米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する日米の外務・防衛当局の審議官級の実務者協議が4日、防衛省内で行われた。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を移設先とする現行計画の修正などを軸とする日本政府の案が実現可能かどうか、部隊運用や土木技術などの観点から検討したもようだ。
 協議は、日本側から冨田浩司外務省北米局参事官、黒江哲郎防衛省防衛政策局次長、米側からドノバン米国務筆頭副次官補、シファー米国防次官補代理らが出席。午前中に始まり、午後も断続的に開かれた。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~普天間配備の軍用機は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~

鳩山首相「沖縄の中に一部移設せざるを得ない」 記者団に明言(産経新聞)
医師装った疑い 44歳の無職逮捕 岩手、着任直前 (産経新聞)
<掘り出しニュース>みうらじゅん、町田署の「ゆるキャラ」デザイン その名も「マチるダ」(毎日新聞)
ひこにゃん“年収”2400万円(産経新聞)
野口さんが宇宙授業=子供ら6人に-筑波センター(時事通信)
AD