けることもできるけど、

投資してもらった人にリターンがどれくらい出せるかは

疑問だな。なぜかというと、希少元素ビジネスで3月からかなり

市場価格が下落し(ヨーロッパ市場の影響)して、これから

新しい戦略でいこうと思って、銀行からお金をかりてとおもって

いた矢先に、うまみがなくなり、加えてキャッシュつまり事件。


起業家はそれでも立ち上がるのが本当の起業家だと思うが、

家族持ち起業家にとって、シビアな選択を迫られるのも

事実なんだよな。


誰か事業を引き継いでくれる人がいれば譲ろうかな。

ブログの読者で興味ある方いたら連絡くださいね。


あと1月はゆっくり考えます。。。

我が家の事業仕訳

テーマ:

まだまだ日本での問題は解決してないけど、

こっちでは、待つしかない。心は何かしてないと

ネガティブに引っ張られてしまうから、何かしてないと。


で、我が家の事業仕訳をしようと決断。

土曜日から今日にかけて相当リストラした。


まずは、通帳記帳から。


以外に項目少ないなーーっていう感じ。


出費でどうにもこうにもでかすぎなのが、携帯。

ソ●トバンクは高すぎ。2台で3月は56000円。

このままいけば、破産コース。

海外で受けるだけだけど、どうもかかりすぎ。

で、1台(かみさん)は残して、ドコモに戻した。


これでどれくらい効果がでるか。目標は1万5000円

で4万円のリストラ。


あとは、光熱費と電話くらいだから難しい。カード払いは

海外だとどうしてもあるけど、極力現金でキャッシュアウトに

ならないようにしなければ。。。


さーー、あとは。。。。車だ。ぼくは趣味は車。でも今回の

事件でいろいろ考えて、人生観が変わったぼくは大事にしていた

車を売った。数十万円にはなった。これで、保険や税金分は

リストラできた。今回の日本事件で人生、車の趣味はやめたのだ。


今回の自分なりの学びのキーワードは、感謝、家族、夢。


その中に車は必要ない。これからは自分のためではあるけど、

関係した人に時間をささげていきたい。夢のためにまい進していきたい。

そう思うようになった。


ほんと、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう。

今が一番幸せなんだよ。














最終目的地

テーマ:

現在抱えているトラブルは解決していないけど、

どっちに転んでも、自分は今回大きなものを得た、学びを得た。

今回の問題がなければ、立ち止まることを忘れ、自分の現在地を

見失い、目指している場所なきまま進んでいってしまったのかも

しれない。


最終目的地=最終目標=ミッション


自分はいったい何がしたくて、起業したのか?

今やっている事業は一生の仕事ではない。そう考えている。

今回のトラブルの中で自分の現在と将来をじっくり考えることが

できた。


やっぱり、教育にかかわりたい。能力や夢を開花させてやれる

仕事に自分の残りの人生を費やしたい。学校をつくること。

これがぼくの最終目標だな。それを目標に突き進んでいく。


今回のトラブルも元をたどれば、短期的に考えすぎ、焦りが

生んでしまったのかもしれない。もっと5年、10年、20年先を

みてどの道を歩むことが、いまのぼくには欠けていたし、

もっとも必要なことだった。


あと、今回自分なりに得たこと。


・感謝。なんでも自分だけではことは進まないしできないことに

 気付いた。家族も、親戚も、取引先もみんな自分のために

 手を差し伸べてくれているのだ。本当にありがとう。ありがとう。


・頑固さのむなしさ。

 起業するとともすると、社長だからとか、俺が責任とるのだから

 と気張ってしまうものだろう。これで人の話を遠ざけてしまうことも

 あるだろう。かみさんにはあなたの頑固は治した方がいいと。

 プライドが頑固さを助長しているのか、自分のためにアドバイス

 くれる全ての人に感謝して、自分を無にしていくことも大切だと。


・精一杯やる

 とにかく、自分にできることはあきらめずにやるということ。

 ああ、やっぱり駄目だ。そう思ってあと一歩。とにかく頑張る

 粘りず良さは本当に大切だなとおもう。


・全ては自分が作り出した現実。そして、現実をとらえるのも自分

 何かあると人のせいにしたくなる。人のせいにしても問題解決でき

 ない。また、いま直面している問題をどうとらえるか。それが大事。

 社長をはるなら、それがかなり重要な要素じゃないかな。


とにかく、今回をばねに大きく社長、人間として成長したい。



感謝あふれる

テーマ:
最近は仕事で大きな問題が
長引いているせいもあり、
疲れ切っている。

そんな中、かみさんが日本に元気付けに
来たり、近所のおばちゃんがよる飯の
差し入れくれたり。

震災の影響は停電くらいで、そもそも、
生きているし、家もあるし、ご飯も
食べられなんて幸せなんだろう。。。

関わって助けてくれた人はもちろん
ご飯にもお風呂にもすべてに感謝したい。

前職でも多くの中小企業の社長に
お世話になった。彼らは一様に
腰が低かった。今回の事件もそうだけど、
社長は大なり小なりたくさんの苦難を
乗り越えて、過程で自然と感謝の人に
なっていったんだろうな~。

自分もここで立ち止まってられない。
七転び八起き。感謝忘れず一歩でも前に進みたい。

できること

テーマ:

まだまだ日本では連日地震の情報がテレビを通じ

新聞を通じ、ラジオを通じ流れている。

行方不明者はまだ多数いる。


身内が亡くなるということは本当に価値観を

一気に変えてしまう。場合によっては心の病に

なる人も相当数いるだろう。

ぼくも既になくしているから、身内が亡くなる

悲しみは良く分かる。行方不明なんて、

もっと引きずるんじゃないかな。


そろそろ中国へ戻らなければならないけど

なにかできないかと考えた。

ボランティアはできないから義援金しかないな。

日本のアパレルビジネスの10%の売り上げを

義援金として寄付することに。


今しかできないこと。できること。

少しでも困っている人が幸せになりますように。。。

困難に立ち向かう力

テーマ:
日本での問題はまだ解決していない。
どうするかなーと考えても、やるだけは
やったので、待つしかないな。。

ここ何日かで、億万長者専門学校を
読み切った。

その中で、

「自分は向いていないと思うことが
あるだろう。それは向いていないのではなく、
やり方に慣れていない、分からないだけ。」

だと。

自分の心が見透かされている様な
気がした。こういう困難なことは
誰でもある。あきらめたらそこで
お終い。せっかく起業したんだから、
行き着くところまで頑張ろうと思う。

後は家族だ。自分一人とは違う。
サラリーマンに戻るのは簡単。
だから家族の同意と一丸になっている
ことは必須だと思う。

いつか今の苦しみが、笑える日を夢見て。

生き方を見つめて

テーマ:

日本でのトラブルもほぼ終息にむかっている。

あああ、ほんと大変だった。まだ終わってないけど、

あとはお金を回収しておわり。

万一もあるかも知れないけど、それも自分の運命。

全部うけいれるよ。


今回は本当にいい機会だった。自分の弱さも強さも

得意、不得意、親戚、家族関係。すべてを見なおす

いい時間だった気がする。


ガソリンも貴重だから自転車でふらっと書店へ。

『億万長者専門学校~実践編~』の本を手に取った。

タイトルは結構ちゃらいけど、いい本だな。

いまの自分にぴったりの、生き方を見直すマニュアルって

感じだ。


自分は何のために仕事をしているのか、生きているのか、

何に向いているのか、そんなことを見直させてくれる良本。


来週に中国戻るけど、もう一度事業も、生き方見直してみたい。

妥協はしたくない

テーマ:
被災でトラブった案件はなんとか
解消しそうだけど、まだ明日にならないと
分からない。

とにかく払い戻しがまだなのだが、
明日は本当は中国に帰る予定だったけど、
一緒に銀行へいくことにした。。。

ほんとに、ビジネスだけでもリスクあるのに
震災が加わって、さらに倍増。
便乗して悪い連中もいるだろう。
さらに増えるかもしれない。

どうするかなー、この事業。
今回だけでなく、今後も出てくるでしょ。
そもそも、レベルの高い人はあまりいないので
いつもリスクにドキドキしてやらなあかん。。

もう少しじっくり考えよ。。。

相対的モラル低下?

テーマ:

相変わらず地震のニュースがつづく。

今日はお彼岸の中日ということでお線香をあげに

親戚まわり。


で、さっき帰ってきた。で、ポンポーン、、、

「警察です、ひき逃げ事件が起こりまして聞き込み

をしております。。。」


大震災は人の基準、命の重みとか人のモラルの

相対的低下が起こっているんじゃないかなと

思っている。こういう時こそ、日本人の気高き道徳心

を発揮するときじゃないかなと思う。


被災して工場や事務仕事がうまく軌道に乗らない

ところもあるだろう。でも、震災を理由にできないと

あきらめてはいけないと思う。未来に向かっていま

できるできる限りのことはすべきだし。。。


振り込め詐欺が、この地震に便乗して横行しているらしい。

本当に人間として最低だな。モラル以前の問題。


自分もこっちへきて、震災の影響は受けているが

命はある。関東の人はそんな気持ちがいまはまだあるから

いろいろ不自由な停電やガソリン不足も文句ひとつない。

ここからが日本特に東北は大変だし、疎開してきた人は

故郷をすてて、日本のどこかに移住しなければならないこと

を考えると本当に心が痛い。


自分も今回を機にいろいろ考えさせられた。

今一度自分と家族、その未来を考える時だと痛感している。