民主党の蓮舫参院議員は14日午後、都内の日本外国特派員協会で講演し、23日からの独立行政法人や公益法人を対象にした「事業仕分け第2弾」について、「今回は(予算を)切る、(事業を)廃止するだけではない。どうしたら制度としてもっと使いやすい国の組織が成り立つのか。(組織の)再構築が次の目標だ」と述べ、仕分けを制度改革につなげる考えを強調した。
 蓮舫氏は事業仕分けの「仕分け人」の一人。仕分けによる内閣や民主党の支持率への影響について質問を受けると、「民主党への期待が高まるかどうかは(仕分けの)後から付いてくること」と答えるにとどめた。 

【関連ニュース】
政府・民主党、支持率続落に広がる危機感=首相「踏ん張りどころ」
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転
民主新人が仕分け報告=枝野氏「期待以上」
大学入試センター、民営化を検討=研究開発独法は整理統合
「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相

豊田章男・トヨタ自動車社長 人がいいのはいいけれど… (産経新聞)
首相「一つの民意」=徳之島の反対集会-普天間移設(時事通信)
元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警(産経新聞)
19日の欧州便も欠航=アイスランド火山噴火-日航、全日空(時事通信)