じどうはんばいき | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

ブログを読んでくださっているみなさま、こんにちは。

 

3月が始まりました。

以前書かせていただいたブログで4月のアンザック・デーについて触れましたが、そのときから、もう一年が経とうとしています。本当に時間が経つのは早いです。”Time flies.”こちらに来て、覚えた表現です。

 

さて、日々楽しく、授業をさせていただいていますが、私にとって”verb”という英単語の発音が難しいように、日本語を勉強されている学生さんにとっても言いにくい日本語の単語や表現があります。

例えば、ビギナーA、入門レベルの最初の授業で習う、自己紹介の結びに言う「どうぞよろしくおねがいします」という表現は学生さんにとって本当に大変な一文です。最初の授業であまりうまく言えなかったから、うちで練習してきたのだろうなと思われる学生さんや、「次こそは絶対に上手に言うから!」と頑張る学生さんの姿を見て、私は新しい学生さんがクラスに参加されたり、他の先生が授業の見学に来られたりした際は、必ず、みなさんに自己紹介をしてもらって、覚えたフレーズを使う機会をできるだけ作ることにしています。

回を重ねるにつれて、学生さんが上手に言いこなせるようなったとき、言葉では言い表せないほどの嬉しさがあります。この嬉しさが欲しいがために、授業をしていると言っても過言じゃありません。とても素晴らしいものです。

 

そんな、私の学生さんが言いにくくされていた言葉の一つに「じどうはんばいき」があります。

日本では、あらゆるところに設置されている自動販売機ですが、メルボルンの シティ内ではほとんど見かけません。駅のホームにあるくらいかと思いますが、それも駅によってまちまちです。メルボルンでは500mlのペットボトル飲料は、ときに1Lの同じ飲料よりも高いことがあります。自動販売機で買うのはもっと高いため利用したことがありません。

 

そんな中でユニークな自動販売機を見つけたので、こちらでシェアしたいと思います。

一つ目はメルボルンセントラルにあった、サンダルの自動販売機です。余談ですが、オーストラリアでサンダルは”thongs”と呼ばれます。学生に「日本にはたばこの自動販売機があるから驚いた」と話してもらった覚えがありますが、私こそ、このサンダルの自動販売機には驚きました。

 

それから、二つ目は学校の近くのパラマウント駅を出て、バークストリートを歩いていて、ふと右を見たらあった、不思議な自動販売機です。よく見るとフォーク付きのサラダが売られています。どんな風に出てくるんだろう・・・と不思議でなりませんでした(こぼれないのかな・・・と)。いつかチャレンジしたいと思います。

 

まだまだ驚くことがたくさんあって、ワクワクする毎日です。

みなさまも、素敵な日々を。

 

海外リクルート支援隊では日本語教師とマッサージセラピストのインターンシップ生を随時募集中しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JIC Language Schoolさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。