プロフィール

テーマ:

こんにちは

 

さくまあいこです。

 

 

 

私の事を話したいと思います。

 

 

 

「不倫」なんて遠い世界の事だと思ってました。

 

 

芸能ニュースのネタくらいにしか思ってませんでした。

 

 

まさか、私が不倫されるなんて。

 

 

 

 

発覚の瞬間の衝撃は今でも忘れません。

 

 

 

2012年2月夫の不倫が発覚しました。

 

 

結婚13年目でした。

 

 

 

私たち夫婦は夫からの熱烈アプローチから始まり結婚しました。

 

だから、私が夫を嫌いになる事はあっても

夫が私を嫌いになる事はないと思い込んでいました。

 

 

実際子供が2人生まれて子育てしていく中で

私は夫の嫌なところばかりが目につき、ずっと我慢しながら結婚生活を続けていました。

 

 

人生はこんなものなのだろうと諦めていました。

 

 

 

そんな13年目のある日、

夫の携帯を貸してもらった時に見えたメールの文字

 

「早く会いたい」

 

その頃冷え切っていた私たち。

夫が私にこんな言葉を送ってくることはありません。

 

私にではない。

 

じゃあ誰に?

 

手が震えました。

 

あり得ない。

 


きっと仕事先の人に事情があって送った文章の一部なのだろう

 


疑いを頭の中で打ち消し携帯を夫に返しました。

 

 

それから数日後やはり気になり

夜寝ている夫を起こし

今すぐスマホを見せてと言って開くと


「おやすみなさい」


と寝る寸前に女性にメールを送っていました。

 

私が寝ているすぐ横で。

 


夫は知り合いの女性とふざけているだけだと説明しました。

 

女性とイチャイチャメールをしてふざけていたなんて。


この人がこんなことをしてたなんて。


とてもショックだった。

どうしてこんなことするようになったのか。

それからは2人でたくさん自分の気持ちを話しました。

 

 

夫は

 あいこに嫌われているからいつか離婚されると思っていたこと。

 

なぜいつもあいこが機嫌が悪いかわからなくて家にいて辛かったこと。

 


私は

あなたが子供にイライラする癖が嫌いだったこと。

それを私は我慢していた。

でも怒りがわいて態度に出ていたこと。

 

こんな風に前から気持ちを話せば良かったんだねと2人で言いました。

 

夫婦で気持ちを伝え合ったのは子供ができてから初めて。


話せてすごく嬉しかった。

これからはこうやって話し合おう。

夫は私に言いました。

 

夫が誤解を与える事をしてくれたおかげで雨降って地固まったと思いました。

 

 


しかし夫とその女性はそんなメールだけの関係ではなかったのです。

 

 

つづく