中国はあちら側であった

テーマ:
中国の仮面がはがれたので、トランプとプーチンは戦争を準備している
http://beforeitsnews.com/u-s-politics/2017/01/trumpputin-prepare-war-as-china-removes-mask-2518734.html

特別討論-世界中の様々な情報源から「中国がロシア国境で軍事力の巨大なショーを構築している」と言う追加の報告を受け取っており、最も関心のある軍事装備は明らかにロシア連邦に対する大陸間弾道ミサイルである。パニック状態の共産党政権はロシアの指導者ウラジミール・プーチンにドナルド・トランプとの同盟に入らないよう、さもなければ戦争になるとサインを送っている。

この事件は赤中国がグローバリストの課題の究極の中心にいることを疑う余地が無いことを証明している事実を明らかにしている。共産主義政権は長年の三重の代理人ヒラリークリントンが米国選挙で負けて、彼らの主流メディアの傀儡が心と信頼を失ったので、絶望的になっている。

また重要な点:インドはおそらく敵対的な中国とパキスタンの主要ターゲットを攻撃する準備をしている。




--------------------------------------------
中国が世界の覇権を狙っているのはみえみえである。バックはロスチャイルドと言われる。その手先のヒラリーと共謀していたと思われる。白龍会はその中国の宣伝マンである。
フルフォード氏も共謀しているとは思わないが、白龍会の宣伝マンであるので、宣伝のお先棒を担ぐ形になっている。フルフォード氏はロシア国境のにらみ合いは、これからの話し合いの主導権争いであると、週報で報告しています。南沙諸島問題はアメリカにインドネシアの基地を認めて合意するはずであると言い切っている。米露分断を狙っているものと思う。これで、米露が同盟したら、本当に戦争になるかもしれない。中国の終わりの日であるが。

最近の私のもやもやを言い当てたような報告です。米露首脳会談が重要です。さて。。。


励みになります。こちらへもよろしくお願いします。