ロスチャイルドのゲーム計画は第一次世界大戦の結果を裏返すことである

ロスチャイルドの最終的なゲーム計画はドイツ、オーストリア・ハンガリーとロシアの君主を復活させて、第一次世界大戦の結果を裏返すことであったと、ドイツと米国の情報源は認める。欧州で目下展開されている計画はイスラムの敵に対する内戦を呼びかけている。いわゆるイスラムテロリストはいわゆる炭素起因の地球温暖化との戦いに費やされることになっている金で賄われていると、情報源は付け加えた。これが、我々が、いつも攻撃の中で死んでゆく孤独な狼を巻き込むように見えるイスラム・テロ攻撃を毎日見ている理由です。そのように、事実が一般の心に侵入するかもしれない汚い裁判を持つ必要はない。

いずれにしても、情報源は、益々増加する深刻なテロ攻撃の夏がすぎれば、欧州の銀行のATMはおそらく8月か9月には閉鎖されると言っている。それは王室ファミリが救世主として登場し、彼らの君主制と引き換えに膨大な不換紙幣と安全を提供する時である。

復活した欧州王族は、彼の下に指名された4人の王を持つドイツのカイザー(シーザー)によって率いられると、彼らは言っている。カイザーの候補はおそらくハプスブルクまたはホーエンツォレルン王家のいずれかから来ると、彼らは述べた。それはカール・ハプスブルグ家またはホーエンツォレルンゲオルク・フリードリヒ王子を意味する。彼らが言及する他の候補はフェルディナンドズヴォニミールハプスブルク・ロートリンゲンです。

ロシアの皇帝はケントのマイケル王子が最も可能性が高い。

https://en.wikipedia.org/wiki/Prince_Michael_of_Kent

何故なら、彼は全欧州王室のほとんどのロマノフの血を持っているいるので。
これは、ロシア情報源が私に長い間言ってきたこととウラジミールプーチンがロシアの王室に忠実なKGB内の派閥によって権力の座に付いたことと符号する。

成功すると、この動きがオスマントルコ帝国を復元するためにトルコのリジョップ・エツドアンによる圧力と組み合わさって、ドイツ、オーストリアーハンガリとトルコ帝国を復元し、基本的に第一次世界大戦前の状況に戻った欧州と中近東をもたらす。

つまり、第一次世界大戦の英米の勝利を覆す100年計画が今、仮面を外された。

この意味でBrexitは英国王室が復元された欧州の君主制の規則に該当する必要のないことを意味している。

今後の成り行きの質問は、欧州の人々はテロを受け、財政的に脅迫を受けて、これらの血統を正式な権力として復活させることに積極的に同意するでしょうか?我々はこの夏と秋にこのことを見つけることになるだろう。その一方で、ますます身の毛のよだつ偽旗攻撃と十分に財政的に潤った暴力デモのようなグラディオ熱狂が予想される。ドイツ首相アンゲラ・メルケルとフランス大統領フランシス・オランドが今年後半に権力を失うことは間違いないだろう。

一方、深刻な権力闘争が米国で頂点に達する。CIA情報源は、中国が大量の金塊(数千トン)へのアクセスの秘密の暗号を与えたと言っている。ドルが自爆しないように米財務省に貸し付けられる。しかし、謳い文句は「DCの男はケリーを起訴すべき」である。

民主党大統領候補大会が今週、ヒラリークリントンの為に民主党高官たちが不正に操作していたことに関する大きなロシアの電子メールリークと共に始まったが、ワシントンDCで深刻な権力闘争が進行中であることは疑いの余地がない。電子メールリークで名指しされた民主党国民大会の議長のデビー・ワッサーマン・シュルツは大会後辞任すると発表した。CIA情報源は、彼女がクリントンのために選挙を盗んだことを証言させないために、すぐに殺される危険性があると言っている。

国防総省とその機関はすでに民主党と共和党にグラススティガル法を復活させることを約束させている。これはハザールマフィアのブッシュ/クリントン派が米金融システムを押し曲げた歪曲したカジノの強制終了を意味している。

P2フリーメーソン・ロッジはまたヒラリーに、彼女の副大統領候補としてユダヤ人のティム・カインを強制したと、CIA情報源は言う。トランプもまたユダヤ人とP2に支持されており、このことは彼らは米国内で二股をかけて身を隠している。だから、ソビエトの冷戦時代によく言っていた、アメリカ人はペプシコーラかコカコーラを選ぶことが出来るが、投票用紙には特定のワイン、お茶、コーヒー等はないことを確認できる。

米国のシステムがどんなに破壊され退廃しているかの明白な兆候はがデュポンのような悪魔化学会社のサクラとして動いている国務長官ジョン・スカル&ボーンズ・ケリーに見られる。ケリーは昨夜ウィーンにいて、エアコンがテロのように生命に大きな脅威であったと言っている。起こっていることは、デュポンとその犯罪パートナーが、彼らの特許が終了した時に禁止されたフッ素ガスを取得した。彼らのBSフッ素は、その当時すべての人々がだまされたオゾンホールの物語を造った。今、フロンの代替となる彼らの特許もまた期限切れであり、彼らの馬鹿な奴隷ケリーはCFCを禁止することが「文字通り、惑星自体での生活を救う」と主張するために、世界高官の前で練り歩かされています。

http://www.foxnews.com/politics/2016/07/23/kerry-air-conditioners-as-big-threat-as-isis.html

彼が実質していることは、特許の冷媒を世界の空調や冷蔵庫等に売った利益の20億ドル程度で彼れの化学仲間を救うと言うことである。不可避的にエアコンが必要な貧しい国々の人々から金を搾取するために企業の代わりに、かっては世界で最も偉大な国であった外相に公然と嘘を言わせるのは、いかにも退歩した政治制度ではないか?それは非常に破壊されたシステムであり、打倒しなければならない。

そのことについて言えば、白龍会によってはザールマフィアの最高幹部たちの多くに1tの金塊の報奨金への反応がありました。米特殊部隊の指令官が白龍会に接触してきて、リストに載っている人が提出できる書面の報奨金通知を要求した。彼等がこれが欲しいのは、ある者はリスト上の人を守ろうとし、あるものはそれを逮捕しようとする特殊部隊同士が戦う「牧羊犬に対する牧羊犬」状態を始めたい訳ではない。これらの文書は準備されれば、特殊部隊は抗ハザールマフィア任務の実行について調和して遂行できる。報奨金は白龍会と連合した惑星解放軍の一般指令によって発行される。

白龍会は、もしロスチャイルドに与えられたハワイ時間7月25日の深夜の期限になんらかの行動が取られないと、面子を失うことになることは分かっている。ロスチャイルドは今スイスに隠れているので行動が取られる前に遅れはあるかもしれないが、行動は実行される。

白龍会との会談に基本的に合意したネイサン・ロスチャイルドは、契約の閉塞は彼の父と叔父にあり、彼ではないことを明らかにするために、彼の結婚式に父を招待しないと公表している。

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3693672/Snub-80-year-old-Lord-Rothschild-ahead-son-s-wedding-family-torn-apart-feud-GIRL-TOWN.html

この理由で、ネイサンに対する1tの報奨金は中断されている。またアジアの秘密結社は、頣和園のようなかけがえのない文化遺産の破壊を被っても数名の老人を得る為に、貴重な美術品、人類全ての遺産を破壊する気はない。そのことはスイス・ツーグの複合体はミサイルで攻撃を受けることはないことを意味している。その代わりに、精密な手術が期待されると彼らは言う。

ロスチャイルドは最近の南シナ海の中国に対する判決は米軍とその同盟者を中国との戦争に操作する為に使えると考えているかもしれない。確かに国防総省情報源は、裁判所の判決が為されたことは彼らの側に正義があると感じている。従って、米国がその判決を執行するために南シナ海へ多国籍海軍の機動部隊を送ると脅しているので、これから先にいくつかの重大な瀬戸際政策に必ずなると、国防総省情報源は言う。

一方中国は法廷は政治的茶番であり、5人のメンバーにはアジア人はおらず、アジアの歴史と文化について多くを知らないと主張している。

http://news.xinhuanet.com/english/2016-07/25/c_135536663.htm

それにもかかわらず、中国はシンガポールに南シナ海問題でASEANと仲裁させるよう合意した。シンガポールは地域のCIAとMI6の本部であるので、中国が妥協を探しているのは明らかだ。

もちろん南シナ海の全てのことは、ロックフェラーとロスチャイルドの米国株式会社と国連株式会社の目下の破産交渉おいて、ロスチャイルドが米軍を力のカードとして使う口実に過ぎない。合衆共和国は破産しておらず、自身をワシントンDCに拠点を置く会社の所有者によってこの方法で操作されるべきではない。

一方中東では、トルコの失敗したクーデター企みの影響は多くの方法で引き続き感じられる。国防総省情報源は、トルコ大統領のリジョップ・エルドアンは90の米の核と1500人の米空軍をイリシルク基地に人質同等にしているので自らの死刑執行命令にサインしてしまったかもしれないと言っている。国防総省情報源はまた、トルコは東側に変わったかもしれないが、誰も彼を信用していないのでロシア、イラン、イラクとシリアの監視の下にあると言っている。

しかし、国防総省情報源はブッシュ徒党はイルシルクへとイルシルクからのCIA麻薬便を失ってでよろめいていると言っている。

中東で起こっている他のことはロシアがイスラエルの軍事展開の情報を組織的に収集するためにドローンを送ったと言うことです。さらに、ドローンはイスラエルのミサイルを3機無効に出来たので、彼らは完全に空の優位性を持ち、イスラエル防衛軍は座っている鴨である。イスラエルは今、復元するイスラム帝国内のユダヤ人自立領域になるもとの思われる。偽の過激イスラムISISブギーマンによって適度なイスラムを中傷する彼らの企みは失敗した。

-----------------------------------------------------------
話があちこちに展開されて、付いて行くことが出来ない。
王政復古になると言っているのか?
よくわかりません。
よくお読みください。
夏がすぎればと去年も言っていた様な、、

まだまだ、決まっていないと言うことですね。
ロスチャイルドの回答機嫌は過ぎているようです。


励みになります。こちらへもよろしくお願いします。




世界を操る支配者の正体/講談社

¥1,512
Amazon.co.jp