ドイツはゲームの動きを変えて、ハザールマフィア打倒のための戦いの準備をしている

過去数週間、地政学の車輪は夏の停戦の間、空回りしていた。それは今、終わった。

ドイツ政府はハザールマフィアと決定的変化を示し、その市民に独立戦争の準備として10日間分の緊急食料確保を命じたと、CIAとMI6は共に言う。さらに、ドイツ政府はこの戦争の準備として60万人の民兵を準備していると、その情報源は言う。この動員の引き金はハザール支配の米国政府がドイツに全体主義ハザール支配の言い分としてその国境で大規模偽旗攻撃を受け入れるよう要請したことである。ドイツはこの要請を拒否する決断をして、その代わりにロシアと同盟して効果的に西側の英国とトルコを参加させ、ハザール支配米政府に対抗する動きを主導したと、その情報源は認める。この情報は統合メディアに見られるドイツ政府の一連の声明で確認することができる。これらには緊急食料確保要請、ドイツ外相のドイツ人はロシアと共同する必要があるという声明と、経済大臣のハザール主導のTTIP貿易協定が溺死したと言う声明を含んでいる。

ドイツの動きはちょうど、西側とその奴隷国家のままの国のハザール支配を永久に終わらせる決定的動きとして期待されることの一斉射撃の開始である。この秋の最終的なハザールマフィアの拠点に対する攻勢がフルギアになるので、多くの国で同様な動きが期待される。雪だるま効果が続くので、フランス、日本、トルコ、サウジアラビアとブラジルを注視してください。

物事が通常ではないことはハザール大統領候補のヒラリークリントンが現実の本当の国民の前に現れることを非常に恐れているおり、彼女の選挙運動を取り繕うために緑の幕を使用し始めたという事実に明確な兆候が見える。それは、白龍会による懸賞金リスト上の人々が、一人ひとり公衆の面前から消えているからである。彼女の大量殺人ブッシュ/クリントン/ロックフェラーマフィアボスが非常に多くの世界中の目覚めた人々によって嫌われているからである。

中国は共和党候補のドナルド・トランプに好意を持っておらず、ヒラリーもあきらめたので、彼らとしては、今はもっと過激なことを考えている。彼らはカナダの首相ジャスティン・トルドーを中国がホスト役の9月4-5日のG20会議の前に中国訪問を招待した。アジア秘密組織の情報源は、中国はトルドーにメキシコ/アメリカ/カナダの北米同盟を主導する気がないかを聞くつもりである。

しかし、トルドーがどこまで現実に気付いているかは明確ではない。カナダの統合メディアは事実のようにあからさまな嘘を言うニューヨークタイムスのような米のかたわれのオウム返しをしている。彼らの世界観では、シリアでサリンガスを使ったのはサウジ・ブッシュ/クリントン同盟ではなく、独裁者アサドである(彼は国際投票監視下で当選したことを決して忘れないように)。彼らの世界観では、ロシアのウラジミール・プーチンはクリミア半島を侵略した悪魔の独裁者である。同じ新聞はヒラリークリントンは分別のある現実的な候補であり、ドナルド・トランプは権力を持たせてはいけない狂って偏狭的であると言う世界観を保持している。

この著者の母親は、カナダの新聞から情報を得て、カナダ放送からのこれらの線に沿った見解を得ており、この線に沿った見解を持っている。例えば、著名なカナダの著者である(あなたの直接的特派員ではない)ロバートフルフォードはこの世界観で行っているカナダの新聞に社説を書いた。
トルドーは依然とかなり洗脳されているので、アジアは彼に差し出すという伝統的な機会を理解している。

いずれにしても、中国は彼等がお世話をするG20会議を最大限利用しようとしている。彼らはG20に入っていない国々を欧州連合のトップ指導者と同様に参加させるために招待したのは、彼等がこの地球の運営方法を大きく変えるために強力に推し進めようとしている兆候である。世界中の中央銀行による米財務省債の協調売却に関する会議が数ヶ月続いている。アジアは米企業政府の破産交渉の後に今までの犯罪者に引き継がせるつもりはないことが今回明らかになった。

結論
連邦準備制度理事会の所有者達は彼らとしては、死のスパイラルに囚われている。彼らは、彼ら自身の企業が発行する株式や社債を購入するために、自身の不換紙幣を印刷している。それは自分の尾を飲み込む蛇である。古いスタイルの年金基金管理者や他の清廉な機関投資家は米金融市場が成り下がった汚水溜めを避けている。

それが先週FRB理事長ジャネット・イエレンが金利引き上げをほのめかした本当の理由である。彼等が金利を引き上げようとすればするほど、それは彼等の期待とは反対に強くはなく、絶望的な兆候と見られている。日本の国民年金を100億ドル以上略奪したところで、これらの犯罪者が彼らの帝国の支払い能力の助けには不十分である。

状況は、ジェイコブロスチャイルドが彼のファミリが創設に尽力した中央銀行制度はシステム崩壊に向かっていると警告するまでになっている。

戦争煽動ネオコンのシンクタンクのランド研究所はすぐにでも中国と戦争を宣言しなければならないという状況に達している。しかし、彼らはそう呼びかけるには10年遅すぎる。
その時、国防総省は中国との戦争を含むシミュレーションの後にシミュレーションを実施した。敗者は核戦争は始め、結果は世界の人口の90%が死に、地球の北半球は人が住めなくなる。それがアジア人が軍産複合体を相互確証破壊を選択を誘発させる傲慢に対して何もするつもりはない。

その代わり、軍産複合体の賢明な人々は、我々がハザール暴徒支配を中国全体主義で置き変えたいとは思っていないという説得力ある議論で状況に対処しようとしている。日本人、韓国人、インドネシア人、ベトナム人、インド人他は中国がそうであるようにこの議論を理解している。

中東では、国防総省はユーフラテス川の東をロシアが取得し、西側をアメリカが取得するというロシアとの協定を維持している。トルコもまたこの線に沿って進めようとしている。

今その地域で行われている戦闘はクリントン/ブッシュ/ロックフェラーマフィアによってまだ支配されている石油会社のために働く傭兵軍に対してのものである。

イスラエル人もまたこれを考え出し、ロシアを彼等が隣人と平和を見つけ出す援助の為に招待した。

このことは、彼らはエルサレムから世界を支配するという救世主の妄想を放棄して、パレスティナ他との公平な協定を受け入れざるを得なくなるだろう。彼らはもはや彼らの為に戦闘へ操作する超権力をっ持っておらず、従って学ばなければならない。


-----------------------------------------
そろそろ秋です。世の中いろいろなことが引き続いて降りますが、もう終わりにしていただきたい。期待しております。


励みになります。こちらへもよろしくお願いします。