私のメルボルンでの出会い | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

こんにちは!9月になり、メルボルンは春を迎えましたが朝と夜はまだ少し冷え込みます。

日本では台風や地震による自然災害がおきていることをニュースで知りました。どうか安心できる場所で出来るだけ安全に過ごしていただけたらと願っております。

 

さて、今回は「私のメルボルンの出会い」についてお話します。

私はメルボルンに来て9ヶ月経ちました。JICで働く前は語学学校に2ヶ月ほど通い、その後、約3ヶ月間メルボルンにある小学校で日本語教師アシスタントとしてボランティアをしていました。

子どもたちは本当に素直で可愛くて毎日毎日癒されていました。日本語環境の家庭の子や全く日本語環境ではない家庭の子、みんな一緒に助け合いながら日本語を勉強している姿を毎日見ていてパワーをもらっていました。

小学校の先生方やアシスタントの方々が本当に親切でフレンドリーで先生方の授業はもちろんのこと、みなさん本当に芯がしっかりしていてかっこ良くて、学ぶことが多いです。そして私自身、色んな面で助けてもらいました。この出会いがなかったら私はこんなにもメルボルンを楽しめていなかったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。この縁はずっとずっと大切にしたいです。出会いを大切にして、しっかり恩返しをします!

JICでも素敵な先生方と出会い、素敵な学生さんと出会い私は本当に幸せな環境にいます。

初めてデモレッスンをした時、何者か分からない私に対し親身になってフィードバックをしていただきました。悔しかったですが、感謝の気持ちでいっぱいでした。その時に先生方についていきたい!JICの先生方から沢山いろんなことを学びたい!と強く思いました。今、日本語教師として楽しんで働けているのも先生方のおかげです。そしてメルボルンに来ることを応援してくれている家族に感謝です!!

先日、家族がメルボルンに来てくれました。とても嬉しかったですが1歳になる姪っ子は私のことを覚えていなかったのか、私が「おいで!」と言ったら、すごく嫌そうな顔をしていました・・・おばさん頑張ります!!笑

 

今回の記事とは関係ないですが、私の大好きな場所「セントパトリック大聖堂」です。

 

 

―日本語教師育成プログラム―
弊社ではインターンシップ生の育成を行っており、目的にあわせた2つのプログラムをご用意しています。
①教壇に立って日本語を教えたい方向けインターンシッププログラム 教壇で自信を持って教えられるように教師に必須の技術や知識、教案作りの方法をしっかり身につけていくプログラムです。

 インターンシップのプログラムの詳細はこちらから↓

https://www.japanese-teacher-internship.com/


②インターネットで教えたい方向けのプログラム (2018年9月開講) 日本語教師の勉強をしたことがない方が対象のビギナー向けの講座です。日本語の学習をしたことがない「ゼロ学習」の生徒を対象にe-ラーニングで日本語を教えるノウハウを学びます。

 インストラクターの詳細はこちらから↓

 https://www.polyglots.net/information/japanese-teacher01/

 

 

 

 

 

 

JIC Language Schoolさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス