まずい食べ物? | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

こんにちは!最近のメルボルンは、昼間は暖かく日も少し長くなり、春が近づいているなと感じられるようになってきました。皆さんはお変わりなく元気にお過ごしでしょうか。

 

今日は食べ物についてのお話しです。

 

私のクラスでは、学生の誕生日やターム最後の週にミニパーティーをすることがあります。

皆さんそれぞれ素敵なお菓子や軽食を持って来てくれます。中には、手作りおにぎりをコンビニの包装袋(フィルム)に入れて持って来てくれた学生がいました。すごい!海苔がパリパリしたおにぎりは久しぶりで、本当に日本のコンビニおにぎりを味わえた気がして感動しました。

 

さて、私はと言うと、納豆を持っていくことがよくあります。

ビギナークラスでは「私は納豆を食べます。」「私は納豆が大好きです。」などと、納豆推しで新しい文法に触れるのですが、納豆のことを知っている学生もいれば(不評ですが)知らない学生もいるので、このような機会を借りて試食してもらいます。

 

納豆を食べたことがある学生が率先してパックを開け、中身や食べ方を披露してくれることもしばしば。

なのですが、、、残念ながら時々、付属のタレとからしをかけて、そのまま食べようとしている学生さんがいらっしゃいます!!

そうですね、混ぜなければなりませんね。

「え〜!知りませんでした!」よくある反応です。

私も混ぜていない納豆は美味しいと思わないのに、そりゃ皆さん、好感が持てないはずだと心の中で思いました。

 

正しい食べ方でも「まずいです。」と言う学生が大半ですが、私も同様に間違った食べ方で食べて距離を置いているオーストラリアの食べ物を思い出しました。それはベジマイトです。

 

皆さんは美味しく召し上がっていますか。

ビールを造る際に出るイースト菌抽出物を原料とした黒いペースト。オーストラリア人の国民食(?)でトーストに塗って食べられています。

私もかなり前ですが、食べたことがあります。見た目と匂いはチョコレートみたいですが、実際は味噌のようなしょっぱい味がして、苦手な味だったのを覚えています。

 

この話を以前、学生に聞いてもらったことがあるのですが、学生達は口を揃えて、そりゃベジマイトだけのトーストなんて美味しくないよ〜!という反応でした。トーストにまず多めのバターを、それからベジマイトをほんの少しだけ、薄く塗るのが正しい?一般的な食べ方だそうです。

なるほど、ネイティブの情報はきっと間違いないでしょうから、信用して再チャレンジしてみたいと思います。

次回ベジマイトについて聞かれた時に「美味しかった!」と感想が言えられますように。。。

 

 

―日本語教師育成プログラム―
弊社ではインターンシップ生の育成を行っており、目的にあわせた2つのプログラムをご用意しています。
①教壇に立って日本語を教えたい方向けインターンシッププログラム 教壇で自信を持って教えられるように教師に必須の技術や知識、教案作りの方法をしっかり身につけていくプログラムです。

 インターンシップのプログラムの詳細はこちらから↓

https://www.japanese-teacher-internship.com/


②インターネットで教えたい方向けのプログラム (2018年9月開講) 日本語教師の勉強をしたことがない方が対象のビギナー向けの講座です。日本語の学習をしたことがない「ゼロ学習」の生徒を対象にe-ラーニングで日本語を教えるノウハウを学びます。

 インストラクターの詳細はこちらから↓

 https://www.polyglots.net/information/japanese-teacher01/

 

 

 

JIC Language Schoolさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス