クリントンは金融システムを破壊した。
http://www.paulcraigroberts.org/2015/05/22/clinton-bankers-guest-column-nomi-prins-2/

ノミ・プリントはどうやってウォール街と大銀行が金を使ってクリントン家を誘惑し、クリントン家を使って大銀行が最大の利益になるよう米金融システムを作り直したかを指摘した。

貴方の福祉でクリントン家が2回目の幸運を得たとしたら、貴方の運命がどうなるか想像してみてください

クリントン家と彼らの銀行家友達-ノミ・プリンズ

過去、特に政治的な過去は現在の手がかりを与えていない。大統領とウォール街の分野では、今後の米国経済への脅威であり続ける政治-金融の関係と政策の継続的道筋を提供する。

ヒラリー・クリントンが大統領執務室への宣言をビデオ発表した時、彼女はアメリカ人のチャンピオンになりたいと主張した。そのときから彼女は自分自身を大衆主義者として作り直し、彼女の夫の政策のいくつかから距離を置きだした。しかし、ビル・クリントンは友情、団体やエリート銀行派なしでは大統領にはなれなかったので、ヒラリー・クリントンも無理だろう。そのような関係は非常に深く長く続く。

我が国と世界の金融の安定化に現在、6大銀行(JPモルガンチェース、シティグループ、アメリカ銀行、ウェルファーゴ、ゴールドマンサックスとモルガンスタンレー)がもたらす危険を把握するためには、1990年代のクリントン時代から始まるそれらの歴史を理解する必要がある。その時に築かれた同盟関係が(銀行家は本来、超党派なので、民主党にも排他的ではない)これらの会社を現在のような政治的に強力に、そして前例のない資本量でその力を発揮せしめた。一つ安心できること:彼らが彼女の夫を職につけれたように、ヒラリー・クリントン大統領を支持することの批判として、現在と過去のCEOが証明するだろう。

その見返りに、金融とそのロビイストの群れの巨人たちは、その半分以上はまだ政府の以前の地位を保持しており、ワシントンへある条件を要求している。彼らは安全網あるいは救済措置が緊急の時はいつでも利用できること、及び彼らが利益性が高いと判断したどんな行動に対して規制道路が開放されることを知っておく必要がある。

2016年の運動において彼女の大衆主義の意気込みがなんであれ-彼女は一つのことがある-ここ数年、ヒラリークリントンは公にはウォール街或いはウォール街指導者のどの個人も避難していないということに注意してください。暑い選挙戦で、2007-2008年の金融危機におけるウォール街の役割について彼女は腐ったりんご、つまり悪い状況の説明を取り上げるかもしれないが、ご安心ください、彼女は友達を名指ししたりしない。彼女は夫に数十万ドルを支払う人や、話仲間や、彼女と夫が活動してきた長く社交界を共有してきた人々を激しく非難することはない。第一期クリントン大統領時代の歴史を振り返ることは、第二期の形と性格について多くを教える可能性が高い理由である23年前の国家的実現を向かえたクリントンの政治的財政的遺産の一部であることは否定できない。

1992年の選挙とクリントンの台頭

第二期を目指すジョージ・ブッシュ大統領が挑戦をし、アーカンサス州知事ビル・クリントンは彼が1991年10月2日に1992年の民主党の指名を求めると公表した。しかし、来る大統領選は少々遊びになっている規制緩和の統合やホワイトハウスの支持を変えることは判明していなかった。

しかし、クリントンは金が必要であった。彼の故郷の州では完璧な募金調達者である彼は、巧みに支持者を集め、早い段階でウォール街と連携を確立した。彼の重要な支持者の一人は後に、アメリカの銀行を永久に変えることになる。クリントンが言っているように、民主政治を掘り下げようとしていたゴールドマンサックスの重役である、ケン・ブロディから初期の貴重な支持を受けた。ブロディはクリントンを強力なニューヨークの経済界の人間との夕食に連れて行った。そこには、新経済政策について厳しい議論をするボブ・ロビンを含んでおり、クリントンが後に書いているが「私には不変の印象を残した」

ホワイトハウスへの戦いは次の年の秋に高潮に入った。メルリリンチノ会長兼CEOであるウィリアム・シュレーヤはブッシュの選挙運動委員会へ法律限度の1,000ドルの個人献金を行い、ブッシュを支持した。しかし、彼はもっと献金したかった。そこで、文集の献金調達者の一人が彼に共和党全国委員会の非連邦あるいは連邦選挙資金への献金を勧誘して、シュレーヤ-は100,000ドルの献金をした。

銀行家の連携は、彼らが自分たちの権力に最適な人間を認めたので、最初は候補者の中で分れていたが、その寄付金は豊富であったので、住宅ローンとブローカ-会社は120万ドルを献金し、46%を共和党へ、54%を民主党へ献金した。商業銀行は1480万ドルを1992年の選挙運動に、50;50で献金した。

全てに良い民主党のようにクリントンは銀行家に対して公けに運動をした。過去10年間、ウォール街を消費して、貯蓄とローンを損なわせた恩恵は終わりにする時が来たと、彼は言った。しかし、同時に彼は金融部門から金を取っていることに良心の呵責はなかった。彼の選挙運動の早い時期に、ビジネスウィークは彼はケン・ブロディの配慮のもとで、ニューヨークからの献金850万ドルのうち2百万ドルを受け取ったと推定した。

もし各州に働くケン・ブレディがいたら、私は何もしないメイタグ男になるだろうと、クリントン全国献金委員会を運営して、その後オバマのチーフスタッフになったローム・エマニュエル言った。富裕の献金者と将来の募金活動者は一流の個人投資会社ブラックストーンの豪華なマンハッタンの事務所でクリントンとの選ばれた一連の会合に招待された。

ロバーツ・ルービンがワシントンに来る

クリントンは銀行家を雇うことはワシントンで彼が物事をなす助けになることを知った、そして彼が望むことはとにかく欲望とうまく符号した。彼の政策を促進し、ウォール街と繋がりを維持する為に、彼は彼の運動に尽力してきたロバートルービンを経済顧問として選択した。

1980年に、ルービンは仲間の民主党ジョン・コルジンとともにゴールドマンサックスの経営委員会に就いた。10年後、ルービンとステファン・フリードマンはゴールドマンサックスの共同会長に指名された。クリントンがホワイトハウスを獲得したときに、ルービンの政治的願望が適切な機会を得た。

1993年1月25日、クリントンは彼を経済政策の大統領補佐官として指名した。その後まもなく、大統領は新設国家経済会議の長と言う、彼の仲間のために特異な役割を作り出した。「私はボブ・ロビンに新しい仕事に就くよう頼んだ」と後にクリントンは書いている「国家経済会議議長としてホワイトハウス内の経済政策を調整し、すべての関係機関に政策の策定と実行をさせる・・・・・彼がゴールドマンサックスの全てのエゴと利益の均衡がとれれば、彼が仕事を成功させる良い機会を得た」(10年後、大統領ジョージ・W・ブッシュはルービンの古い仲間フリードマンを同じ地位につけた)

ゴールドマンに戻ると、債権の共同トップのジョン・コルジンと投資銀行の共同トップのヘンリー・ポールそんは出世街道を登って行った。彼らは、フリードマンが1994年末に引退する時には共同最高経営責任者になっていた。

それらの男たちは完璧な二大二人組であった。コルジンはニューヨーク連銀の国際資本市場諮問委員会に勤める忠実な民主党員であった。財務省の借入諮問委員会で重要な役割をしていたときに、彼は1997年から1999年の間の資本予算についてクリントンのために大統領委員会のの共同議長を務めることになる。ポールそんは共和党とハーバード大学院によく繋がりがあり、ニクソン政権時代に大統領補佐官としてホワイトハウス国内委員会に勤めていた。

1995年5月には、ルービンは堪えかねて収益源の多様化を制限することでグラススティガル法はおそらく安全性と健全性をを妨げることになるかもしれないと議会に警告していた。銀行規制緩和はそれから議会を通じて少しずつ進んでいた。前ブッシュ政権でもあったように、下院と上院の両銀行委員会は、証券の作成と取引のような推測される、おそらく投資銀行活動から預金と貸出し、つまり商業銀行の活動を分離するフランクリン・デラノ・ルーズベルト政権によって成立した1993年法、グラス・シーガル法の改定版をそれそれ承認した。しかし、会議の交渉は離れ落ちて、努力も失速している。

しかし、1996年には、銀行部門のの中心的顧客を代表する他の産業はすでに規制緩和されていた。1996年2月8日、クリントンはクロスオーナーシップに対して国内市場を開放することで多くの独立系弱小放送会社を殺すことになったテレコム法に調印している。結果は銀行によって助言された部門において大合併がとなった。

州境をまたぐエネルギーの輸送化ができる会社の規制緩和が次に来た。そのような規制緩和の前は、州当局は電力供給を共同で行っている発電所と送電線を保有する会社を規制していた。その後、これらは分離され、一律の規制や地域顧客への責任をなしに効果的に取引されるようになった。これが、エネルギ事業を詐欺的取引の前線として使った円論のような会社における取引と同様、カルフォルニアの停電とエネルギ派生品を引き起こした。

合併や株式と負債の債券発行の数は、企業を別れさせていた障壁を削除する全ての規制緩和に背後に膨らんでいた。産業界が連結しているので、かれらはまた複雑な取引や特別の目的車(バランスの取れないバランスシート、彼らの負債の性質を隠し、彼らの利益を税から守る為に銀行界によって調整された海外構造)を成長させていた。銀行家たちは手数料を生成し、関連取引を作り出すために、過熱状態に蹴りいれた。これらの多くは2000年代初期に不祥事や倒産相次ぐ中で爆発し、初期のミレニアム景気後退を引き起こした。

しかし、一方、銀行家たちは相談サービス、投機的企業化と規制緩和追及によって突き進んだ。クリントン大統領とからのチームはすぐに米国のグローバル化と競争力の名の下に壮大なギフトを贈ることになる。ロバート・ルービンはその目標に向かってホワイトハウスを操縦することになる。

1999年2月12日、ロバートルービンは銀行の規制緩和に代って議論する新たな観点を見出した。彼は下院銀行と金融サービス委員会で、米金融サービス会社が海外で直面する問題は競争力の欠如よりもアクセスの一つである強調した。

彼は欧州の銀行が機関投資家やリテール個人基盤への流通チャンネルの支配を増加していることに言及した。米商業銀行とは異なり、他の証券会社や投資銀行と売買や提携いすることに何の制約もなかった。彼は全欧州中のかなりの金融賭博による破壊について持っているようではなかった。国際競争力の議論は彼に、銀行部門が競争力を維持する為に国内で為すべきことについて委員会で焦点を絞らせた。

ルービンは19992月10日に公式に導入されたHR665、1999年に金融サービス近代化法やグラム-リーチ-ビリー法の必要性を強調した。彼は、銀行の証券会社との提携禁止法のグラス-スティーガル法を廃止し、保険引き受けに関する銀行持ち株会社の保険引き受け禁止法を廃止することで我々の金融システムを近代化したと語った

--------------------------------------------------------
以下が、前編の続きです

グラム-リーチ-ブライリー法突撃マーチ

1999年2月24日に、上院銀行委員会の前の複数の証言では、ルービンは、異なるタイプの金融会社が合法的に合併したら、同じ部門はより大きな銀行持ち株会社として同じ機能を実行でき、従っている銀行の関連会社にはほとんど制約を課さないことを押しとおそうとしていた。そのわずかの違いは子会社に、彼らの両親として彼らのもとに同じ資本を持つという誤った前提の下に、すべてのギャンブルの類を置き、すべての不良債権を収納させてしまった。子会社の問題は主人、つまり銀行持ち株会社を汚染も破壊もしないし、致命的なリスクにはなリ得ないという考えは、今日まで続く銀行家と政治家の実現者によって永久化された神話である。

ルービンは複数のサービスラインを横切る大統合には後ろめたさを持っていなかった。彼の本当の問題は、大銀行による子会社の使用について金融近代化法の禁止とともに横たわる彼の銀行家の友達であった。銀行家たちは彼らのリスクや必要に応じて利益を隠すことのできる子会社を帳簿外に置く権利を欲していた

再び、ルービンは彼の主張を証明する為に、外国銀行との競争力を維持するという概念を使うことにした。外国の銀行が米国内の子会社を使って証券を引き受けたり取り引きしたりしており米銀行がいわゆる外縁子会社を通じて海外で証券会社や商業銀行が活動するのを指揮しているので、この専門性は政府には受け入れがたいと彼は言った。ルービンは彼のやり方を貫いた。これらの帳消し、危険な、ほとんど規制されない子会社は2008年の金融危機の最前線になる

1999年3月1日に、上院議員フィルグラムは1999年の金融サービス近代化法の最終案を発表し、3月4日までに委員会審議を予定した。トラベラーズCEOのサンディウエル、アメリカ銀行CEOのヒューマッコルとアメリカンエックスプレスCEOのハーベイゴラブを含むクリントンに近い秀でた金融巨頭一団が、迅速な議会行動を求めた。

典型的な回転ドアマン

その業界の規制緩和法案に対して銀行家向け結論を予想して、株式市場は急上昇し続けた。消費者の信頼を上げることは、市場と世界経済の苦境の他の部分に対する国家の思い入れを反映した。1999年3月29日、ダウジョーンズ工業株平均は初めて10,000ドル超で閉じた。6週間後、金融サービス近代化法案は上院を通貨した。これは、国の最大の銀行を作り出した合併と言う事実の後に、合法化された。シティグループ、シティバンクとトラベラーズの結婚は10月以前に確定していた。

それはグラススティーガル法の主要暗殺者の一人がワシントンを去るまでではなかった。法案が上院を通過した6日後の1999年5月12日、ロバートルービンは突然辞職を発表した。クリントンは書いている「彼はアレクサンダーはミルトン以来のもっとも重要な財務長官であったと思う・・・彼は経済成長を回復し、その利益を多くのアメリカ人へ広める努力において決定的な役割を果たした」

クリントンはルービンを越すためにラリー・サマーを指名した。二週間後に、ビジネスウィークは合併天国における、シティ銀行の前会長ジョン・リードと新シティグループのサンディウェルとの間に成長した亀裂の形で、トラブルの兆候を報道したか?リードが言うように、共同CEOは難しい。おそらく、その亀裂を修復するか、単に政治的機会を活用するために、二人の男は彼らの関係に参加する第三者を募集したのか?それはロバートルービンに他ならない。

ルービンの財務省からの辞任は7月2日に発効した。彼は「このほぼ6年と半年はまったく消耗でした、ニューヨークの家へ帰り、次にすべきことをやるときが来た」と発表した。ルービンはシティ不ループの執行役員会の会長になり、新しくできた会長室のメンバーとなった。彼の最初の年間報酬は約4000万ドルであった。それは彼が財務省ポストへゴールドマンへ去ったときに得た成功よりさらに価値があった。

議会委員会がグラム-リーチ-ブライリ法を承認した三日後、ルービンは彼のシティグループの地位についたと思われる。そして金融業界を支配することを運命付けられた機関に参加した。当にその同じ日に、リードとウェイルは、「我々の金融業会は時代遅れの規制構造から脱却する」とワシントンを賞賛し、「この法律が我々の業界の創造性を発揮し、グローバル競争力を確保する」ことが始まると共同声明を発表した。

11月4日、上院はグラム-リーチ-ブライリー法を90対8(下院は賛成362対7で可決)で可決した。有名な批評家はシティグループ承認法案として言及した。

笑顔がクリントンのホワイトハウスに溢れた。「本日、議会は大恐慌以来、金融サービスを支配してきたルールを更新し、それを21世紀のシステムで置き換えることを可決した」とサマーズは言った。「この歴史的法律はアメリカの会社が新経済の中で競争することをより可能にする」

しかし、この幸せは見当違いでした。銀行業界の規制緩和はウォール街の巨人を助けたが、しかし多くの国民を助けなかった。クリントン時代は見かけと現実、物語と現実の間の大きな違いを印象付けた。その10年も終わりに近づき、クリントンは高尚な株式市場、財政黒字とこの重要銀行近代化法案の通過の輝くに浸っていた。1990年代の多くの企業の利益は過大評価、操作と詐欺に基づいていたことが2000年代に明らかとなる。クリントンが辞職した時、府勇者と貧困者の格差は1992年の時より大きくなっていたが、しかし、民主党は彼をある種の繁栄の英雄として予告していた。

1997年に彼が辞職した時、クリントン政権の労働長官ロバート・ライヒは、「アメリカの繁栄しているが、その繁栄は広く共有化されておらず、かってあったように間違いなく共有化されていない・・・・・我々は経済の成長に進歩した。しかし、共に成長することは今後の中心的目標でなければならない」と語った。米国内で富の不均衡は加速したが、最も資金力を得た人はどんどん罪も規制もなくそれを振るっている。2015年までに、その富や繁栄のギャップは過去最大になっているだろう。

銀行家の力はグラス・スティーガル法の廃止を契機に劇的に増加した。クリントン政権は1929年の大恐慌と同様の21世紀の銀行業務を与えていた。しかし、悪化した。近代化は、政府保証の預金者の資金を増殖がh非常に速くて危険な全ての複雑な証券やデリバティブの発行や流通の担保として使うことを意味していた。

グラススティーガル法を骨抜きにすることで、銀行が欧州に対して競争できるようになり、また彼らに猛威を振るわせることになった。さらに貪欲に、さらに過大評価し、そしてもっと危険な商品に。大銀行は、顧客の預金やローンを国際賭博場の資本チップと見なしながら、更なる複雑な活動に従事する為、彼らの肥大化したバランスシートを使った。銀行家は、政府の支持の下、境界のない投機の効果と相互強化の無限のサイクルを作ることによってロビー活動資金と選挙運動資金を増やすために多額の取引手数料と富を使った。

発展途上国の安い賃金と商品が世界金融階層の上層部の利益のためにさらに高価な商品を策定するために使われたように、預金はより大きな棚ぼたを得るために使うことができた。エネルギと電子通信は投資銀行手数料ビジネスにとって格別に肥沃な土地であることを証明した(以後の不正、大規模訴訟と破産のために)規制緩和は、債務担保証券、不良債権、不良資産と規制のないデリバティブのような複雑な金融商品の車輪に油を差した。

グラススティーガル法の廃止は、自由なデリバティブ成長と、投資銀行との合併をした商業銀行と、単独で残ることを好んだがさらに危ない業務に従事し競争力を維持しようとした投資銀行において不安定なバランスシートに繋がった。緊密な政治と金融の提携に併せて、国際金融資産と増加した開かれた市場の巨大な成長の杭の上の更なる大きな権力だけで、ブッシュで始まった関連協同とクリントン下で増加した1920年代を志向する銀行家。過程では、説明責任が蒸発するだろう。

各銀行はますます入り組んだ有価証券とデリバティブを作り出し、取引し、そして流通させる間に世界的利益を蓄積するために保証金の獲得を加速した。これらを実行することは、2008年の金融メルトダウンの原因となったいる背景や状況を提供した不確実で、相互に関連した不透明に環境を促進したのだろう。

2016年の実態

もちろん、ヒラリークリントンは彼女の夫ではない。しかし、彼の過去の銀行家との連携への彼女の接近は、彼女自身を形成した物によって増幅され、銀行界の敵よりも多くの友を作る。2008年の彼女の短い大統領選立候補において、ニューヨーク拠点の6大銀行の内4つ全てが彼女の献金企業上位10社に入っている。https://www.opensecrets.org/pres08/contrib.php?cycle=2008&cid=N00000019
彼らはまたクリントン財団へも献金している。彼女は勝つためには、バラク・オバマとビル・クリントンがそうであったように、彼らが必要である。

選挙運動のためにどんな解釈が使われようとも、ホワイトハウスとウォール街の間に維持される限界距離は、二つの間に流れる金と恩恵の複数のチャンネルが容易に備わる。それは、ヒラリークリントンがニューヨークの上院議員の間の1990年代初期に主要銀行指導者と彼女の連携を通じて確立された関係の歴史から、そして国務長官の時のクリントン財団への彼らの献金から判断して、非常に起こり得ることである。同じレベルで、状況は複雑ではないことはなかった。彼女の行く手は国も最も権力のある銀行家のそれと整合する。もし彼女が大統領になったら、そうなるだろう


---------------------------------------------------
遠大な計画の元、全てが仕組まれアメリカ国民が犠牲になった。彼らはアメリカと言う国を滅ぼすために仕掛けをしてきた。そして、彼らの言うユートピアをそこの国に作ろうとしていた。
とんでもない連中である。その手先の一人がクリントン夫妻である。ヒラリークリントンの大統領は阻止しなければならない。


励みになります。こちらへもよろしくお願いします。