終わりは迫ってませんよー 地震の回数は増えてない?? | 自分で考えて行動したいエホバの証人2世のブログ
2011-06-01 09:48:44

終わりは迫ってませんよー 地震の回数は増えてない??

テーマ:ブログ
さて、エホバの証人が大大大好きな、終わりの日のしるし。


それには「地震が増える」って事も含まれてますよね。


実際、『聖書から論じる』という本にはこんな風にかかれています。



「1914年以後の大地震の発生回数は、実際に重大な意味を帯びるほどのものだっ たでしょうか。1984年に、コロラド州ボールダーの全米地球物理学データ・センターから得たデータと幾つかの標準的な参考文献を補足資料として用いた表が作成さ れました。その表にはマグニチュード7.5かそれ以上を記録した地震、または50 0万(米)ドル以上の金額に相当する財産を破壊したり、100人以上の死者を出し たりした地震だけが載せられています。1914年以前の2、000年間にそのよう な地震の発生は856回と計算されています。ところが、1914年以後のわずか6 9年間に、そのような地震が605回あったことを同じ表は示しています。これは、 1914年以前の2、000年間と比べて、それ以降の年間平均地震発生率が20倍 も増加したことを意味しています。」


本当なんですかね。

20倍増加ってどうなんでしょう?

それだけ増えれば、もっと新聞とかで騒がれてもいいような気がしますが。



色々ネットで調べてみると、どうやらこれには情報操作がおこなれている様子。


実際に調べてみましょう。


この米地球物理学データ・センターはデータをインターネット上で公表しています。


この本が書かれた当初はこのデータにアクセスすることは難しかったかもしれませんが、いまなら簡単です。

http://earthquake.usgs.gov/
※実際にデータを取得できるので皆さんもやってみてください。データの場所はこの記事の最後で解説します。


ここから死者1000人以上の地震発生回数というデータを取得できます。

論じるの本だと100人以上の死者って話ですが、大きな規模の地震で比較しても似たような傾向はでるでしょう。


なんたって20倍ですから。


ということで、時系列順に並べて、エクセルで表を作ってみました。


すると、、、、。


$自分で考えて行動したいエホバの証人二世のブログ-死者1000人以上の地震発生回数


あれれ、1914年から右肩上がり??と思いましたが、なんだか株価の変動のように、ばらばらです。


今度は1年あたりの平均発生回数で比較してみましょう。



1年あたりの死者1000人以上地震 平均発生回数

  1900-1913   約1年に1.00回

  1914-2011   約1年に1.16回

わずかに上昇していますが、20倍???ですか??




この表を見る限り、1914年という年を境にして対して地震は増えてないことがわかりますね。


じゃあ、論じるの本のデータは間違っているの?ってことですが、地震の抽出条件をよくみると


マグニチュード >= 7.5

or

被害金額 >= 500万USドル

or

死者 >= 100人


です。

あれ、2番目の抽出条件がおかしくないすか?

2000年前の貨幣価値と現在の貨幣価値は違うんだろうから、そのまま比較したら過去の地震はほとんど抽出されないようになっちゃうはずです。


からくりがわかってきました。



論じるの本のやり方だと、過去の地震の数が過剰に少なくカウントされている。



ということですね。


きっと頭のいい兄弟が、

「あれ、地震の規模とか、死者数だと、たいして変化がないっすよ?」

「被害規模金額もいれちゃえー。これだと過去の地震は抽出されないからいい感じ」

という感じだったんでしょうかね。


やめてほしいですねぇ、こういうあからさまな情報操作は。



ちなみにもっと詳細は、解説は。


http://www.jca.apc.org/~resqjw/dai13go/bunseki.htm

とか

http://thinkjw.web.fc2.com/koen.htm

に詳しいです。





※おまけ
http://earthquake.usgs.gov/ からのデータ取得方法

1.左上のEarth Quakeをクリック

2.右側のPastのブロックの中にある Earthquake lists & maps をクリック

ここから色々なデータを取得できます。

今回の記事で使ったのは

World
 1,000+ Deaths since 1900

というデータですね。

こじーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス