夏を健康に過ごすために | JHSTA一般社団法人日本ホットストーンセラピー協会

JHSTA一般社団法人日本ホットストーンセラピー協会

ホットストーンセラピスト、認定講師インストラクター育成を普及しているJHSTA日本ホットストーンセラピー協会☆
協会事務局、認定校からお知らせなどをブログにてアップしています☆








こんばんは



今日は夏に因んだお話です








毎年夏になると、暑い日が続きますよね。この暑さのせいでだるさだけではなく、食欲がない、眠れない、疲れが取れないなどの症状を感じていませんか?

その症状、夏バテかもしれません。夏だから仕方ないとあきらめず、原因を知ることでできる対策があります。




「夏バテ」とは、どういう状態を指すの?


日本の場合、夏特有の環境、つまり「高温多湿」の環境が原因で、体の働きが正常に機能しなくなって起こる体調不良のことを、総じて「夏バテ」と呼びます。 では、夏バテにどうしてなってしまうのでしょうか? 私たちは暑さを感じると体温が上昇しますが、汗をかくことで体温を下げるよう、体温を調節しています。しかし、大量の汗をかく夏は水分だけでなく、ナトリウムやミネラルなど、体にとって必要な栄養素も、多く排出してしまいます。 汗をかくのは自律神経の働きによるもので、分かりやすくいえば、汗をかくように働くのが交感神経、汗をかかないように働くのが副交感神経です。また、胃腸の動きを止める方向に働くのが交感神経、胃腸の動きをスムーズに整えるのが副交感神経です。 しかし、真夏の屋外の気温や湿度と、空調のきいた屋内との気温や湿度の差を繰り返し感じることなどによって、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかなくなり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。すると、体温調節が上手くできなくなるだけではなく、胃腸障害や睡眠障害などを起こすことが、夏バテの原因だといわれています。

夏バテは、交感神経が必要以上に優位になった状態といえます。



そんな時にもってこいなのが、





ズバリ!














ホットストーンセラピーです!





ホットストーンは遠赤外線効果で身体の深部を温め、血流を良くすることでリラクゼーションだけでなく体調を整えることも期待できます。夏なのに冷房で体が冷えてる方、意外と沢山おられます。

そして副交感神経を優位に(リラックス)しましょう!
















夏の暑さのせいで体と心がヘトヘトになるのは勿体ない。








夏の暑さの中で頑張っている自分にご褒美だと思って是非試して下さいね。












夏こそ、ホットストーンセラピーで


体も心もメンテナンス。










夏バテを解消しましょう。





そして




せっかくの夏を


沢山楽しみたいですね(^ ^)