今度は自転車のブレーキが片方、「バチーン」と切れた。状況によっては死んでもおかしくなかった | 生きていることが奇跡!!宍倉清則のいまのキモチ

今度は自転車のブレーキが片方、「バチーン」と切れた。状況によっては死んでもおかしくなかった

我ながら、まったくブログのネタには事欠かない、と思う。

 

朝の仕事に行く通り道、すごく急な坂道。もし、ここで両方のブレーキが切れたら、目の前は大通り。死んでもおかしくない。考えたら、ゾッとした。

 

長いワイヤーが「バチーン」というカンジで切れた。初めてのこと。まだ自転車屋さんに行ってないので、直るかどうか、わからない。直らなければ、新しいのを買うしかない。

 

24日、自転車屋さんへ。その場で直った。2130円。これぐらいの値段だと、うれしい。ビデオの1万3000円はなあ。

 

ビデオも、テレビも、自転車も、なんでも寿命が来るか。人間に寿命があるように。

 

 

木内みどりさん、死去。69歳。6つ違いか。ということは姉貴と同じだ。

 

 

明日から雨。明日から3日間、松井派の極真の世界大会。3日間とも予報は雨。