私の休日 | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

ブログを見てくださっている皆様こんにちは。

 

メルボルンはとても暑い季節になっています。時には40度を超える日もあります。先日、私の両親から「今日、雪が降ったよ」などと、日本の状況が伝えられ、そのギャップにとても驚きました。

 

メルボルンは1日に四季があると言われているほど、気温の差が激しいです。例えば、一日の最低気温が13度、最高気温35度ということも、決して馬頭かしくありません。体調には気をつけていないとすぐ風邪をひきます。

 

さて、今日はわたしの休日についてお話ししたいと思います。

わたしはまだ新米先生なので、休みの日も教案を書いたり、教案のことを考えて教案の夢をみたり、授業をしている夢をみたりしている毎日なのですが。。。それでも週に一度はどこかへ行ったり、何か楽しいことをしようと試みています。

 

先週は餃子パーティーを友達のお家でしました。わたしが日本の餃子のタネを作り、そのあとみんなで餃子の形をつくりました。画像は私の元にはなくみなさんにお見せできないのは残念ですが、楽しいパーティでした。

先々週はビーチへ行きました。オーストラリアにはたくさんのビーチがありますが、「セントキルダビーチ」はメルボルンの誰もが知っているビーチです。ビーチの近くにはカフェがあり、シティーからもトラムで行けます。ちょっとビーチ行ってくるという距離にピッタリな場所です。少し疲れた時に、海を眺めたり、海辺を歩いたり、そんなことを海なし県で育った私には考えた事もなかったです。

 

今の時期はまだ8時でも明るいですし、とても暑い日でもあります。海辺にはたくさんの人が寝そべっていたり、散歩していたり、セントキルダビーチはいつも賑わっています。ぜひ、メルボルンを訪れた際には行ってみて欲しい場所の一つです。

 

写真はセントキルダビーチです。

それでは、今日はここで終わらせていただきたいと思います。最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

 

最後は向きが合っていなくてすみません。

ご了承ください。

 

 

―日本語教師育成プログラム―
弊社ではインターンシップ生の育成を行っており、目的にあわせた2つのプログラムをご用意しています。
①教壇に立って日本語を教えたい方向けインターンシッププログラム 教壇で自信を持って教えられるように教師に必須の技術や知識、教案作りの方法をしっかり身につけていくプログラムです。

 インターンシップのプログラムの詳細はこちらから↓

https://www.japanese-teacher-internship.com/


②インターネットで教えたい方向けのプログラム (2019年3月開講) 日本語教師の勉強をしたことがない方が対象のビギナー向けの講座です。日本語の学習をしたことがない「ゼロ学習」の生徒を対象にe-ラーニングで日本語を教えるノウハウを学びます。

 インストラクターの詳細はこちらから↓

 https://www.polyglots.net/information/japanese-teacher01/

 

JIC Language Schoolさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス