メルボルンの魅力 | 日本語教師 in メルボルン

日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

ブログを読んでくださっている皆さん、こんにちは。そして、あけましておめでとうございます。

 

メルボルンに来て半年が経ち、初めて年末年始をメルボルンで過ごしました。日本から友人が会いに来てくれて、メルボルン市内を中心に、ビクトリア州のローマカトリック総本山のセントパトリックス大聖堂、

 

カラフルな小屋が有名なブライトンビーチ、

 

リトルペンギン

を見ることができるフィリップ島などを訪れました。

 

のメルボルンの印象は、まず多文化であること。

ベトナム、中国、イタリア、タイなど様々な国のレストランがあることに驚いていました。

メルボルンでは、オーストラリア料理、コーヒーはもちろんのこと、他国の料理も楽しむことができ、飽きることがないと思います。日本食もとても人気があり、お寿司を食べながら通勤しているオーストラリア人を見かけたこともよくあります。

また人がとても親切でフレンドリーだとも話していました。フィリップ島でペンギンを見るための観覧席を探している際、席が砂で汚れていて戸惑っていると、近くにいた家族連れの方々が、砂を手でよけてくれ、座るためのビニール袋を差し出してくれました。お礼を言うと、とても素敵な笑顔を返してくれました。

そして、友人との会話の中で最も多く出た言葉は、とにかく「大きい!」でした。食べ物、建物、自然・・・日本の約20倍の面積を誇るオーストラリアでは、あらゆるものが日本と比べて大きいです。私が特に大きいと感じるのは公園です。メルボルンには至るところに緑豊かな広々とした公園があります。コーヒーと本を片手にリラックス、友人、家族とピクニックを楽しむ人々をよく見かけます。私も公園のベンチに腰掛け緑や花を見て、のんびり過ごすこともあります。また、シェアメイトと公園やビーチにピクニックに行く機会も多く、とても楽しいです。

 

年末年始の友人との休暇を通して、メルボルンの魅力、また貴重な時間を過ごしていることに改めて気づくことができました。日本語教師の仕事をまだ始めたばかりですが、日本語、日本文化を見つめ直し、その魅力を伝えることができる、同時に他国の言語、文化を知ることができる素敵な仕事だと日々感じています。学生さんに楽しさ、達成感を与えられる授業ができるよう努力し続けたいです。今後もメルボルンでの生活を全力で楽しみ、周りの方々への感謝を忘れずに笑顔で過ごしていきたいです。

 

ブログを読んでくださりありがとうございます。皆さんにとって素敵な一年になりますようお祈り申し上げます。

 

海外リクルート支援隊では日本語教師とマッサージセラピストのインターンシップ生を随時募集中しております。

 

 

 

JIC Language Schoolさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス