「このチャンスを逃したらトイレで死んでしまう」。狭い空間で耐えていた次男は、窓の外に見えた男性に救いを求め、「近くの飲食店で兄が働いているので呼んでもらえませんか」と訴えた。中島まゆみ容疑者と川崎輝久容疑者は外出中。しばらくすると、トイレのドアを固定していた板のねじをはずす音が聞こえた。「助かった」と感じたという。

 次男が通っていた区立中学校によると、次男は昨年9月以降、長男に連れられて出席した卒業式など3日間しか登校していない。

 学校側は数回にわたって中島容疑者や川崎容疑者と面談したが、「本人は登校したくないと言っている」との説明を受け、「虐待には気づかなかった」という。校長は「かわいそうなことをした」と話した。区の子育て支援課も昨年11月に中学から相談を受けたが、「虐待を疑うものではない」と判断していた。

【関連記事】
次男を11日間トイレ監禁、食事は食パンと角砂糖 母と交際相手を逮捕 
加熱ライターでも次女を虐待 傷害容疑で母再逮捕
「かわいくない」と長女に熱湯 虐待で母親起訴
乳児に「頭突き」で死亡させた男、「いらいらして八つ当たりした」と供述
母親の約8割「子供に八つ当たりした経験」
「はやぶさ」帰還へ

ニキビがかわいいのは何歳くらいまでですか?(Business Media 誠)
署名拒否「筋通っている」=小沢氏が福島氏に(時事通信)
就職安定融資をだまし取る 詐欺容疑で建設会社社長ら12人逮捕 大阪府警(産経新聞)
<赤ちゃんポスト>15人のうち1人は親元に 熊本09年度(毎日新聞)
社民党 鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定(毎日新聞)