フラワー&ガーデンショー | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

ブログを読んでくださいっている皆様こんにちは。

 

3月が終わってもう4月になってしまいましたね。

月日が経つのが物凄く早く感じるのはわたしだけでしょうか?

メルボルンはつい先月までとても暑く感じていましたが、最近ではコートやダウンを着ている人を見かけます。段々にこちらは冬に近づいています。

日本は今ごろ桜が開花中でしょうね!日本のニュースやブログなどでピンクの街並みをあげていることが多くなりましたね。

 

さて、今回わたしのブログの番がまわってきたということで、何を書こうか迷っていましたが、先日「Flower and Garden show」というイベントに参加しました。初めての参加だったのですが、とても感動的だったのでそのお話をしたいと思います。

 

まず、入場料は一人30ドルかかります。

毎年開催しているそうです。中はとても広く地図が渡されます。

 

タイトルの通り、花と庭のイベントなのですが、

 

ワークショップなどもあります。その中のRyobiというワークショップに私たちは参加したのですが、鉢植えの棚を作る簡単な作業です。スタッフ一人が前で見本を見せてくれるので順々に一緒に作業していく形になります。今流行りのDIYですね!最初は全然興味がなかった私ですが、なかなかやってみると楽しかったです。帰りに作った棚は貰えます。そして、給水ボトル、スコップ、パンジーの種もプレゼントされました。そして、これも無料です。Ryobiという会社は日本の会社だそうです。これも、また驚きでした。知っている人はいるのかもしれませんが、私にとっては名前さえもピンときませんでした。

 

お昼はポテトの上に豆やチーズがのった食べ物を食べました。名前は忘れましたが、とても美味しかったです。今まで行ったイベントはアジアの食べ物が多かったですがこのイベントではウェスタンの食べ物が多かったです。メルボルンにしては、珍しいなぁとも感じました。それから、お花の種で作ったカクテルなども売られていました。

 

食べ物やガーデングッズ、花の展示などは外で行われていますが、館内でもお花で作ったドレスが展示されていたり、日本の生け花が展示されていました。フラワーアレンジメントのワークショップも館内で行われていました。

 

 

私にとっては初めての参加でしたが、また行きたいと思うイベントでした。

毎年春に行われるメルボルン国際フラワー&ガーデンショー (http://melbflowershow.com.au/)。今年はもう終了してしまいましたが、興味のある方は、25周年を迎える来年、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

-日本語教師育成プログラム―

弊社ではインターンシップ生の育成を行っており、目的にあわせた2つのプログラムをご用意しています。
①教壇に立って日本語を教えたい方向けインターンシッププログラム 教壇で自信を持って教えられるように教師に必須の技術や知識、教案作りの方法をしっかり身につけていくプログラムです。

 インターンシップのプログラムの詳細はこちらから↓

https://www.japanese-teacher-internship.com/


②インターネットで教えたい方向けのプログラム (2019年5月開講) 日本語教師の勉強をしたことがない方が対象のビギナー向けの講座です。日本語の学習をしたことがない「ゼロ学習」の生徒を対象にe-ラーニングで日本語を教えるノウハウを学びます。

 インストラクターの詳細はこちらから↓

 https://www.polyglots.net/information/japanese-teacher01/

 

JIC Language Schoolさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ