キッズクラス | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!

みなさん、こんにちは!

今、日本はラグビーのワールドカップやバレーボールのワールドカップで盛り上がっていますね!私はスポーツが大好きで特にバレーボールが大好きです。小学5年生からバレーボールをはじめ約16年間バレーボールをしていました。先日ルームメイトとバレーボール男子の日本vsイタリアと日本vsポーランドの試合を見ました。日本は高さがない分、粘り強く根性があるチームだなと感じました。私は特に日本のリベロ(レシーバー)の選手のプレーを見て感動しました。相当な努力をしてきた選手だと感じました。もちろんスパーエースの石川選手も本当に素晴らしい選手だと思いますが、ぜひバレーボールを見る際はリベロの山本選手に注目してください!!

 

さて、今回は私が担当しているJICのキッズクラスについて少し紹介します。

今キッズクラスは4クラスあります。中級、初級の上、初中級、初級のクラスがあります。オーストラリア人や中国人など国籍は様々です。年齢は5歳から10歳ぐらいです。みんなゲームがとても大好きでひらがなやカタカナを使ったゲームやいろいろな単語を使ったゲームをしています。みんな元気でパワーがすごくあるのでゲームになると本気になり負けて泣いてしまう子もいます。(笑)日本みたいにずっと座って授業をしてしまうと、すぐに飽きると思います。私は語学を勉強する中で「楽しい!」と思える気持ちが一番大切だと思っています。なので、常に「楽しい!」と思ってもらえる授業を心がけています。

みんなが苦戦しているのが「ひらがな」「カタカナ」です。「い」と「こ」、「ぬ」と「め」など同じ文字にしか見えないと、つぶやいていた子がいました。気持ちはすごく分かります…。しかし練習していくうちに、ひらがなとカタカナが読めるようになっています。キッズクラスは結構成長がみられるので私自身とても嬉しいです。

 

キッズクラス全体で月に一回日本の文化の勉強もしています。折り紙で作品を作ったり日本の季節の行事に合わせていろいろな体験をしています。みんな作品作りが大好きなので、来タームも引き続き、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。

写真は、七夕のときにつくった短冊です。

 

 

キッズクラスは教案づくりが難しかったり、準備が大変な時もありますが、私自身とても楽しく素敵な経験をしています。これからも日本語を勉強してくれているキッズクラスのみんなと楽しく授業をしていきたいと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

季節の変わり目ですので、みなさん風邪には気を付けてお過ごしください。

 

-日本語教師育成プログラム―

弊社ではインターンシップ生の育成を行っており、目的にあわせた2つのプログラムをご用意しています。
①教壇に立って日本語を教えたい方向けインターンシッププログラム教壇で自信を持って教えられるように教師に必須の技術や知識、教案作りの方法をしっかり身につけていくプログラムです。

 インターンシップのプログラムの詳細はこちらから↓

https://www.japanese-teacher-internship.com/


②インターネットで教えたい方向けのプログラム 

日本語教師の勉強をしたことがない方が対象のビギナー向けの講座です。日本語の学習をしたことがない「ゼロ学習」の生徒を対象にe-ラーニングで日本語を教えるノウハウを学びます。

 インストラクターの詳細はこちらから↓

 https://www.polyglots.net/information/japanese-