チ・チャンウク THE K2ドラマ終了後インタビュー ユナとの恋愛説について | チ チャンウクブログ ドラマ・ミュージカル・歌・動画・画像・最新ニュース

チ チャンウクブログ ドラマ・ミュージカル・歌・動画・画像・最新ニュース

韓国俳優のチ チャンウク君の 応援ブログです!チ チャンウク君に関する最新・過去の情報をアップしてます。 
管理人チャンラブ(chang love)


テーマ:
チ・チャンウク THE K2ドラマ終了後インタビュー ユナとの恋愛説について


今日も仕事でしたが いつもより帰宅が早かったので インタビュー記事訳も又ぼちぼち

アップしていきたいと思います

最近は 仕事がホントにハードで・・・流石に食事の準備も手抜き料理!

栄養剤やサプリにも頼ってる 私です(^▽^;)

早くも師走で 読者の皆様もお忙しいでしょうから どうぞ身体ご自愛くださいませ(^-^)/


  [インタビュー①]チ・チャンウク“ユナと熱愛説に‘また?’と笑った”  




異性間の出会いは余計な誤解を呼び起こす。 共に作品をする俳優も同じこと. 出演する作品ごとに相手俳優との格別な呼吸を自慢するチ・チャンウクも例外ではない。 tvNクムトドゥラマ‘THE K2’(脚本チャン・ヒョクリン演出クァク・ジョンファン)で呼吸を合わせたユナと格別の間で誤解を受けることもした。

これに対してチ・チャンウクは東亜ドットコムとのインタビューで“ユナとの熱愛説は事実無根”と話した。 彼は“ただ熱心にしただけなのに、今回も周辺で誤解をたくさんする。 それで今回も内心‘また?’と考えて笑った。 ユナともこのようなうわさに対して話して笑って騒いだことがある”と打ち明けた。



引き続き“いつも女優と撮影をする時は最大限配慮しようとする。 安らかな雰囲気の中で呼吸を合わせる時最も良い演技が出てくると考える。 それでこそ見る人も没入が高まる。 ところでそれが誤解を生じたりもする。 今回もそのようだ。 ユナと特別な間ではない。 親しい兄さん(妹)といえばぴったり合う表現”と話した。

それでも話題のロマンス場面には恥ずかしさを隠さなかった。 彼は“ユナと撮影入る前に‘どのようにすればさらに美しく見せるか’話をたくさんした。 そのような対話のおかげでロマンス場面が美しく出てきたようだ。 満足する。 事実開始から多くの対話をした。 私たちがすれば見る人もぎこちなく見る。 それで幼稚でもじっと我慢した。 後ほどには鈍っておもしろかったよ”として“もう私も甘いロマンス演技をしたい”と明らかにした。


チ・チャンウクは‘THE K2’を最後に‘アクション ボイコット’を宣言した。 当分だが、ロマンチック コメディをしてみたいという欲からだ。

チ・チャンウクは“その間ロマンチック コメディに自信がなかった。 ‘よく消化することができるだろうか’という心配になった。 ロマンチック的な要素よりコメディ的な部分をよく生かすことができないそうだった。 ロマンチック コメディはコメディが単純な笑いでないコメディが演技と作品に自然に溶け込まなければならない。 私はその部分が自信なかった。 ところでもう挑戦してみたい。 機会がくれば良い”と話した。

東亜ドットコム ホン・セヨン記者projecthong@donga.com


親しい妹!ですって・・・(^-^)/

間を空けずに 次の作品選びをするとインタビューで言ってましたが

ロマンチックコメディーの作品 いいのがあったかな~!?

共演者→毎度これ一番気になるね~

チャンラブさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス