週末の楽しみ方が上手なメルボルンの人たち | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

ブログを読んでくださっているみなさん、こんにちは。

 

メルボルンは相変わらず、1日1日の温度差が激しく、昨日は40度だったかと思えば、今日は16度なんてこともあり、メルボルンは暦の上では夏ですが、私のクローゼットには今だにコートが置いてあります。

 先日もいきなり、土砂降りの雨が降り、案の定(?)傘を持っていない私は友達とタクシーで帰る羽目になりました。これからメルボルンに来る方は常に上着と傘を常備することをおすすめします。

 

今日はメルボルンの人たちの週末の過ごし方についてお話しします。

 

私の授業では毎回授業の始めに「今週はどうでしたか。」「週末はなにをしますか。」と言う質問をします。

週末の過ごし方が上手なメルボルンの人たちは金曜日の晩から(強者だと木曜日の晩から)週末を楽しむモードに入ります。パブへ行ってお酒を飲んだり、この時期だと海へ行ったり、バーベキューをしたりするそうです。

 

イベントが多いメルボルンではコンサートや、スポーツの大会、お祭りなどが毎週行われることもあってか「週末は何をしますか。」の答えに困る人にあまり会いません。

「週末、先生は何をしますか。」の学生の質問に「働きます。」と答えると哀れられるほどです。

 

「みなさん、楽しんでいますね。」との感想に「当たり前でしょ。楽しんでこその人生よ。」とある学生に言われた時にはっとしました。

 

私にとってこの仕事は大好きな仕事です。

しかし、疲れて来ると心に余裕がなくなり、学生の視点ではなく、(授業ペースをあげるなど)自分の都合ばかり考えたりと心から楽しめていない自分がいるのも確かです。

授業をする時は「誰よりも楽しんでやろう」と言うモットーで日本語教師を始めたなと、学生の言葉をを聞いて思い出しました。相変わらず学生達から学ぶことが多い毎日です。

 

そこで私も…最近バリスタコース(コーヒーの知識やラテアートの仕方を勉強します。)を始めました!とてもワクワクしています。 メルボルンでは色々な面でまだまだ学ぶことがたくさんありそうです。

 

 みなさんもたのしい週末を過ごしてください。

 

 

海外リクルート支援隊では日本語教師とマッサージセラピストのインターンシップ生を随時募集中しております。

 

 

 

 

 

JIC Language Schoolさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス