日本語教師を通して | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!

こんにちは。 

メルボルンは寒さがより厳しくなり、1年で最も日の時間が短い時期ですが、皆さんはいつも通り起きられていますか? 

 
 

私事ですが、家庭の事情により今回のタームでJICでの仕事を終えることになりました。 

今日は私の日本語教師を通して感じたことをお話ししようと思います。 

 
 

私は結婚を機に来豪しました。 

さあ、メルボルンでどんな仕事をしようかと考えた時に、まず日本人であることを武器にした仕事をしたいと強く思いました。 

また教えることが好きなので、それらを結び合せた時に日本語教師が浮かびました。 

できるかな、、未知の世界だけど興味を持ったことは挑戦してみようと思いました。 

そこでメルボルンで日本語教師養成コースを修了し、それからJICで約2年間、日本語を教えてきました。 

 
 

最初の1年は教案や教材作りで毎日が慌ただしく、授業前も緊張の連続。 

楽しむ余裕など持てませんでしたが、いざ授業が始まると学生たちの意欲的な姿を見てパワーをもらったり励まされたりしました。 

また既習項目で会話が続くようになり、上達が見えた時は何よりの喜びを感じるようになりました。 

そして、だんだん教壇に立つことが楽しみにもなりました。 

 
 

当たり前ですが、学生はみなさん日本に興味を持った人たち。 

日本に関することは日本人なら当然知っているだろうと色々な質問を投げかけてきます。 

 
 

「東京の人口は何人?」 

「ポン酢のポンはどういう意味?」 

「ニホンとニッポンの違いは?」 

 
 

もちろん、どんな質問をされても答えられるように授業準備では聞かれそうなことを調べておきます。 

しかし、授業では突拍子もない質問もよく出てくるので、うっかり忘れてしまった、又は知識不足だった為に、100%自信を持って答えられない時もありました。 

日本のことを如何に知らないかを痛感した瞬間でしたが、逆にもっと色々な角度で歴史や文化などを見てみようという気持ちが強くなりました。 

気にも留めなかったことに少しアンテナを張るだけで、日本の持つ素晴らしさを改めて気づくことができました。 

 
 

日本語教師は言語学習のみでなく、日本に対しての発見もある、やりがいのある仕事だと誇りに思っています。 

 

 

 

 

これは最後の授業で学生達に頂いたものです。 

このようなプレゼントや感謝の言葉はかけがえのない財産です。 

 

 

 

 

-日本語教師育成プログラム―

弊社ではインターンシップ生の育成を行っており、目的にあわせた2つのプログラムをご用意しています。
①教壇に立って日本語を教えたい方向けインターンシッププログラム 教壇で自信を持って教えられるように教師に必須の技術や知識、教案作りの方法をしっかり身につけていくプログラムです。

 インターンシップのプログラムの詳細はこちらから↓

https://www.japanese-teacher-internship.com/


②インターネットで教えたい方向けのプログラム 

日本語教師の勉強をしたことがない方が対象のビギナー向けの講座です。日本語の学習をしたことがない「ゼロ学習」の生徒を対象にe-ラーニングで日本語を教えるノウハウを学びます。

 インストラクターの詳細はこちらから↓

 https://www.polyglots.net/information/japanese-