口腔ケアの重要性!

テーマ:

歯科医ランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村


上2箇所のバナーをポチッとおしていただけると非常に有難いです。宜しくお願い致します。m(_ _)m

{137B4AE2-DB85-45E5-98E5-1C6BE69D1D84}


◆口の状態が悪いと全身疾患をまねく
 口は私たちの体と、外の世界とをつなぐ通路の一つです。通常、口の中はたくさんの細菌が繁殖しています。

 むし歯や歯周病は細菌による感染症と言われ、感染の元が『歯垢』です。歯垢はさまざまな細菌が集まっており、歯の面だけでなく、舌、歯周ポケットなどにも存在し、700種類以上の細菌がいます。私たちが心地良い場所で住みたいと思うように、細菌も住み心地の良い場所で住みたいと思っており、私たちの口の中の温度と湿度は細菌にとって、最高の住環境なのです。数日間磨いていない口の中は食べ物のカスが豊富に残っており、細菌が爆発的に繁殖するので、口臭の原因にもなっています (通常、口の中には500億~5000億の細菌が存在しています) 。 

{FA79DA05-2B53-4FF7-8791-69BB6367F1E8}

 ここで、登場する歯垢は、一つ一つがバラバラに存在するのではなく、自らが繁殖しやすく、また、外敵から身を守るように独自の集落を作り『細菌の集合体(バイオフィルム)』として、存在するのです。歯を磨かないと、口の中がネバネバしたり、歯の面がヌメヌメするのはこの細菌の集合体が存在するからです。この厄介な悪者、細菌の集合体は細菌同士の結束が強く、うがい薬などの抗菌性薬剤が簡単に浸透しないと言われております。歯ブラシでも取れないので、定期的な専門治療(除去療法)が必要です。つまり『歯を磨かずに、うがいだけでもいいですか?』と患者さんから質問を頂きますが、歯を磨かずうがいだけで、この厄介者の細菌の集合体を除去することは不可能です。そして、細菌の集合体は食事をする度に付き増殖するので、毎日の歯磨きが欠かせないのです。
 最近、口の中の細菌がさまざまな体の病気に関連性のあることがわかってきています。メタボリックシンドローム(糖尿病・肥満・高血圧・高脂血症)や、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、妊娠トラブル、肩こり、関節リュウマチなどに歯周病が関連すると言われています。

{51508392-8E4C-438B-9332-18CDDD79D6DC}

 テレビ番組でも取り上げられ、口の中に関心が薄かった方々も、心配になり急きょ歯科医院を訪ねられる方もあり、世間でも口と体の健康の関わりを知る方が増えてきていると思います。
「内臓の病気に歯が関係している!まさかそんなことあるわけないよ」と思われている方、本当の話なんです。

ブログランキングに参加しています。
下のバナー2箇所をクリックして応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村
AD

リブログ(2)

リブログ一覧を見る